皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ13話最新話と感想!忠誠儀式を行う

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」13話のネタバレと感想をまとめてみました!

点検を行うのかと期待するミカエル。

イヴはそんなことは頭になく、あっさりと一日目を終えます。

皇女、反逆者に刻印する13話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ13話最新話と感想!忠誠儀式を行う

点検はしません

点検をするかもしれないと覚悟を決めるミカエルですが、イヴは笑顔でまた明日と言います。

期待外れのような表情を浮かべるミカエルを見て、イヴは首をかしげました。

ひとり想像していたミカエルの顔は真っ赤です。

 

部屋を出ると、セデラーから声をかけられます。

セデラーは唐突に、イヴは自分でお茶を淹れることは滅多にないと話し始めました。

セデラーが知っているのもたった三度だけで、錬金術の先生、魔塔の主人、今は亡き第四皇妃の、イヴが尊敬する三人に対してだけだと言います。

 

そして今日、そこにミカエルが四人目として加わりました。

そのことをただ伝えたかっただけだと言い微笑んだセデラーに、ミカエルは覚えておくと返します。

認めてもらいに

イヴとミカエルは、忠誠儀式のために皇帝の元へ訪れました。

ミカエルを前にした皇帝は、自分の洗礼を拒んだのは確かにこのバケモノだったと不愉快そうです。

 

イヴは皇帝に怒りを鎮めてほしいとお願いします。

拒んだのはやはり彼の意思ではなく、マナ回路の不具合だったと説明し、自分はその個所に刺激を与えただけで、運が良かったと言いました。

 

皇帝になぜ謙遜するのかと聞かれ、イヴは畏敬の念を抱く父を前にして自慢げに話すことなどできないと答えます。

その口の上手さに気を良くした皇帝は、よく刻印できたと褒めてくれました。

屈辱

皇帝はミカエルに自分の前で跪くよう命じます。

心配そうなイヴの表情を見たミカエルは、任せておくよう囁き、言われたとおりに跪きました。

 

皇帝はミカエルの顔面を片手で掴み、忠誠儀式の言葉を唱え始めます。

皇室錬金術の被造物として、命ある限り皇族に服従することを約束させる内容の術です。

言葉が終わり、仰せのままにと答えたミカエルを見て、皇帝は馬鹿にしたように笑いました。

 

儀式はそれで終わらず、皇帝は自分の足に口づけをするよう命じます。

そこまでさせられると思っていなかったミカエルは、その屈辱的な命令に動揺を隠せません。

皇女、反逆者に刻印する13話感想

点検は行われず、どこか期待はずれに感じるミカエル。

ふたりは皇帝である父に認めてもらうため、忠誠儀式を受けに行きます!

 

ミカエルはとても残念そうでしたね!

皇族と奴隷なら、禁じられている方が自然だと思いますが、ホムンクルスはそんなに上手なのでしょうか。

皇女であるイヴがそんな簡単に体を許すわけもなく、また専属騎士だからと言って相手の同意なしにするわけもありません。

 

身体は許されていませんが、セデラーのおかげでミカエルは自分が特別に扱われていることを感じたと思います。

確かに父にも自分では淹れていなかったので、相当にレアなものなのでしょう。

前世のミカエルがこれを知ったらきっと喜ぶだろうなと思いました!

 

そのあと忠誠儀式にて、ミカエルは屈辱的な目にあわされます。

ホムンクルスが皇族にどれだけひどく扱われてきたのかがわかり、反逆にも改めて納得しました。

今は笑っている父ですが、いずれその男に首を奪われる可能性があることを教えてあげたいです!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ13話最新話と感想!忠誠儀式を行うまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」13話のネタバレと感想を紹介しました!

忠誠儀式を受けるミカエル。

父の術は効いていなさそうですが、本当に靴を舐めるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!