NiziU

NiziUのマヤの本名と経歴!オーディションや前の事務所やオーディション曲

NiziUマヤの経歴

スポンサーリンク

NiziUマヤさんの本名や経歴を調べてみました。

またNiziUマヤさんの前の事務所はどこだったのかも調べてみました。

 

そしてNiziUマヤさんのオーディションでのパフォーマンスを振り返ってみましょう。

NiziUマヤさんがオーディション曲にどのような曲をチョイスしたのかも気になりますよね。

 

NiziUマヤさんの本名や経歴、前の事務所についてまとめてみました。

そしてNiziUマヤさんのオーディション曲についても詳しく見ていきましょう。

NiziUのマヤの本名は?


NiziUマヤさんの本名を調べてみました。

NiziUマヤさんの本名は「勝村 摩耶さんです。

つまりNiziUマヤさんは本名の「マヤ」で活動をしているのです。

オーディションは本名で参加だったので早くからNiziUマヤさんの本名を知ることが出来ましたよね。

それにしてもNiziUマヤさんの本名の「摩耶」という名前は良い名前ですよね。

ミステリアスで大人っぽさがありNiziUマヤさんにぴったりの名前です。

NiziUのマヤの経歴①オーディションのエピソード


NiziUマヤさんの経歴を見てみましょう。

NiziUマヤさんの経歴でかかせないNiziProjectのスター性のテストですね。

 

NiziUマヤさんが披露したのは紙芝居「みにくいアヒルの子でした。

なぜNiziUマヤさんはオーディションにこの紙芝居を披露しようと思ったのでしょうか。

「みにくいアヒルの子」は白鳥のように空を飛んでみたいと願うアヒルの子の物語ですね。

実はそのアヒルの子は白鳥の子でいずれ空高く飛べるようになります。

 

NiziUマヤさんはアヒルの子に自分を重ねて紙芝居を読んでいました。

その表現力にJYP社長のパク・ジニョンさんも驚きを隠せないでいましたね。

 

またNiziUマヤさんが「これから頑張るね」と言った矢先大好きだったおじいさんが亡くなってしまったとのこと。

NiziUマヤさんは夢に向かって頑張る姿、夢を叶える姿をおじいさんに見せられなかったことを悔やんでいました。

 

しかし、悲しんでばかりではいけない、おじいさんの為にも頑張ろうという思いも込めてこの紙芝居を読んだのです。

NiziUマヤさんがオーディションで披露した紙芝居はたくさんの思いを込めた紙芝居でした。

NiziUのマヤの経歴②前の事務所


NiziUマヤさんの経歴を遡ってみました。

中学を卒業後にダンスに専念するために上京し、他の事務所に所属していたことが分かりました。

ではNiziUマヤさんの前の事務所はどこだったのでしょう。

 

NiziUマヤさんの前の事務所は韓国でも大手のYG ENTERTAINMENT JAPAN」です。

なぜNiziUマヤさんは前の事務所を辞めてしまったのでしょうか。

 

NiziUマヤさんは「自分の良さって何なんだろう、私には何が足りないのだろう」と考えていたと語っていました。

きっとNiziUマヤさんは前の事務所にいた時も、悩み葛藤していたに違いありません。

 

NiziUマヤさんはオーディションで「みにくいアヒルの子」を披露しましたね。

そのアヒルに葛藤していたころのNiziUマヤさんが重なりますよね。

 

NiziUマヤさんの経歴から前の事務所に「YG ENTERTAINMENT JAPAN」が出てくるとは驚きました。

NiziUマヤさんにとって前の事務所を辞める事はとても勇気がいることだったでしょう。

しかし自分の良さを探し続けるために事務所を辞めることを選んだのはとてもすごいことですよね!

NiziUのマヤの経歴③オーディション曲


NiziUマヤさんの経歴で注目したいのはやはりNiziProjectオーディションです。

NiziUマヤさんはどんなオーディション曲でパフォーマンスしてきたのでしょうか。

NiziUマヤさんのオーディション曲をいくつかピックアップしました。

 

まずは東京合宿でのNiziUマヤさんのオーディション曲です。

ダンスレベルテストにITZY「DALLA DALLA

ここではJYP社長のパク・ジニョンさんから動きの小ささを指摘されキューブ獲得はなりませんでした。

では韓国合宿でのNiziUマヤのオーディション曲を見てみましょう。

個人レベルテストでNiziUマヤさんがオーディション曲として選んだのはMissA「Touchです。

動きを大きく見せることが出来るようになったNiziUマヤさんのダンスは惹きつけられるものがありましたね。

そしてチームバトルではTWICE「Feel Specialを披露しましたね。

「この曲の情緒的な歌詞とメロディーが自分たちの心境とすごく重なる」とNiziUマヤさんは言っていました。

NiziUマヤさんにとって大事な曲になったのではないでしょうか。

NiziUマヤさんのオーディション曲を振り返ってみると、どの曲も素敵な曲ばかりでしたね。

NiziUマヤさんがこの曲たちと共にレベルアップしていくのが見え感動してしまいました。

まとめ

NiziUマヤさんの本名や経歴、オーディション内容を調べてみました。

NiziUマヤさんは前の事務所を辞めたことが転機になってNiziProjectに参加していました。

 

NiziUマヤさんのオーディションからは心の優しさや芯の強さ、オーディションにかける思いが伝わってきましたね。

またNiziUマヤさんのオーディション曲はどれも素敵でした。

ついついもう一度見たくなる内容のパフォーマンスばかりです。

NiziUマヤさんについて詳しく知ることが出来るとさらに応援したくなりますね^^

スポンサーリンク

error: Content is protected !!