もう一度、光の中へ18話最新話ネタバレと感想!ビオンや親族との時間

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」18話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイシャはビオンや親族たちと交流を深めます。

もう一度、光の中へ18話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へ

もう一度、光の中へ18話最新話ネタバレと感想!ビオンや親族との時間

ビオンの気遣い

同年代のお友達とお茶会をしているアイシャに、ビオンはイシスが呼んでいると言ってアイシャを連れ出しました。

その場から離れたあと、アイシャはビオンに連れ出してもらったことを感謝します。

 

ビオンは、実はイシスが呼んでいたことは作り話だとアイシャに告げます。

ビオンは遠くからアイシャを見て、とても困っている様に見えたので連れ出した方が良さそうだと判断したのでした。

アイシャは、ビオンはかなり遠くにいたのにそれを把握していたことに内心驚きます。

アイシャとビオン

アイシャは今回の春の祭典の企画案は自分が考えたことをビオンに話しました。

アイシャは、春を迎え万物に宿った精霊に感謝したいという思いがあります。

今回の春の祭典はどうか、ビオンの感想が気になっているアイシャ。

ビオンは普通は忘れがちの存在である精霊たちの存在を浮き彫りにしようと考えたことが、斬新だし興味深いと感想を述べました。

 

ビオンはアイシャは本当に大人びた方だと言います。

ビオンはイシスの前ではアイシャとお話できなくなるので、短い時間でもアイシャとお話できて光栄だと告げました。

 

アイシャは、なぜイシスの前ではビオンと自分が話すことができないのか疑問に思います。

そこに、イシスが目を輝かせてアイシャの元に来ました。

イシスはビオンを押しのけてアイシャに話します。

アイシャは、イシスが自分を独占するからビオンとは話せなくなると理解しました。

親族と散歩

アイシャとイシスはお互い、手紙が嬉しかったと伝え、少し恥ずかしそうにします。

そこへアイリス皇后と、皇后の両親がやって来ました。

アイリス皇后は忙しくて声をかけた後その場を去りましたが、アイシャはイシス、祖父、祖母、そしてビオンも交えて5人で皇宮の中を散歩することにしました。

 

久しぶりに祖父と祖母と会うことができて、アイシャは嬉しく思っています。

そしてビオンが一緒に散歩に来たのが意外だと思うアイシャ。

 

散歩の最中に、ビオンはイシスと同じ騎士団の所属であるとアイシャは初めて知ります。

そして、祖父の騎士団は国境を守るために強いと有名であるため、ビオンは同じ剣を扱う者として祖父に憧れている様子でした。

 

ふと、祖父はアイシャにエルミールの花のアーチの下に立つよう言います。

どうしてなのか気になりつつ、アイシャはアーチの下に立ちます。

アイシャが綺麗な花を眺めていると、祖父は「止まれ」と言いました。

祖父は綺麗に輝く玉を手に持っています。

 

その玉は何なのか気になるアイシャでした。

もう一度、光の中へ18話感想

大人びているアイシャに、ビオンもきっと驚いているでしょう。

そんなビオンもアイシャを助け出し、とても気遣い上手です。

もしアイシャがビオンを好きになったらと考えましたが、イシスが許さないかもしれないですね。

イシスがいるとアイシャを独占してしまいますが、短い時間でもビオンと会話できて有意義な時間を過ごせたと思いました。

 

私もアイシャと同じく、祖父が持っている玉が何なのか気になります。

「止まれ」と言った意味も一体何なのでしょうか。

次回の話が楽しみです。

 

アイシャはすっかり家族に心を開き、あまり過去を思い出すシーンもなく平和そのもので読んでいて心が温まります。

今後、復讐のためにイデンベル帝国と本当に戦うのか分からないくらい平和です。

このまま世界が平和であればそれはそれで幸せだと思いますが、アリサの時の無念が晴らせないのはアイシャは納得できないでしょう。

アリサの無念は晴らされてほしいですが、被害は最小限であってほしいです。

もう一度、光の中へ18話最新話ネタバレと感想!ビオンや親族との時間まとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話18話のネタバレと感想を紹介しました!

祖父が出した玉は一体何なのか、続きが気になります!

⇒もう一度、光の中へネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!