ルシア

ルシアネタバレ69話最新話と感想!想いの暴走

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ルシア」69話のネタバレと感想をまとめてみました!

ビビアンとのやり取りを思い返し、考えながら歩いていると、いつの間にか庭園につき、ビビアンと遭遇します。

ビビアンが見せる微笑みに、タラン公爵は初めて自分の気持ちを知るのでした。

「ルシア」69話のネタバレと感想をしていきます。

ルシアネタバレ69話最新話と感想!想いの暴走

久しぶりの会話

ビビアンとタラン公爵は、久しぶりに2人で庭園を散歩しながら話していました。

2人がこうやって穏やかに話をするのは、あのときの口論依頼です。

 

花が綺麗でしょう、後少しで満開になりますねなど、他愛のない会話ですが、そんな会話も2人は楽しそうに話していました。

毎日お忙しそうですねとタラン公爵を気遣うビビアン。

 

ビビアンに休養で出かけることになったと伝えます。

侍女がいないことを気にするタラン公爵。

ビビアンは侍女にお使いを頼んでいました。

 

そして、タラン公爵をお茶に誘います。

2人でお茶をする、ビビアンとタラン公爵。

お茶を入れながらビビアンは話しています。

 

庭の変化を話しているビビアンを見つめながら、タラン公爵はビビアンの手に触れました。

元気に過ごしていたか聞くタラン公爵に、ビビアンはそっと手を引っ込めようとしながら、変わらぬ日々を過ごしていたと返事をします。

数日の事なのに、なんだか数年ぶりの再会みたいで不思議だと言うビビアンの言葉に、タラン公爵は少し落ち込みました。

 

自分と同じ思いをしてほしかったわけではないけど、何も変わることなく過ごしていたのかと思ったのです。

ビビアンの元気な姿を見ることが出来たのには安心しましたが、自分だけ苦しんでいたのかと、タラン公爵は少し寂しく思いました。

優しくビビアンの顔に触れながら考えるタラン公爵。

 

力を入れたら壊れてしまいそうだな。

こんなにもか弱い彼女の存在でしたが、タラン公爵にとっては一番の脅威に感じます。

タラン公爵はビビアンに言いました。

タラン公爵の謝罪

あの日は俺が言い過ぎた、謝りたかった。

自分の本音をビビアンにぶつけるタラン公爵。

 

タラン家はもともと子どもに恵まれない家系で子孫も少ない。

期待を持ち、失望してしまうビビアンを見るのは嫌だったと言います。

タラン公爵は、自身の伝え方が悪かったと、ビビアンのことを傷つけたことに謝罪をするのでした。

溢れ出す想い

タラン公爵からの謝罪に、ビビアンは穏やかな顔で返事をします。

しかし、話そうとした時、涙がこぼれ落ちました。

 

普段通りに振る舞おうとしていたビビアンでしたが、ビビアンの突然の涙にタラン公爵も戸惑います。

止まらない涙を隠すために、両手で顔を隠すビビアン。

タラン公爵は慌てて席を立ちビビアンの前でひざまずき、本当に悪かったと謝罪をします。

 

ビビアンもまた、タラン公爵に会うまで地獄にいるような気分だったのです。

彼に会ったら頬を打ってやると思っていたのに、会った瞬間そんな気持ちはみじんも感じなかったのです。

タラン公爵のことを愛しているのだと確信するビビアンは、タラン公爵に抱きつくのでした。

ルシアネタバレ69話の感想

ビビアンとタラン公爵が穏やかに会話をするのは久しぶりですね。

2人にはいい時間が流れたと思います。

 

仲直りのチャンスだと思いました。

そして、タラン公爵はやっと自分の気持ちに素直になり、ビビアンに謝罪をしました。

 

ビビアンも平然とした装いをしようとしていましたが、あふれる涙がそれを阻止しましたね。

仲直り出来て本当に良かったと思いました。

タラン公爵はプライドが高い人でもあるので、ひざまずきながら謝罪をするのは、よほどのことだと思います。

 

どれだけの期間か分からないくらい、長い期間でタラン公爵は留守にしてしまうようですが、その前に仲直りすることが出来て良かったと思いました。

仲直りをせずにしばらく会えなくなるのは寂しいです。

しばらくはなさ離れで寂しくなると思いますが、仲直りが出来たことで、ビビアンの表情も明るさを取り戻すことでしょう。

ルシアネタバレ69話最新話!想いの暴走のまとめ

今回は「ルシア」69話のネタバレと感想をご紹介しました!

庭園を歩きながらタラン公爵をお茶に誘い、その際にタラン公爵は膝間月ながらビビアンに謝罪をするのでした。

ビビアンも、思いが溢れ、タラン公爵に抱きつくのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!