接近不可レディーネタバレ41話最新話と感想!パーティーの傷

接近不可レディー

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」41話のネタバレと感想をまとめてみました!

翌日アクシオンが訪ねてきます。

偶然を装い、ディエゴも2人の元に現れました!

接近不可レディー41話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ41話最新話と感想!パーティーの傷

アクシオンとのデート?

メイは気を利かせ、普段の応接間ではなく、庭にデート用の特別な席を設けていました。

ヒリスが向かうと既にアクシオンは来ており、御機嫌ようと爽やかに微笑みます。

昨日の件は解決したのかと聞くと、何もわかっておらず、カリキアの血との関連性も明らかになっていないようでした。

 

アメリエ家は、オークションで落とした動物が、知らぬ間に魔物に入れ替わっていたと主張しているそうです。

何か知っているかと聞かれ否定した時、偶然を装ったディエゴがにこやかに現れました。

なんの用かと聞くディエゴに、アクシオンは冷たくイノアデン家当主に用があるのだと返します。

諦めないディエゴ

相手にされないディエゴは不敵に笑い、四季の森に男女が2人きりで出入りするのは軽はずみだと言いました。

娘を持つ父親の気持ちを理解して欲しいとし、二度と行かない約束をさせようとします。

目を見開き黙るアクシオンですが、ヒリスは娘と思ったことも無いくせにとすぐに返しました。

 

よくそんなセリフが出てくると言い、イノアデンの醜いアヒルの子と言われるくらいだと自嘲気味に笑います。

取り繕うとするディエゴを遮り、客人の前だから思い通り動くと思えば大間違いだと言い切りました。

何をするにもディエゴの許可は必要なく、客人に失礼なことを言う資格もないと睨みつけます。

パーティーのショック

ガブリエルは一人で部屋に閉じこもり、婚約破棄のショックに泣いていました。

クリスから向けられた顔が忘れられず、ディエゴからは待っていれば大丈夫と言いますが信じられません。

自分の意見は誰も聞いてくれないと落ち込んでいると、ノックの音が聞こえリカルドが様子を見に来ました。

 

ガブリエルは一人でいたいと扉を開けませんでしたが、リカルドは無事だったことにほっとしました。

気を紛らわせようと外に出ると、ヒリスとアクシオン、そして怒るディエゴの様子が目に入ります。

激昂したディエゴがヒリスに手をあげようとした瞬間、おやめくださいと間に入りました。

接近不可レディー41話感想

ディエゴはヒリスとアクシオンが四季の森へ行くことが気に食わないようです!

ガブリエルもリカルドも、パーティーでダメージを負っていました。

 

ディエゴはヒリスが当主らしく振る舞うのが本当に耐えられないようですね!

いつまでも諦めずに邪魔を続ける姿は滑稽で、その執念深さは怖くすらあります。

今更父親面して、もっともらしい言葉を使うのも気持ちが悪いですね!

 

ガブリエルとリカルドはどちらもパーティーでのショックが大きかったようです!

特に悪い事をした訳でもないのは事実で、知らぬ間に婚約破棄されていたというのは可哀想な気もします。

ここから転落人生が始まるので、ガブリエルはさらに可哀想な子になっていくでしょう。

 

リカルドにヒリスを気にかける気持ちがあったことが意外でした!

それでも過去7回とも、大事なとこでヒリスを選ばないリカルドには、なにも期待する気持ちは起こりません。

父親からの暴力の盾になったのも、リカルドではなくアクシオンだと予想します!

接近不可レディーネタバレ41話最新話と感想!パーティーの傷まとめ

今回は、「接近不可レディー」41話のネタバレと感想を紹介しました!

客人の前でヒリスに手を上げるリカルド。

止めに入ったのは誰なのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

error: Content is protected !!