もう一度、光の中へ5話最新話ネタバレと感想!アイリス皇后について

もう一度、光の中へ

「ピッコマ」連載漫画の「もう一度、光の中へ」5話のネタバレと感想をまとめてみました!

アイリス皇后について描かれていたり、最後には精霊の王様も登場します。

もう一度、光の中へ5話のネタバレと感想を紹介していきます!

もう一度、光の中へ5話最新話ネタバレと感想!アイリス皇后について

陛下の決断

アイシャの1歳の宴をひと月も行うと言う陛下。

皇后は予算などを心配しており、冗談でしょと訊きます。

しかし、陛下は冗談で言ったのではありませんでした。

予算は全く気にしていない、愛する一人娘の誕生日に出し惜しみするなと言います。

 

当のアイシャは、ひと月なんて疲れるから嫌だと内心思います。

きっと皇后が止めてくれると思ったアイシャですが、皇后は男前な陛下の言葉にときめいており、宴がひと月行われることが決定するのでした。

皇后アイリス

実はアイリス皇后は皇宮に入ってあまり経っておらず、まだ立場が弱いです。

しかも未だ、皇宮のあちこちに亡くなった前皇后にゆかりある人々が多くいます。

不安を抱えているアイリス皇后に、陛下はアイシャの宴に皇后の両親も招待すると言いました。

それを聞いたアイリス皇后はとても嬉しそうです。

 

アイリス皇后の家系、ルーセル家の侯爵夫妻は首都を訪れることがほとんどありません。

そのため陛下は、実家を恋しがるアイリス皇后に気を利かせて提案したのです。

その上、宴が長く開かれればアイリス皇后にとって、両親と長く過ごせる口実ができます。

 

アイシャは前世の両親とのあまりの違いを感じ、また辛い過去を思い出しました。

辛そうにするアイシャに気付いたアイリス皇后は、アイシャを抱いて声を掛けます。

アイリス皇后の顔を見ると、アイシャを心配する気持ちが顔に溢れており、アイシャは落ち着きました。

 

アイリス皇后はアイシャのために子守唄を歌います。

アイシャはアイリス皇后のぬくもりの中、眠りにつきました。

精霊の王様

アイシャが目を覚ますとベッドに一人でいました。

外も部屋の中も暗いです。

暗いのが嫌いアイシャは精霊を呼びます。

精霊はすぐに現れ、アイシャを安心させました。

 

しかし、精霊の様子がいつもと違うと感じるアイシャ。

外を見ると窓が開いています。

そして窓から、知らない男性が入ってきました。

 

男性はアイシャを見ると、本当に精霊が見えるんだと意志で告げます。

精霊と同じく、アイシャに意志だけで話しかけることができています。

アイシャが困惑している中、精霊は男性に、王へご挨拶申し上げますと言いました。

 

王という言葉にびっくりするアイシャ。

アイシャは、この男性は精霊の王様だと思いました。

王様は、あまりに早くアイシャの元へ来てしまったので、今日のことは忘れるよう言います。

 

王様はアイシャの額に軽く指先で触れました。

するとアイシャは急に強い眠気を感じ、そのまま眠ってしまうのでした。

もう一度、光の中へ5話感想

アイリス皇后はまだ立場が弱く不安を抱えていますが、アイシャにはそれを感じさせないような優しさと愛情をかけています。

そしてそんなアイリス皇后を気遣う陛下も人格者です。

 

エルミール家はお互いを思いやる愛情に溢れた家系で、私も温かい気持ちになりました。

この家系に生まれ変われたことは幸せなことだと思います。

アイシャは早くトラウマを乗り越えられるといいなと思います。

 

5話の最後には精霊の王様も現れました。

何のためにアイシャの元にやってきたのでしょうか?

精霊使いのアイシャには思いもよらぬ運命または使命があるのでしょうか?

今後の展開に目が離せません。

もう一度、光の中へ5話最新話ネタバレと感想!アイリス皇后についてまとめ

今回は「もう一度、光の中へ」最新話5話のネタバレと感想を紹介しました!

アイシャの幸せな生活は今後も続いていけるでしょうか、必見です!

error: Content is protected !!