接近不可レディー

接近不可レディーネタバレ32話最新話と感想!テルゾの企み

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

聖なる力を使ったのかと聞かれたヒリス。

なぜ頬を赤らめて質問されるのかわかりません!

接近不可レディー32話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ32話最新話と感想!テルゾの企み

強い残り香

聖杯に力を流し込んだことを言われているのかと思ったヒリスは、それがどうかしたのかと返します。

エンリケは香りが少々強すぎると頬を赤らめたままで、ノートンもそれに同意し、ドアを開けての報告でも良いかと聞かれます。

締め切った部屋の中ではヒリスの力の痕跡に耐えられそうにないと遠慮がちに言われ、アクシオンからも危険な香りがすると言われたことを思い出しました。

 

確かにディエゴに比べれば香りは強気もしますが、残り香でそこまでの威力があるのかと驚きます。

香りに酔って気分が悪くなるという問題ではなさそうだと判断し、構わないと許可しました。

ネクタイのお返し

報告が終わり部屋に戻ったヒリスは、長い一日に疲れていました。

メイが訪れ、四季の森へ行った際にアクシオンから借りたネクタイはどうしようかと言われます。

彼女は誰の物かは知らないようですが、素敵なデザインの新品を選んで返した方が良いのではないかと提案します。

 

そんな関係ではないと背を向けても、メイはなかなか引き下がりません。

箱に入れておくように命じ、何度も同じことは言わせないでと言うと、ようやく言う通りに動きました。

メイの提案を断ったヒリスですが、頭の中にはアクシオンがネクタイを手首に巻いてくれた記憶が残っています。

揺れるカリキア家

屋敷を出たテルゾに明るく声をかけてきたのは、テルゾの従弟ビンセントとモンタナ家の娘コーデリアでした。

挨拶を交わしながら、カリキア家とモンタナ家の縁談はほぼ決まったようだと感じます。

コーデリアは跡継ぎであるため、ビンセントがモンタナ家に入ることになるだろうと推察しました。

 

ビオレッタの顔を見たら失礼すると言われ、近頃寂しそうにしていたからよろしくと微笑みます。

お役に立てればと微笑み返しながらも、コーデリアはどこかぎくしゃくしていました。

ビンセントは、ビオレッタの幼馴染であるコーデリアは、彼女が嫌うテルゾに対しても距離を置いて当然だと納得します。

 

二人と離れて一人になったテルゾは、ヒリスの訪問以来、長老たちが縁談を持ち込もうとしてくることに嫌気がさしていました。

ある部屋に入り本を開くと手紙が入っており、予想よりも早い返事だと感じます。

オークションにかけられたカリキアの血はテルゾの手の中にあり、そろそろ動き出す頃合いだと怪しい笑みを浮かべました。

接近不可レディー32話感想

ヒリスは自分の残り香の強さがわかりません。

カリキア家ではテルゾが何かを企んでいるようです!

 

エンリケがなぜヒリスの香りに反応し顔を赤らめているのかはわかりませんでした!

フェロモンかと思っていましたが、そうであればノートンが耐えられそうにないなどと言うはずがありません。

それでも女性からはいい香りと言われている印象があるので、はやくヒリスの異能の香りがどんな影響を持っているのか気になります!

 

ヒリスはアクシオンから借りているネクタイをどう返すか悩んでいるようですね。

メイの提案は素敵ですが、頑なに断るのはなにか意識するところがあるのでしょうか。

記憶が残っている可能性があるアクシオンなので、どう接触していくか決めかねているのかもしれません!

 

そしてテルゾは怪しい笑みを浮かべて何かを企んでいます。

マゴの登場を予想外と言い、ビオレッタのことも盗み見ているようなので、カリキア家に協力的な何かではないでしょう!

穏やかそうに見えるこういう人が一番何を考えているのかわからず恐ろしいです!

接近不可レディーネタバレ32話最新話と感想!テルゾの企みまとめ

今回は、「接近不可レディー」32話のネタバレと感想を紹介しました!

何かを企むテルゾ。

ヒリスに関することなのか、カリキア家内部のことなのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!