ルシア

ルシアネタバレ12話最新話と感想!タラン公爵の態度

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」12話のネタバレと感想をまとめてみました!

たった一人王宮の奥で侍女として暮らす、忘れ去られた王女・ビビアンの物語です。

ビビアンとタラン公爵の婚約がついに成立しますが…?

それでは、「ルシア」12話のネタバレと感想を紹介します!

ルシアネタバレ12話最新話と感想!タラン公爵の態度

態度が変わるタラン公爵

ビビアンが契約書にサインをし、ビビアンとタラン公爵の婚約が成立しました。

ビビアンはとても嬉しそうです。

タラン公爵はビビアンのその嬉しそうな様子を見て、いまいち彼女のことが理解できないといった表情をしています。

 

そしてタラン公爵は、婚約は成立し要件は済んだので早く帰ったほうがいい、と、さっきまでとは違ったぞんざいな口調で言いました。

ビビアンは、その口調の変化に違和感を覚えます。

続けて公爵は、侍女に変装をして街に出るなんてことは今後はやめろ、と言いました。

 

今まで王女として丁重な扱いだったのに、突然乱暴な口調になり、さらにビビアンの行動を制限するようなことを言ったことにビビアンは動揺しています。

言い返したいビビアンですが、考えがまとまらず言葉が出ません。

ビビアンが戸惑っている様子を見てタラン公爵は、婚約が成立して自分の女になったのだから、もう気をつかう必要はないと言いました。

 

ビビアンは、婚約者に対しそんな言葉づかいはどうなのかと言い返します。

しかし公爵はあらためる気はない様子です。

 

公爵がいろんな面を見せるので、本当はどんな人なのかどうにも掴みどころがない、とビビアンは感じます。

タラン公爵はもう一度ビビアンに、侍女に変装して外出するのを禁止する、と厳しく言って返事を求めてきました。

納得できないビビアンは抵抗してみますが、公爵はビビアンの意見を聞く気もない様子です。

外出の許可

彼は独裁者だ、とビビアンは思いました。

そして、そんな相手には正面から反論してもしょうがないと思い、やり方を変えてみようとします。

 

ビビアンは公爵に、突然そんなことを言われても困るので一回だけ人に会わせてほしいと申し出ました。

すると公爵は、小説家に会って何を話すのだ、と聞きました。

 

タラン公爵はビビアンが誰に会いに行きたいのかお見通しでした。

ビビアンは、すでにノルマンのことも知られていることに驚きます。

 

最後に挨拶をさせて欲しいというビビアンに公爵は、今後一切会うなとは言っていない、婚約中なので慎重にしたいだけだと言いました。

ビビアンは、では結婚後なら会いに行ってもいいのか、と喜びます。

公爵は理解のある人だと嬉しそうに言うビビアン。

 

その彼女の様子を見て、タラン公爵は考えます。

彼女は、自分に関する悪い噂を知らないのだ、と。

 

公爵は、過去にひとでなし、怪物、とまで言われたことを思い出しました。

今に彼女も自分の噂を知って結婚を後悔するだろう、と幸せそうにクッキーをかじるビビアンを見ながら公爵は思うのでした。

ルシアネタバレ12話感想!

タラン公爵の紳士的な態度が、婚約が成立したことで一気に変わってしまいました。

自分の女に気を遣う必要がないって…自分の女こそ大切にしてほしいですよね!

 

きっとかなり昔の時代設定なので女性の地位は低いのでしょうし、婚約者に対する態度が乱暴なのは仕方ないことなんでしょうね。

だけど、結婚後ノルマンに会うことは許してくれそうでよかったです!

意外と理解のあるタラン公爵です。

 

そしてタラン公爵は、過去に「怪物」とまで言われてしまったことがあるようですが、一体どんな過去があるのでしょうか。

タラン公爵について、まだまだ知らないことがたくさんありそうですね!

ルシアネタバレ12話最新話と感想!タラン公爵の態度まとめ

今回は「ルシア」12話のネタバレと感想を紹介しました!

第12話では、婚約成立したとたんにタラン公爵がビビアンに高圧的な態度をとるようになってしまいました。

タラン公爵の過去のことも少し出てきました。

掴みどころのない公爵の謎もこれから少しずつわかってくるのか、今後の展開が楽しみです!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!