ルシア

ルシアネタバレ52話最新話と感想!タラン家の血統

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」52話のネタバレと感想をまとめてみました!

タラン公爵は、少しの間不在にすると言い、お互いに寂しいと思うのですが伝えることが出来ません。

タラン公爵の不在を確認し、フィリップは城の敷地内へと近づくのでした。

「ルシア」52話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ52話最新話と感想!タラン家の血統

君臨する貴族たち

はるか昔、魔法が世界の秩序の中心だった頃。

当時全世界をし介していた魔法帝国には、人間を差し置き君臨する少数貴族が存在していました。

 

黒い髪に黒い瞳、外見は普通の人間と全く同じですが、普通の人間に比べ絶対的圧倒的な能力を持っていたのです。

魔法帝国は魔法が支配する国。

魔力も限られた貴族のみにしか使うことが出来ませんでした。

 

そのため、血族同士で結婚することで血統を守ってきたのです。

彼らは一様に残忍で慈悲心がなく、多くの人間が挑みましたがみな返り討ちにあい、より強い支配力に、人々の絶望は深まるばかり。

しかし、彼らの支配は永遠には続きませんでした。

魔女狩り

そんなある日、隕石が落ちてきたことによって事態が変化していきます。

隕石が落ち、人里離れた荒れ地で大きな地震が起こるのですが、近くに集落はなく、大きな被害が確認されなかったこともあり、とくにそのことを気に留める者はいませんでした。

 

しかし、その日を境に満ちていた魔力は分散し、魔法が使えなくなると言ったことも起こります。

魔力が弱まり、使えなくなった魔力はもはやゴミ同然とまで言われ、彼らの地位は瞬く間に地に落ちてしまいました。

人々はこの事実を知ったとたん、今までの仕返しのように、狂気が満ち溢れ、ついには魔女狩りを始めます。

タラン一族

世の中を渦巻く人々の狂気の中で、一組の夫婦が生き残りました。

その夫婦が「タラン」です。

 

魔力を持つ者の血と、人間の血が混じった夫婦でした。

元々タラン家は混血貴族であり、人間の血筋が入っているという理由で貴族の間では除け者にされてきたのです。

人間の血と一族の血の混合によって、強い肉体と明晰な頭脳を作りだし、その瞳は血のように赤く変化するのでした。

 

彼らの魔女狩りの対象とされているため、誰にも見つからないように、静かに生活を送ります。

血筋の復活と血統の存続を目指し、その存在が完全に忘れ去られるまでひっそりと身を潜め、2人はその日をずっと待ち続けました。

それから数十年と言う年月が経ち、魔法帝国は過去の話しとなります。

 

百年余りが経ったころにはもはや伝説になりました。

長い年月が過ぎることで、破壊されずに残った魔法帝国の一部地域の魔力も少しずつ戻り始め、ついにタラン家が動き出したのです。

隠し持っていた数々の宝石と抜群の能力とカリスマ性で、勢力を拡大し、血統の再建のために動き、一緒だった数少ない人間の子孫は、ただ血統を守る任務遂行のためだけに生きてきました。

 

秘密裏に研究を進めていたタラン家先祖によって明らかにされてきたことがあります。

魔法帝国の時代には無かった研究結果は、貴族の血筋の復活を願うタラン家にとって何よりも重要な情報でした。

同血統で結婚すれば必ず息子が産まれ、人間と結婚すれば必ず娘が産まれると言う結果を元に、タラン家は、同血統の女性との間に息子をもうけ、人間の女性とは彼の妻にする妹をもうけます。

 

人間の子を授かるには、三葉ヨモギの効果が必要とされており、初潮開始と同時に三葉ヨモギを使って出血を止め、これを1年以上継続させ、その後タランの後継者と夜を共にしヨモギの効能を弱める薬を服用することで身体をもとの状態に戻すと言う方法がありました。

元の状態に戻ってから、次に月経が始める前までが、妊娠可能期間となります。

フィリップはそのこと全てを知っていました。

 

そして、この出来事には彼らの一族が関わってきたことも。

この知識は、時が経つにつれタラン家の人間は正確な内容を知ることはできなくなりました。

そして、今ではこの方法を知るのはフィリップだけとなります。

 

ダミアンの相手をもうけなければ、血統の存続は難しくなると、フィリップは考えていました。

妻に近づいたらただじゃおかないとタラン公爵に言われたことを思い出し、フィリップはあの反応はいったいなぜだったのだろうかと疑問に感じます。

タラン公爵は、タラン家の存続が自身の存在意義で生きる目的なのではとフィリップは思っていました。

 

ビビアンの元に、キラッキラの宝石があしらわれた箱が届きます。

その箱はタラン公爵からの贈り物だと、ジェロームはにこにこしていました。

公爵自ら選んだプレゼントと言う言葉にビビアンは驚きます。

ルシアネタバレ52話の感想

今回は、タラン家の血統についての話しが中心に繰り広げていました。

ビビアンが夢で見た話しと、現在の内容になんとなくつながりを感じました。

 

やはりフィリップは夢の中の医者と同一人物なことも、濃厚になってきましたね。

ビビアンが今後、彼と会うことはあるのでしょうか。

フィリップは、タランの血統を守りたいようですが、やはりその理由についても今後明らかになっていくのかもしれませんね。

 

ただ、三葉ヨモギはやはり毒草ではなかったことも分かりました。

ビビアンは子供が出来ないからだだと言っていましたが、難しかった妊娠が現実的に可能であることがわかってきたので、事実を今後ビビアンが知る時がきたらいいなと思います。

 

タラン公爵から贈り物をもらったビビアン。

宝石箱からしてすごくキラキラしていてビビアンもビックリしていましたね。

宝石箱を見たビビアンは、何を思うのでしょうか。

ルシアネタバレ52話最新話!タラン家の血統のまとめ

今回は「ルシア」52話のネタバレと感想をご紹介しました!

結合一族として言われてきたタランの血統を守るための方法を唯一知る者はフィリップだけでした。

ビビアンはタラン公爵自身が用意した宝石箱を見て驚きました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!