サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

公爵家のメイドに憑依しました

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ81話最新話と感想!幸せになる資格とは?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵家のメイドに憑依しました」81話のネタバレと感想をまとめてみた!

部屋を飛び出したイベリナとエレオノラは散歩に出かけました。

そこでイベリナはエレオノラに、自分を大切にして欲しいと伝えます。

公爵家のメイドに憑依しました81話のネタバレと感想を紹介していきます!

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ81話ネタバレ最新話と感想!幸せになる資格とは?

奪われたくない

ディエゴがエレオノラのスケジュールまで把握していることを感心していたイベリナ。

すると、幼い頃から他国へ来た周囲に馴染めない私をいつも守ってくれたとエレオノラは話します。

 

しかし、いまエレオノラがすがっているのは皇太子妃という立場だけ。

その座すら奪おうとするのは誰であっても許さない、とイベリナのほうをきつく睨みます。

そんな嫉妬にまみれた気持ちを知らないイベリナは、ディエゴなんかのどこが良いのか小声で聞きました。

 

皇太子という立場以外良いところがわからない、と正直に言うイベリナを見たエレオノラは小さく笑います。

それは、これまで自分が周囲から責められることはあってもディエゴを悪く言う人はだれもいなかったから。

ディエゴがイベリナに好意をもっていなければ良かったのに…と考えるエレオノラの表情は曇りました。

自分の価値

イベリナはエレオノラに対して、自分のことを大切にして幸せになって欲しいと伝えます。

恋人や妻である前に、ありのままで幸せになる資格がある人だからと言われたエレオノラは、その言葉に驚きを隠せません。

 

人質として帝国にやってきてからはその環境に慣れることに必死で、自分が幸せになる資格があるかどうかなんて、考えたことはありませんでした。

ディエゴに愛されなくても自分には価値があるのか…と考えるエレオノラ。

そんなエレオノラに対していつでも話し相手になるからとイベリナは笑顔を見せます。

 

それからしばらく、エレオノラは部屋へと頻繁にやってきては話し込んでいきました。

彼女は愛に飢えているところがあると感じたイベリナは、幼少期のリアンドロと姿を重ねます。

お互い似たもの同士だったから結ばれなかったのかなと考えるイベリナ。

 

辛い幼少期に寄り添ってくれたディエゴだけが希望だったエレオノラ。

恋愛小説は結婚したら幸せという結末で終わるが、本当のハッピーエンドはなんなんだろうとイベリナは思ってしまいます。

魔法のアーティファクト

その午後、リアンドロに手紙を書いて送ると早速返事と贈り物が届きました。

字を書けなかったイベリナから手紙が届いたことが、リアンドロはとても嬉しかったようです。

 

返事を読み送られてきた贈り物を開けると、中には赤い宝石のついた可愛い指輪が入っていました。

指にはめてみるとサイズが大きかった指輪が縮んでイベリナの指のサイズに変わります。

驚いていると、それは位の高い貴族だけが持てる魔法のアーティファクトだとディエゴが教えてくれました。

 

指輪の箱の裏を読むと、これは護身用の指輪なのでイベリナが望む方向に火花を飛ばせるとメモがついています。

手を出されたら使うようにと一言もありましたが、魔法を無効化するアーティファクトをつけたディエゴには通用しないとのこと。

 

そんな話をしていると再び部屋にエレオノラがやってきて、船遊びに誘われます。

イベリナは喜んで誘いにのり、3人で行くことになりました。

しかし、まさかこの船遊びが悲惨な事故に繋がるなんて…。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ81話感想

前話で急接近してきたエレオノラですが、やはりまだイベリナを警戒していることが冒頭でわかりましたね。

ディエゴがもしイベリナに好意を寄せ続けたら皇太子妃の立場が危ぶまれるかもしれないと思ったのでしょう。

 

しかしそのあと、イベリナが全くディエゴに興味をもっていないことを知り少し警戒が薄れたように見えました。

もしもディエゴが関わっていなければ2人は良い友人になれたかと思うと、残念ですね。

 

イベリナはあまりにもディエゴに執着しているエレオノラの姿を見て、あなたには幸せになる資格があると伝えたのでしょう。

彼女は皇太子妃にならなければ自分に価値がないと思いこんでいたのかもしれません。

幼少期から家族と離れて皇太子妃になるための教育を受けていれば、そんなふうに考えてしまうのも仕方ないですね。

 

リアンドロも同じですが家族や周囲から愛されず育つと、そのときそばにいてくれる人に執着してしまうのでしょう。

エレオノラには、ディエゴだけが世界の全てではないと気付いて欲しいです。

 

そして前話でリアンドロが手配していたアーティファクトとは、魔法の指輪であることがわかりました。

身を守ってくれるだけでなく、着けていても違和感のない指輪があれば安心です。

できればその火花を飛ばすような出来事が無いことを願うばかりですね。

 

頻繁にイベリナと話しているからか、エレオノラの嫉妬も落ち着き2人の距離が近づいているように見えました。

しかし最後に船遊びで事件が起きるとあったので、せっかく仲良くなった2人の間に亀裂が入ってしまうのかもしれません。

公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ話最新話と感想!幸せになる資格とは?まとめ

今回は、「公爵家のメイドに憑依しました」ネタバレ81話最新話と感想を紹介しました。

幸せになる資格があるとイベリナに言われたエレオノラ、少しだけ自分に自信を持ち始めました。

距離が縮まったイベリナとエレオノラでしたが船遊びで事件が起こります。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!