公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しました【第21話】ネタバレと感想!呪いを解いたのは

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」第21話のネタバレ・感想について書いていきたいと思います!

大きく急展開を迎え、リアンドロの呪いはなぜ解けたのかについても気になるところです。

では「公爵家のメイドに憑依しました」第21話のネタバレの内容へ入っていきましょう!

公爵家のメイドに憑依しました【第21話】ネタバレ!呪いを解いたのは

リアンドロの夢、ひまわり畑にて

イベリナとリアンドロを強い光が包むとき、リアンドロが夢をみていたところから「公爵家のメイドに憑依しました」第21話スタートします。

 

夢はイベリナが以前にもみたことのある、ひまわり畑にいるリアンドロとその隣には女性の後ろ姿。

リアンドロの名を呼ぶその女性が振り返ると、メイド服ではなく素敵な服に身を包みながら微笑むイベリナの姿だったところで光は和らぎ、ついにリアンドロが目覚めたのでした。

驚きを隠せないイベリナ

傷跡は綺麗さっぱり消え、顔色もすっかりよくなっているリアンドロの姿にこれは夢かもしれないと驚きを隠せず涙が出てしまうイベリナ。

リアンドロは夢じゃないと言いながら、イベリナの頬を温かい手で包みこみます。

 

それでもイベリナは、小説上ではエレオノラが呪いを解いたことになっているにも関わらず、まだエレオノラは登場していないため、疑いを隠せません。

リアンドロはイベリナの手のひらに何か文字を書いて、再度夢じゃないと強く訴えますが、イベリナは文字が読めないと言いながら、2人の雰囲気はいつもの和やかな空気に戻るのでした。

 

イベリナは本当に夢じゃないんだ、と実感しながら、ついついリアンドロの頬に触れてしまい、しまいには身体の傷跡も消えているのかと疑って、服を脱がせて確認します。

リアンドロは少し照れながらも、疑いの目をなかなか晴らさないイベリナに身体の傷痕も綺麗さっぱり消えているところを見せつけながら、お前のおかげだと伝えたのでした。

呪いが解けた証拠

イベリナは小説での展開を知っているため、私には呪いを解くような力はないと強く訴えますが、リアンドロは自分の事を救ってくれたのはイベリナであると、再度、笑顔で伝えます。

 

その証拠にイベリナの手のひらには呪いを解いたあとにできる傷が。

そう、この傷は小説上でエレオノラがリアンドロの呪いを解いた際にもできた傷痕と同じものだったのでした。

2人は手のひらの傷痕を見つめながら、リアンドロの呪いを解いたのはイベリナであることを再確認します。

 

イベリナは、今までずっと呪いのせいで体調不良に襲われていた姿から一変して顔色もすっかり良くなったリアンドロの瞳は、いつかにもらったブルーの宝石よりもずっと綺麗な色に染まってることに気づき「公爵家のメイドに憑依しました」第21話のネタバレは終了です。

公爵家のメイドに憑依しました【第21話】感想!

公爵家のメイドに憑依しました」大きく急展開を迎え、ついに長いこと苦しませていたリアンドロの呪いはイベリナの手によって解けました。

これには、イベリナ同様に、皆さんも感動したのではないでしょうか?

 

しかし、小説上ではエレオノラが呪いを解くことになっていたにも関わらず、イベリナが先に解いてしまった様子。

 

想像するには、イベリナに対してリアンドロが大きく心を開き信頼していたこと、リアンドロに対してイベリナも深い愛を持って接して心の底から心配していたこと、2人がお互いを想い合う強い気持ちが呪いを解いたのだと思われます。

が「公爵家のメイドに憑依しました」第21話内では明確にはなりませんでした。

イベリナがリアンドロの呪いを解けたのはいったい何故なのか、次話で解明されるのか気になるところですね!

 

以上、「公爵家のメイドに憑依しました」第21話の感想についてでした。

公爵家のメイドに憑依しました【第21話】ネタバレと感想!呪いを解いたのはまとめ

ついに、リアンドロを長い間苦しめていた呪いは、イベリナによって解かれました。

この出来事は、今後の展開にも大きく関わってくることになるでしょう。

以上、「公爵家のメイドに憑依しました」第21話のネタバレと感想についてでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!