お兄ちゃんたちに気をつけて!42話最新話ネタバレと感想!ベロンティア邸へ訪問

お兄ちゃんたちに気をつけて!

「ピッコマ」連載漫画の「お兄ちゃんたちに気をつけて!」42話のネタバレと感想をまとめてみました!

ハリはドレスを新調して、ベロンティア邸へ招待されます。

お兄ちゃんたちに気をつけて!42話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒お兄ちゃんたちに気をつけてネタバレ一覧へ

お兄ちゃんたちに気をつけて!42話最新話ネタバレと感想!ベロンティア邸へ訪問

ユージンへ報告

ハリはユージンからきれいなバラの花束をもらいます。

そこでハリはユージンに、ロザリア・ベロンティアから招待状が来たことを報告しました。

ロザリアはハリと二人きりで話してみたいと言っているようで、ハリはその誘いを受けるつもりでいると言います。

ユージンは教えてくれてありがとうと答えました。

 

ハリは、ロザリアに会うため近いうちにドレスを新調しようと思うと言います。

ユージンは承諾し、外出する時は必ずエダンを連れて行くよう言いました。

ルイーゼと再会

ハリはルイーゼと待ち合わせをし、街へドレスを新調しに出かけます。

二人は再会を喜び合いました。

 

ルイーゼはハリの後ろにいるエダンに気付きます。

エダンはルイーゼのタイプだったようです。

ルイーゼは心躍らせながらエダンに名前や通信機の番号などを訊きますが、エダンは任務中に私的な会話にお答えできないと言いました。

エダンの態度に、ルイーゼはますます好きだと言うのでした。

 

そしてハリ達はブティックに入り、ドレスを選び始めます。

ラベンダー・コルディス

ハリとルイーゼは裾直しの前に休憩をします。

その時お店の中に、私を待たせるなんてどういうつもり!と怒鳴り声が響き渡りました。

エダンは追い払ってこようか訊きますが、ハリはとりあえず様子を見ると言います。

 

ハリにはこの声に聞き覚えがあるようです。

怒鳴り声の主は店員が止めるのを聞かず、ハリ達が休憩している部屋に無理に入って来ました。

その姿を見たハリは、やっぱりラベンダー・コルディスだと思いました。

時が巻き戻る以前、ハリを目の敵にしていたようです。

 

エルンストの噂は広いようで、ラベンダーはハリと初対面でもハリの名を知っていました。

ハリは、私とお喋りしたいなら、まずは自分から名乗るのが常識でしょうと冷たく返します。

以前のハリなら穏便に事を済ませようとしたはずですが、無礼な人には無礼で返すとハリは決めていました。

 

ラベンダーは名を名乗り、お会いできて光栄だと言います。

たまに後先考えずに行動してしまう時があるけど、心の広いエルンスト嬢なら許してくださりますよね?と図々しく続けました。

ハリは呆れながらも、お会いできて嬉しいと返します。

 

ラベンダーは、この無礼を挽回できる機会を今度くださいねと言いながら去って行きました。

ルイーゼは急に押し入ってきたラベンダーの態度に腹を立てています。

ハリは、目の敵にされてきたラベンダーがお会いできて光栄などと言ったことに疑問を抱いていました。

ロザリア・ベロンティ

時は流れて、ロザリア・ベロンティアとの約束の日が来ました。

ハリはベロンティア邸を訪れると、使用人達やロザベラから丁寧にあいさつされます。

 

ハリとロザベラはお茶会を始めます。

実はハリは以前からロザベラに憧れていました。

ロザベラは優雅で賢く、指の先まで気品で満たされている正真正銘のレディなのです。

だからこそ、近づきがたくもありましたが、今はそんなに近づきがたい気はしないとハリは感じています。

 

ロザベラはハリに、直接会ってお話してみたかったことと、実際に会うと想像と違ったことを話しました。

ハリはどんなところが想像と違ったか訊きます。

ロザベラは、馬車から降りて屋敷に入ってくるハリを見た時、まるで自分の叔母を見ているようだったと答えました。

ハリは自分は老けて見えたのかと内心驚きます。

 

ロザベラは、叔母はまさに本物の貴婦人であり、どんな時でも高潔で気品が漂っている方だったと説明し、ハリも叔母と大差がなくて感動すらしていると話しました。

その話を聞いたハリは安心しました。

 

ロザベラは、本当は今日が不安だったけどハリとは仲良くなれそうで安心したと言います。

これからは家族としてよろしくねと続けました。

お兄ちゃんたちに気をつけて!42話感想

ラベンダー・コルディスという新しい人物が登場しました。

ハリがラベンダーのことを良く思っていない気持ちと同じく、筆者も第一印象がとても悪く感じました。

なぜラベンダーはハリを目の敵にしてきたのでしょうか。

そして、2度目の人生のハリの初対面では、途中から丁寧にあいさつしたのも何か目論みがあるのでしょうか。

 

今後のラベンダーの行動にも注目していきたいと思います。

 

ロザリア・ベロンティアも初めて登場しました。

ユージンと婚約しているにも関わらず、一度もユージンと会ったことのないロザベラは、どのような態度でハリとお話するのか気になっていました。

しかし、とても優雅で優しそうな雰囲気で安心です。

 

でも、ハリは叔母に見えたということに引っ掛かりました。

ハリに礼儀作法を教えたのはレノルド夫人です。

ロザベラが言う、本物の貴婦人であり、どんな時でも高潔で気品が漂っている方とはレノルド夫人のことでしょうか。

何より、ロザベラとレノルド夫人が繋がっているとしたら、何だかとても危険な予感がします。

 

今後も何か一波乱起きるかもしれませんが、その時はうまく解決できるよう願うばかりです。

お兄ちゃんたちに気をつけて!42話最新話ネタバレと感想!ベロンティア邸へ訪問まとめ

今回は「お兄ちゃんたちに気をつけて!」最新話42話のネタバレと感想を紹介しました!

ラベンダーやロザベラに出会ったハリの今後の行く末はどうでしょうか、今後の展開に注目です!

⇒お兄ちゃんたちに気をつけてネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!