皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ3話最新話と感想!ミカエルの決断

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」3話のネタバレと感想をまとめてみました!

ロジーにより命を落としたイヴ。

彼女を思うミカエルが、大きな決断を下します!

皇女、反逆者に刻印する3話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ3話最新話と感想!ミカエルの決断

イヴへの想い

ミカエルが過去を振り返ります。

イヴはハーデルラミド一族の第七皇女であり、ホムンクルスの処遇改善を訴える、皇室の厄介者でした。

そんな彼女にホムンクルスたちは敬愛の念を抱いており、ミカエルもその一人だったのです。

 

イヴの専属騎士になりたがるホムンクルスはたくさんいましたが、イヴはそれを受け入れず、ミカエルは日々関心を強めていきます。

イヴが周囲から理不尽な扱いを受けるのを目にしたとき、激しい怒りを感じ、イヴへの想いに気が付きました。

しかしイヴが政略結婚で遠い国に飛ばされてしまうことを耳にします。

 

イヴの傍にもいられないならと、ミカエルは反旗を振り返し、皇室を滅亡させました。

邪魔者はすべていなくなり、ようやく一緒になれると思った矢先、イヴが冷たくなっているのを目にします。

なんとしてでも

ミカエルはイヴを横に寝かせ、賢者の石の部屋で項垂れています。

部下が現れ、もう三日も何も食べていないと心配します。

死者の復活は諦め、国事に専念するべきではと進言する部下ですが、ミカエルには表情もありません。

 

ロゼニットの首を刎ねて賢者の石の力を使い、イヴを復活させるよう命じます。

イヴがいなければ帝国も賢者の石もガラクタだと呟くミカエルの元に、エゾマツ森の賢者が到着しました。

イヴを救えるのかと聞きますが、賢者は死者を復活させても、ただ息をする人形になるだけだと答えます。

 

期待した自分が馬鹿だったと、気のない対応しかしないミカエルに、賢者はタイムリープを提案しました。

賢者の石の半分を使えば、時間を巻き戻すことが可能だと伝えます。

ミカエルの賭け

ミカエルは驚きつつも即答で承諾しました。

儀式の開始直前、タイムリープはイヴを中心に行われるため、過去に戻った後に記憶が残っているのはイヴ1人だと説明されます。

ミカエルは記憶がなくなるため、未来を変えるために動くことはできません。

イヴが自分を選び未来を変えることが出来るかどうかは、イヴただ一人にかかっています。

 

選択が正しいかはわかりませんが、ミカエルはタイムリープに賭けることにしました。

時間が巻き戻る中、自分を選ぶか命を奪うか、どちらかにしてほしいと口づけます。

皇女、反逆者に刻印する3話感想

ミカエルはイヴに想いを寄せていました!

イヴを復活させるため、タイムリープに賭けます。

 

やはりミカエルはイヴが好きでしたね!

ロジーをたぶらかし専属騎士になったのも、イヴが受け付けていなかったため、少しでも近づく手段としてだったのでしょう。

 

三日も食べず、イヴの体から離れないなんて、少し異常ですらあります。

イヴへの気持ちだけでなく、ロジーへの気持ちのなさも強烈に伝わってきました!

 

謎の賢者により、物語の時は戻るようです!

イヴを蘇らせるためならどんな手段も厭わないとは言っていましたが、まさか自分の記憶を手放してまでタイムリープをするとは思いませんでした。

うまく運命を操れなかったミカエルの代わりに、良い方向に変わるといいなと思います!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ3話最新話と感想!ミカエルの決断まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」3話のネタバレと感想を紹介しました!

イヴを救うためタイムリープを行うミカエル。

一体どの時間まで戻るのか、イヴは未来を変えることが出来るのか、今後の展開が気になります!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!