緑陰の冠ネタバレ77話最新話と感想!変化したルミエとランの居場所

緑陰の冠

「ピッコマ」連載漫画の「緑陰の冠」77話のネタバレと感想をまとめてみました!

ドワーフとの友情を結ぶことができて、大満足のラン。

宴でどんどんお酒を勧められてしまい…?

それでは「緑陰の冠」77話のネタバレと感想を紹介します!  

緑陰の冠ネタバレ77話最新話と感想!変化したルミエとランの居場所

ドワーフの強い酒

すっかり酔ってしまったランは、朦朧とした状態に。

ユスタフは族長に断りを入れると、ランを部屋に運ぼうとします。

ユスタフはこの場に残る必要があるからと、ランはルミエに運んでもらうことになりました。

ルミエの変化

ごろんとベッドに横たわるランを見て、微笑むルミエ。

もっと自分勝手になっていいとランは言いますが、恨まれたくないとルミエは答えます。

 

するとランは、ルミエの強さを素敵だと言って褒めました。

そしてルミエを恨むことはないと言い切ると眠ってしまいます。

 

そこへ現れたシアは、ルミエの行動に警戒感を現しました。

しかしルミエは、大切なランを傷つけることなどないと言って笑みを浮かべます。

ルミエの雰囲気が変化したことにシアは気づきました。

2人の帰る場所

目覚めたランは井戸で水を飲もうとすると、ユスタフがやってきます。

ドワーフ国での滞在を振り返るランとユスタフ。

仕事面だけでなくドワーフとの絆を深めることができ、大満足です。

 

ただ、やはり家が恋しくなったラン、

2人は自分たちの家があるラチアへと帰ろうと言いました。

陰の冠ネタバレ77話感想

久しぶりにランが酔っ払う場面を見ることができましたね。

ドワーフに失礼がないようにと、一生懸命飲むランがいじらしくて可愛いです。

ふわふわしている姿もいつもとは違い新鮮でしたね。

 

ランを送り届けたいユスタフでしたが今回はルミエに譲ることに。

酔っているからわからないと思ったのか、さりげなくおでこにキスをしていました。

もし意識がはっきりしている状態だったら、ランは恥ずかしくて真っ赤になったことでしょう。

 

ルミエはランの前でだいぶリラックスするようになってきましたね。

自然と笑みがこぼれるのも、ランを信用しているからこそ。

頭をなでて優しい言葉を言われたら、嬉しいにちがいないです。

 

シアが感じ取った雰囲気の変化とは、ルミエが柔らかくなったからではないでしょうか。

今までのように殺伐とした空気は全く感じられませんね。

 

酔いが冷めたランは、ユスタフとドワーフ国での滞在を振り返っていました。

ビジネスの話もうまくいきそうなので、またラチアは発展することでしょう。

 

ランは、ユスタフとラチアに帰ることを楽しみにしていましたね。

ラチアが2人の居場所なので、今後もずっと暮らしていて欲しいと思いました。

緑陰の冠77話最新話と感想!変化したルミエとランの居場所まとめ

今回は「緑陰の冠」77話のネタバレと感想を紹介しました!

ルミエの雰囲気が柔らかくなったのは、ランの影響でしょう。

これからさらに自分を出せるようになったらいいですね。

そしてようやくランたちは、ラチアへ帰るときがやってきました!

error: Content is protected !!