公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ47話最新話と感想!イベリナを助けたディエゴ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」47話のネタバレと感想をまとめてみました!

マーコに激怒していた騎士は部屋からマーコを追い出し、イベリナに文句をつけ始めます

そこへ皇太子が現れ、イベリナを自分の部屋に連れて行きました…。

公爵家のメイドに憑依しました47話のネタバレと感想を書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ47話最新話と感想!イベリナを助けたディエゴ

助けに入ったイベリナ

この部屋の掃除を担当したイベリナは、マーコは悪くないのだと説明しました。

しかし騎士は、マーコが扉を叩いて眠りを妨げたのだと言って更に怒っています。

 

リリアナに注意されたにも関わらず、やらかしてしまったマーコは泣き続けていました。

騎士はマーコを退出させ、イベリナに枕から羽根が飛び出しているのを示します。

この枕で不快になっていたところに、マーコが睡眠を妨害したのだと説明しました。

 

イベリナはこれくらいのことで怒るなど小さい男だと思いながらも、不注意を謝罪しました。

すると騎士はイベリナの顎に手をかけ、枕カバーは替えなくていいと言います。

 

騎士は、男爵にいってむち打ちにしてやろうか、体で自分を癒してくれるかと言ってきました。

この騎士は、それが目的で大げさに怒っていたのでしょう。

 

騎士はイベリナがかわいいと気に入っているようですが、イベリナはこの男が弱者を苛めて快感を得る最低な人間だと怒りを覚えました。

イベリナが騎士の手を振り払うと、怒った騎士はイベリナに手を上げようとします。

ディエゴの登場

イベリナはメイドを辞める覚悟で膝蹴りして逃げるつもりでしたが、そのとき皇太子の声がしました。

皇太子はドアのところに立ち、酒でも飲もうと立ち寄ったと言います。

 

騎士はイベリナにつまみを持ってくるように言いつけますが、イベリナが取りに行こうとすると皇太子がイベリナの腕を掴み、気が変わったから部屋に戻ると言いました。

エサードと呼ばれた騎士は、しぶしぶ引き下がります。

 

イベリナは、ディエゴはやはりむかつく顔だと思いながらも、助けてもらったお礼を言って部屋に戻ろうとしました。

すると、ディエゴは自分の部屋についてくるようにと言います。

ソファに向かい合って座ったディエゴとイベリナ。

 

ワインを飲みながらイベリナを見ていたディエゴは、イベリナの手のひらの傷を見つけました。

そしてディエゴはイベリナに、こっちへ来るようにと言います…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ47話感想

エサードと呼ばれたこの騎士、騎士の風上にもおけない最低の男ですね。

マーコもよりによってこんな男の部屋をノックするなんて、運が悪かったとしか言えません。

 

でもイベリナは助けに入る前に、リリアナを呼ぶべきでしたね。

リリアナであればもっとうまく収めたかもしれませんし、イベリナが危険にさらされることもなかったでしょう。

 

ディエゴはイベリナに目をつけたようですが、この先、リアンドロとの関係でディエゴに再会するかもしれないことを考えると、あまりよろしくない流れではないでしょうか。

その上、ディエゴはイベリナの手の傷に気付きました。

今のところ傷の意味は分からないでしょうが、そのうち本当のことを知ったら、面倒なことになりそうですね…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ47話最新話まとめ!イベリナを助けたディエゴ

今回は公爵家のメイドに憑依しました47話のネタバレと感想を紹介しました!

イベリナはディエゴのことが気に入りませんが、因縁をつけていた騎士から助けてもらったのでお礼を言います。

ディエゴは自分の部屋にイベリナを連れて行き、イベリナの手の傷を見つけました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!