皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ15話最新話と感想!捨てられる覚悟

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」15話のネタバレと感想をまとめてみました!

後継者になる準備を進めるイヴ。

やることは山ほどあります!

皇女、反逆者に刻印する15話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ15話最新話と感想!捨てられる覚悟

後継者争いに備えて

皇帝が約束してくれたとおり、イヴのところには新しい使用人が送られてきていました。

リアン、フィオニー、ヒューの3人はブリジッテに仕えていたため、セデラーも認めるほどの優秀者です。

仕事に余裕が出来たセデラーには、新しく外の仕事を任せることにしました。

 

まずはミカエルの剣を作るために鍛冶工房地区へ行くことをお願いします。

また今後の安定した生活の資金作りのため、錬金術工房の買収と、タウンハウスの調査をお願いしました。

不動産価格の値上がりを見越した投資だと説明し、セデラーが気に入る物件を見つけて来て欲しいとお願いすると、セデラーは快く引き受けてくれます。

 

早速仕事に出かけたセデラーを見送り、イヴは今後すべきことについて考えます。

資金調達はセデラーの仕事次第ですが、ブリジッテを超える後継者になるには、有力な後ろ盾がいなくてはなりません。

ロジーの誕生日を絶好の機会と捉え、近づく相手をリストアップします。

 

仕事をしながら、ミカエルは訓練中かと思いを馳せます。

ロジーの刻印前に二人が出会わないよう、祈るしかありません。

さすがバケモノ

ミカエルはイヴの予想通り訓練を行っていました。

他のホムンクルスたちは、話題のミカエルを遠巻きに見ながら、初めから皇帝に服従しておけばよかったのにと笑います。

 

ミカエルは彼らには何も言わず、練習用のロボットを切り壊しました。

さすがはバケモノだと周りが引く中、声をかけてきたのはミラード卿です。

ミカエルに飲み物を手渡し、ゴーレムという練習用のロボットの修理費は第7皇女が負担することになると忠告してくれました。

刻印の影響

初対面の2人は自己紹介をし、ミカエルもミラード卿が第8皇女の専属騎士に内定した人物だと気が付きます。

ミラード卿はありがたいことだと言いながらも、その表情はどこか不満げです。

 

ミラード卿は聞きたいことがあると言い、刻印の瞬間に自分が変わってしまうことは本当なのかと質問しました。

それに対しミカエルは、今までなんとも思わなかった相手を最優先に考えるようにはなると答えます。

その答えにミラード卿は、むしろ良かったのかもしれないと呟きました。

 

どこか未練があるようなミラード卿の態度に、他に仕えたい皇族がいたのかと驚きます。

そう落ち込まなくても、所詮自分たちは後続にとって替えの利く消耗品だと励ましました。

ミラード卿はその言葉に、ミカエルも第7皇女に捨てられる覚悟をしているのかと聞きます。

皇女、反逆者に刻印する15話感想

イヴは後継者争いに向けて着々と準備を進めていきます!

稽古に打ち込むミカエルは、ミラード卿と対面しました。

 

さすが人生二回目ともあり、イヴはしっかりと後継者争いに必要なものを準備していますね!

まったく興味を持っていなかったとは思えないくらい、用意周到に感じます。

ロジーの誕生日で後ろ盾を確保するのは簡単ではなさそうですが、人格者のイヴならきっと大丈夫でしょう!

 

ミカエルはミラード卿と顔を合わせましたね。

ミカエルの圧倒的な強さもですが、きっとミラード卿の仕えたい相手はイヴだったため、声をかけたのだと思います!

 

彼も洗脳され、よりによってロジーを最優先に考えるようになるのは、とても悲しいですね。

自分たちは消耗品だという言葉は励ましには聞こえず、ホムンクルスたちの異常な世界観を感じました。

ミカエルがイヴの専属騎士になったので、ミラード卿がロジーに捨てられる運命も変わるかもしれません!

ネタバレ15話最新話と感想!捨てられる覚悟まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」15話のネタバレと感想を紹介しました!

自分が捨てられるとは思っていなかったミカエル。

ミラード卿の質問にどう答えるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!