皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ24話最新話と感想!最重要ターゲット

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」24話のネタバレと感想をまとめてみました!

最重要ターゲットと話をするイヴ。

ブリジッテによって追い詰められた彼女に、救いの手を差し伸べます!

皇女、反逆者に刻印する24話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ24話最新話と感想!最重要ターゲット

嵌められたルチアード家

半年前、ルチアード伯爵と小伯爵はブリジッテの応接間にいました。

建設業を営むルチアード家に、ブリジッテは帝国全土に公衆浴場を建設し経営する事業を提案します。

収益率の悪さから及び腰になるふたりですが、民の健康のために必要なことであり、ルチアード家の名誉にもなると言われます。

 

ブリジッテはそれでも承諾する気配がないことを察すると、その気がないのなら替えは山ほどいると言い捨て、話をなかったことにしようとしました。

他の家に話を取られることを恐れた伯爵は、勢いで承諾してしまいます。

 

その後湯の供給に必要な魔晶石の価格が跳ね上がり、入手困難になってしまったことで、経営は赤字が続きます。

このままではルチアード建設が倒産の危機という状況でしたが、提案してきたブリジッテは話を聞いてくれそうにもありません。

救いの手

頭を抱える小伯爵に声をかけたのはミカエルでした。

小伯爵がミカエルに連れられる様子を、遠くからロジーが不思議そうに見つめています。

 

小伯爵と対面したイヴは、経営が苦しい状態にあると聞いたと話を切り出します。

ブリジッテは魔晶石の値上がりを見越しており、初めからルチアード家を倒産させ、チャンスリー商談に安値で買収させるつもりだったのだと伝えました。

チャンスリー商談はブリジッテの資産源であり、魔晶石を買い溜めた結果資金難になっていたのです。

 

倒産する原因を作っていたのがブリジッテだったと気がついた小伯爵は、助けを求めていたことへの後悔から涙を流します。

イヴは彼女の両手を握り、これからは自分が味方になるから支援させて欲しいと言いました。

代わりとなる石鹸事業の提案を受け、小伯爵は目を潤ませイヴに感謝します。

大火災防止

話を終え小伯爵が帰ると、イヴはこれでチャンスリー家が公衆浴場事業に手を出す未来はなくなると考えます。

彼らが手を出さなければ、ブリジッテが彼らのために火災防止規制を緩めることもなく、それによって大火災が起こり300名以上が犠牲になることもありません。

ルチアード小伯爵との関係は、イヴの後ろ盾だけではなく、ブリジッテの悪行に歯止めをかけることにも繋がるのです。

 

一安心したところで、ミカエルが部屋に戻ってこないことに気がつきます。

話は終わったと声をかけても返事がなく、外を確認してもそこに姿はありませんでした。

皇女、反逆者に刻印する24話感想

イヴは最重要ターゲットであるルチアード小伯爵とも関係を作ることに成功しました!

一安心ですが、ミカエルの姿が見当たりません。

 

ルチアード家が追い詰められていたのは、ブリジッテが資金を作るためだったのですね!

性格の悪そうな人だとは思っていましたが、しっかり悪行をしていました。

 

ブリジッテの資金調達を阻み、後ろ盾を作り、未来の大火災も避けられるとなれば、関係を作るしかありません!

無事に説得がうまくいってよかったです。

これでイヴが目をつけていたターゲットはコンプリートしました!

 

ミカエルはどこへ行ったのでしょうか。

ミカエルが小伯爵を連れていく様子をロジーが見ていたので、彼女が怪しいでしょう。

会ってすぐに何度もちょっかいを仕掛けるなんて、油断ならない子です!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ24話最新話と感想!最重要ターゲットまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」24話のネタバレと感想を紹介しました!

無事後ろ盾候補たちとの関係を作ったイヴ。

その間にミカエルはどこへ行ってしまったのか、今後の展開が気になります!

今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!