公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ52話最新話と感想!イベリナを貴族に?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

リリアナからの報告を受け、急いでイベリナを迎えに来たリアンドロ。

男爵には、イベリナが貴族の令嬢だと説明しました。

公爵家のメイドに憑依しました52話のネタバレと感想を書いていきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ52話最新話と感想!イベリナを貴族に?

急いで来たリアンドロ

リリアナは、夜中に伝書鳩が来たのでリアンドロを探していたのだそうです。

リアンドロはリリアナの報告から放っておけない状況だと知り、まっすぐ男爵邸に来たのだと説明しました。

 

リリアナは、皇太子がイベリナのネックレスを持ち去り、次会った時に返すと言っていたことから、どう見ても皇太子の目に留まったようだと言いました。

リアンドロはそれを聞いて、もっと早く迎えに来ればよかったと思います。

 

イベリナは、リアンドロがディエゴのせいで急いで来たということに驚きました。

リアンドロがディエゴを敵対視するのは原作通りですが、その理由はエレオノラでなくイベリナに変わっています。

男爵への説明

リアンドロは、男爵に話をするために邸宅に入りました。

メイド達はリアンドロを見て、ディエゴが太陽ならリアンドロは月のようだと言って見とれています。

 

リアンドロは応接室に入る前に、イベリナにどこにも行かないようにと言いました。

イベリナは、もうなるようになるのだと考えを変え、ここで待っていると指切りをします。

 

応接室の外で、リリアナはやっと旦那様が笑ったので嬉しいと言いました。

リリアナは、もう逃げたら駄目だといってイベリナの頭を撫でます。

 

イベリナは原作にこだわった自分が間違っていたと思いました。

不安はありますが、きっと大丈夫だと考えることにします。

 

リアンドロは男爵に、イベリナが貴族の令嬢で、事情があってメイドをしていたのだと説明しました。

明朝イベリナとリリアナを連れて帰るというリアンドロに、男爵はゆっくり滞在することを勧めましたが、リアンドロは見るだけで身震いする相手と出くわしたくないからと断ります。

リアンドロの客室

男爵との話が済んだリアンドロを、イベリナが客室に案内しました。

リアンドロは、イベリナはもうメイドではないから雑用はしないようにと言います。

 

邸宅を恋しく思わなかったかと尋ねるリアンドロに、イベリナは毎日思い出していたと答えます。

イベリナは、リアンドロがリリアナの手紙の返事をほとんど寄こさなかったので、自分のことは忘れていると思っていたと言いました。

リアンドロは、戻ってきて欲しいという言葉しか思い浮かばなかったからだと言ってイベリナを抱き寄せます…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ52話感想

イベリナを貴族の令嬢ということにしたのですね。

公爵だから、そのあたりはどうにかできるのでしょうか。

それならば、イベリナを傍に置くことに障害はなくなりますね。

 

でもこの流れだと、やっぱりエレオノラの代わりにイベリナを巡ってリアンドロとディエゴが争うことになるのでは?

ここに、もともと疑惑の目を向けている皇帝が介入してきたら、イベリナとリアンドロの仲を裂かれるようなことも考えられます。

 

でもとりあえず、今は久しぶりに再会した二人で穏やかな時間を過ごして欲しいです。

それに、イベリナにはリリアナという信用できる友人がいるから、何かと心強いですね。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ52話最新話まとめ!イベリナを貴族に?

今回は公爵家のメイドに憑依しました52話のネタバレと感想を紹介しました!

イベリナが貴族の令嬢であると説明し、男爵邸からイベリナとリリアナを連れ帰ることにしたリアンドロ。

イベリナも、リアンドロの気持ちを受け入れようと思っています。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!