NiziUは日本人だけに見えない!日本人なのにカタコトなのはなぜ?

NiziUの日本語

CMや歌番組で初めてNiziUを見た人から、NiziUは日本人に見えない、日本人だけだと思わなかったという声を耳にします。

NiziUは日本人なのに日本語カタコトに聞こえることから、多国籍グループだと思った方が多くいました。

K-POPグループに見えるように演技しているの?という疑問も。

 

今回はNiziUが日本人だけなのに多国籍グループに見える理由を調査!

NiziUはなぜ日本人に見えないのか、日本人なのに日本語カタコトなのか、などの謎に迫っていきます。

NiziUは日本人だけに見えない理由は?


NiziUは日韓合同プロジェクトで誕生したグループのため、多国籍なメンバーだと誤解されていることがあります

NiziUデビュー以降、初見でNiziUを見た方々からは国籍に関する疑問があがりました。


「NiziUは日本人だけのグループだと思わなかった。」

「NiziUはメンバーほとんど韓国人だと思った。」

「NiziUは日本人に見えない。」

という声が多数!

 

韓国人の方からもNiziUは日本人に見えない、韓国人だと思ってたと言われていますね。

しかし実際にはNiziUのメンバーは全員日本国籍です

ニナさんだけは日米ハーフのアメリカ育ちですが、残りのメンバーは日本生まれの日本育ち。

JYP主催の多国籍オーディションでしたが、韓国籍のメンバーは1人もいません。

 

なぜNiziUは日本人に見えない、韓国人みたいと言われるのでしょうか?

NiziUが日本人だけに見えない主な理由は、以下の3つが挙げられます。

 

  • メイクやファッションが韓国風
  • 語学が堪能なメンバーが多い
  • 日本語の歌い方や喋り方がカタコト

 

理由を順番に詳しく見ていきましょう。

まず、NiziUのメイクや衣装は韓国風(K-POP風)です。

 

NiziUは主な活動は日本で行っていますが、レッスンや楽曲作成などは韓国で行っています

メイクさんやスタイリストさんといったスタッフも韓国人が中心。

 

韓国アイドル風メイクと派手目の髪色、カラフルでレトロ、ストリートっぽい舞台衣装。


そのため、見た目は本当に韓国人っぽく見えます。

見た目の印象はNiziUが日本人にだけのグループに思えないことに大きく関係しています。

 

次に考えられる理由は、NiziUには語学が堪能なメンバーが多いこと

NiziUニナさんやリマさんは日本語よりも英語が得意。

NiziUマコさん、ミイヒさん、リマさんは韓国で練習生をしていたことから韓国語が話せます。

 

TVやネット配信の動画でも、流暢に英語や韓国語を話している場面があります。

その場面だけ見ると、NiziUが日本人だけのグループに見えないというのも納得。

残りのメンバーも韓国語を勉強中のため、NiziUメンバーは韓国語で話したり歌ったりする映像も見られています。

またNiziUメンバーは日本語の会話の中でも韓国語の単語をよく使用しています。

マンネやオンニなど、これはNiziUだけでなくK-POPファンからしたら自然のこと。

しかしK-POPに不慣れな人から見ると、不思議に見えますよね。

NiziUが日本人に見えないと言われる理由は、使用する言語が多言語だからということがあると思います。

 

また、NiziUが日本人だけのグループに見えない最たる理由があります。

それはNiziUが日本人なのにカタコトの日本語を使うから。

NiziUは日本人なのにカタコトの日本語で歌ったり喋ったりすると言われています。

 

K-POPアイドルが日本デビューした時、日本語で挨拶したり日本語歌詞で歌ったりすると違和感がありますよね。

それと同じ違和感がNiziUの喋り方や歌い方にも感じられるという人が多いのです。

NiziUは日本人なのになぜカタコト


NiziUが日本人なのにカタコトと感じている人の意見を見ると、喋り方まで韓国に寄せていると思う方が多いよう。

私はあまり感じないのですが、NiziUは日本人なのにカタコトなのは韓国風の演出なのでしょうか?

そもそも日本語がカタコトに聞こえる理由はどこにあるのでしょうか?

 

日本語がカタコトに聞こえる原因は色々ありますが、主に発音や文法の違いにあります。

特に助詞や動詞の活用が違うと顕著にカタコト感が出ます。

NiziUのプロデューサーのJYパークさんの日本語の話し方を参考に見てみましょう。

 

「頭が本当にいいだと思います。」

これはJYパークさんが虹プロの予選で英語と日本語を流暢に話すニナさんに驚いて出た言葉です。

普通だったら「頭が本当にいいのだと思います。」ですよね。

文法が少し違うと日本語は顕著にカタコトに聞こえます。

 

NiziUが日本人なのにカタコトなのはJYパークさんのカタコトの影響があると考える人がいます。

しかしNiziUにメンバーの日本語は文法面は問題ありません

ではなぜNiziUは日本人なのにカタコトに聞こえるのでしょうか?

 

それは発音や言葉のイントネーションに原因があります。

イントネーションの違いは、同じ日本人でも方言によって違和感を感じることがありますよね。

NiziUが日本人なのにカタコトに聞こえる理由はこのイントネーションの違いが大きいのではないかと思います。

 

NiziUは関西や九州など方言の強い地域出身者の多いグループ

不慣れな標準語で話そうとするとイントネーションが違ったり、それを気にして更にカタコトになることがあります

またTV番組などの緊張する場面では、間違えないようにゆっくり話すことも相まってカタコトになってしまいます。

 

さらに韓国語には日本語にない発音があります。

毎日日常的に韓国語を話して習得することで、NiziUの日本語が韓国語訛りになっている可能性も!

それだけ必死に韓国語を勉強しているのですね。

 

SNSには歌う時もNiziUは日本人なのにカタコトに聞こえるという声もありました。

これはそもそもNiziUの曲は日本語用に作られていないことが大きな原因かと思われます。

NiziUの曲は日本の歌謡曲と違いリズムの際立ったK-POPの曲

アクセントのつけ方や単語の区切り方が日本語を想定していません

 

特に顕著だと思ったのは「Make me happy」の「笑ってほしい」という歌詞。

「わらあってほしっいー」と母音を伸ばしたり、しの後に小さい「っ」が入ったりします。

さらに「Baby I'm a star」の「もっともっと光るよ」という歌詞。

光るの「か」にアクセントがあったり、「か」の前に小さい「っ」が入ったりしてカタコトっぽく聞こえます。

 

どちらの曲もリズムを際立たせることが優先

リズムが先行してあるので、日本語の歌詞を当てるとカタコトの発音に聞こえます。

なのでNiziUの歌が日本人なのにカタコトに聞こえるのは演技や演出などではなく曲の問題です。

まとめ

今回はNiziUが日本人だけに見えない理由についてまとめてみました。

SNSでは多くの人がNiziUが日本人だけのグループだと思わなかったと言っています。

韓国風のヘアメイクやファッション、K-POPの曲、プロデュースの方向性でこんなにも違いが出るのですね。

 

またNiziUは日本人なのにカタコトの日本語に聞こえるという意見も沢山ありました。

私はこのリズム優先のカタコトさも新鮮で好きです。

これからもNiziU独自の音楽を沢山届けて欲しいですね。

error: Content is protected !!