ルシア

ルシアネタバレ47話最新話と感想!葛藤の末の結論

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」47話のネタバレと感想をまとめてみました!

ビビアンに恋をしてしまったタラン公爵は、胸が苦しくなりました。

そして、自分がビビアンに提示した契約内容に後悔するのでした。

「ルシア」47話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ47話最新話と感想!葛藤の末の結論

改めて再確認

ビビアンの肩にもたれながら考えるタラン公爵。

今までの女たちは愛してると言い、泣きながら俺にすがりついたが、その女たちの表情を思い出すことはありませんでした。

ビビアンに何を望んでいるのか考えるタラン公爵。

 

万が一、ビビアンも同じようにすがりついてきて、それに応えることがあれば、契約条件に違反する事になってしまいます。

しかし、契約条件を破ったときのことを何も決めていないことに気づくタラン公爵。

文書化していない口頭での契約内容は法的効力を持たず、離婚は絶対にないと釘を刺していることも先に伝えてあるので、ほっとするのでした。

タラン公爵のおねだり

タラン公爵はビビアンにプレゼントのお返しをおねだりしました。

準備をしたのはジェロームなのに、彼には良心はないのかと思うビビアン。

そう思いながらもビビアンはお返しは何がいいのかを聞きました。

 

どんなものでもくれるのかとタラン公爵は言うと、用意できるものならとビビアンは答えます。

タラン公爵がビビアンの耳元でささやくと、顔を真赤にしたビビアンはむきになって拒否をしました。

すぐに終わらせるからいいだろと言っても、言い訳をしつつビビアンはかたくなに断ります。

 

俺の信頼度が驚くほど落ちたのはどうしてだと言うタラン公爵に、自分の胸に手を当ててよく考えてと言うビビアン。

すると、自分の体をビビアンにくっつけ、絶対にダメなのかと聞きます。

どれだけ断っても、あきらめないタラン公爵に、ビビアンは折れてしまうのでした。

本当の気持ち

タラン公爵の頼みを渋々聞き入れるビビアン。

タラン公爵がビビアンの胸にキスをすると、ビビアンは体を震わせます。

 

本当は庭でしたかったと言うタラン公爵。

でも、虫に刺されて気絶しそうだと言い、それでなくてもいつも気絶すると恥ずかしいことを言うと、ビビアンはそれ以上言ったら唇をかみちぎると人差し指を立て言い返しました。

ビビアンの発言に笑い、そしてビビアンの口や首、胸など、いたるところにキスをします。

 

キスをしながら、タラン公爵は黄色のバラのことを思いました。

黄色のバラが別れのバラだなんてどうでもいい。

贈ったとしても、送らなかったとしても、ビビアンは永遠に俺のものだと、自分の気持ちを再確認するのでした。

ルシアネタバレ47話の感想

最初の契約のをかわしたことについて、すごく悩んでいたタラン公爵。

しかし、たくさん悩んだ末に、ビビアンは俺のものだと改めて自覚しました。

 

俺のものだと言い張るあたり、俺様キャラなんだなと改めて思いました。

でも、タラン公爵よりもビビアンの方がきっと主導権を握ってそうにも感じられますね。

 

以前に、ビビアンは求められなくなることが嫌だと言っていましたが、今では全くの逆パターンになりました。

時間や場所を問わず、どこででも求められるビビアンがある意味魅力的なんだろうなと思います。

タラン公爵もビビアンにぞっこんですね。

 

他人のために葛藤することも今までで初めてでしたよね。

契約なんて無効にしてしまおうと言い出すことが出来たら、ビビアンもきっと嬉しいのではないかと思います。

でも、なかなか言わないのがタラン公爵なんですよね…。

ルシアネタバレ47話最新話!葛藤の末の結論のまとめ

今回は「ルシア」47話のネタバレと感想をご紹介しました!

色々なことを考えるタラン公爵。

考え抜いた末に、タラン公爵はビビアンへの気持ちを改めて確信するのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!