皇女、反逆者に刻印するネタバレ52話最新話と感想!覚醒するのみ

皇女反逆者に刻印する

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

前世は王だったと言われたミカエル。

自分が起こしたタイムリープの存在を知ります!

皇女、反逆者に刻印する52話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧と結末予想ページへ 

皇女、反逆者に刻印するネタバレ52話最新話と感想!覚醒するのみ

愚かな実行者

ミカエルは自分が二度目の人生を生きていることが信じられません。

先生は、ある人が最愛の人を失った悲しみに耐え切れず、タイムリープの儀式を執り行ったからだと説明します。

ミカエルは自分のこととは全く思わず、その人物の愚かさに呆れ、ため息をつきました。

 

ガラムートの思念体が王だと分かった理由は、思念体は精神の核なため、前世の記憶が残っていたからだと予想します。

自分も精神性が高いために記憶が残っていると言う先生に、誰が儀式を行ったのか知っているのかと聞きます。

それを聞いてどうするつもりかと聞き返すと、ミカエルは命を奪うと即答しました。

顔も見れない

翌朝ひとり庭に座り込み考え事をするイヴは、昨晩の話がまだ信じられていませんでした。

ミカエルが自分のことを愛していたから過去に戻したとは思えず、想像するだけで頬が赤くなります。

 

ミカエルが何度か声をかけても気づかずに頭を抱えており、真後ろまで来てようやく気付いて驚きました。

風邪を引くぞと上着をかけられ、その優しさに前世で愛称で呼ばれた理由を思い出し、咄嗟に背を向けます。

前世とは別の人間で、過去に戻れば感情もリセットされると頭では分かっていますが、恥ずかしくて顔が見れません。

全てはイヴのために

ミカエルは夢の中で先生と会い、イヴに渡してほしいと魔法伝授の巻物を預かったと差し出します。

 

夢の中で実行者の命を奪うと言ったミカエルは、未来を見通せる能力を持っている人物を危険視していました。

イヴの脅威となり、目指す未来に影を落とす可能性があると言い、避けるために命を奪うと言います。

話を聞いて笑みを浮かべた先生は、王なる力を覚醒すれば前世の記憶も蘇り、正体がわかると助言しました。

 

先生の話によれば、自分の中に眠る力でイヴを守ることが出来るので、今よりさらに求められることになります。

何を離したのかと聞かれ、大したことではないと返しつつ、自分がイヴにとって価値があることが分かったと笑みを浮かべました。

皇女、反逆者に刻印する52話感想

ミカエルは先生からタイムリープの存在を離され、人生が二回目であり、一回目は王だったことを知りました!

実行者が自分だとは全く思わず、散々貶しているのが面白かったですね。

自分だと知ったとき、どんな反応をするのか気になります。

 

またタイムリープを知ってすぐ頭に浮かんだことは、イヴの脅威の排除でしたね。

ホムンクルスの特性の可能性もありますが、やっぱり前世も今世もイヴのことが大好きなのは変わっていません!

先生のポジションになって、恋するミカエルをあたたかく見守ってあげたくなりました。

 

イヴはすべてを知ってしまい、ミカエルのことをとても強く意識していましたね!

夜の想像をするところまで行けば、あとはもうミカエルが誘えば線を越えることも出来そうです。

このふたりが本当の意味で結ばれることを想像して、読んでいてワクワクしました!

 皇女、反逆者に刻印するネタバレ52話最新話と感想!覚醒するのみまと

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」52話のネタバレと感想を紹介しました!

イヴの力となるため、覚醒を目指すことにしたミカエル。

王が覚醒したとき何が起こるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!