公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ34話最新話と感想!流刑になった公爵夫人

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」34話のネタバレと感想をまとめてみました!

公爵夫人は禁止薬物を使用した罪で流刑になり、南部の領地に移ることになります。

夫人のアルコール中毒や暴力に悩まされていたメイドたちはホッとしました…。

公爵家のメイドに憑依しました34話のネタバレと感想をを書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ34話最新話と感想!流刑になった公爵夫人

屋敷を追い出される公爵夫人

リアンドロは、公爵夫人が禁止薬物に手を出したことを皇室は知っているのだと言いました。

夫人は、薬はまだ手に入れていないし、ただの好奇心だったと言い訳します。

 

リアンドロがベルを鳴らすと、メイドが2人がかりで夫人を部屋から連れ出しました。

イベリナは、結局すべて小説の展開通りになっていると悲しい思いで見ています。

 

自分の部屋に連れ戻された公爵夫人は、数時間は酒を飲んで喚き立てていましたが、しばらくすると大人しくなり、何かを悟ったかのように息子の指示に従うことにしました。

流刑先の南部の領地に行けば、もう寂しくないだろうかとつぶやきながら。

ずぶ濡れのリアンドロ

大雨の中、公爵夫人を乗せた馬車は南部の領地に向けて出発します。

別れの時に夫人はリアンドロに手を伸ばしましたが、リアンドロはそれを避けるように背を向けました。

 

メイド達は、最近公爵夫人の行動がエスカレートしてヒステリーや暴力がひどくなり、担当のメイドが何度も変わったことから、夫人が流刑になったことでほっとしていました。

額に傷を負わされたメイドは、慰謝料をもらって退職することにしたそうです。

 

イベリナ達が針仕事をしながら話をしていると、ずぶ濡れのリアンドロがやって来ました。

イベリナを探しに来たと言います。

 

リアンドロは、髪を乾かして欲しいといってイベリナの手をつかみ、その場から連れて行ってしまいました

イベリナは、また裏で噂されるだろうと思い憂鬱になります。

 

リアンドロの部屋に向かう途中、イレナ夫人に出会いました。

イレナ夫人は、リアンドロがイベリナの手を掴んでいるのを見て眉をひそめますが、リアンドロがイベリナに髪を乾かしてもらうというので何も言えません。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ34話感想

リアンドロはお坊ちゃまなので、自分がいいと言えば皆が問題なく納得すると思っているんですよね。

使用人たちの事情を分かって欲しいと言うのは土台無理な話なので、ここはイベリナからきちんと説明すべきではないのでしょうか。

 

このままであれば、遠からずイベリナはこの屋敷にいられなくなるでしょう。

リアンドロが悪いとはいっても、メイド長や執事はイベリナを追い出してしまえば問題は解決すると考えるに違いありません。

 

リアンドロは、愛情がなかったとはいえ実の両親が次々と自分の元から去ったのですから、他人が考えるよりも喪失感を覚えているだろうと思います。

この上にイベリナを失ったらリアンドロが精神的に頼る相手がいなくなり、リアンドロの心のバランスが崩れるかもしれません。

メイドの立場的には言いにくいですが、イベリナには何とか工夫してうまくやってもらえたらと思います。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ34話最新話まとめ!流刑になった公爵夫人

今回は公爵家のメイドに憑依しました34話のネタバレと感想を紹介しました!

母を流刑にしたリアンドロは、突然ずぶ濡れでメイド達が針仕事をしている部屋を訪れ、他のメイドの目を気にすることなくイベリナの手を握って自分の部屋に連れて行きます。

途中でイレナ夫人に見つかりイベリナは気まずい思いですが、困ったことにリアンドロは全く気にする様子はありません。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!