接近不可レディー64話最新話と感想!アクシオンの嫉妬

接近不可レディー

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」64話最新話のネタバレと感想をまとめてみました!

王の庭の光る装置によって4大家門に反感を持つ当主たちの会合の場に導かれたヒリスは、モンタナ家当主デボラを挑発するのでした。

「接近不可レディー」64話最新話のネタバレと感想を紹介します!

⇒「接近不可レディー」ネタバレ一覧と結末予想ページへ 

接近不可レディー64話最新話と感想!アクシオンの嫉妬

大人な対応

ヒリスが挑発すると、怖い顔をしながらも大人な対応をしたモンタナ家当主のデボラ。

四季の王への忠誠心はどの家門にも劣らない、ヒリスのことも忠誠を尽くしておむかえする、と言います。

他の家門達も次々と忠誠を誓い出す中、ヒリスは巨大な異能を流れを察知しました。

 

すぐにそちらへ向かったヒリスに、取り残された当主達は呆気に取られます。

しかし、現当主たちはいままでに増して素晴らしい異能を持っているようだ、と認めてくれているようです。

そんな中デボラは、バラの花びらを握りつぶし、恨んでいるような表情を浮かべるのでした。

クリスティアンの試み

クリスティアンは、イライラしながらヒリスのことを待っていました。

昨日散々な扱いを受けたので、わざと遅れてきてやったのです。

それにも関わずヒリスがまだ来ていないので、今度こそタダじゃおかない、と悔しそうです。

 

そこへ、アクシオンが通りかかりました。

挨拶もなく立ち去ろうとするアクシオンに、クリスティアンは話しかけます。

今日もヒリスさんと四季の森に行く約束をしている、中では霧が濃いので優しく導いてもらわなかったら迷うところだった、と。

 

その言葉にアクシオンは反応し、異能の力をまとわせるのでした。

2人とヒリス

アクシオンは、なぜヒリスは自分ではなくこの男と一緒に王の庭へ行くのだ、この男を消せば自分だけを見てくれるのか、と考えました。

そして、異能の力を使ってクリスティアンに攻撃を仕掛けます。

何とか凌いだクリスティアンですが、アクシオンとは違い、もう余裕がなさそうです。

 

そこへ現れたヒリスは2人を止め、そして立ち去ろうとするアクシオンの手をとりました。

そしてアクシオンについて行ったヒリスは、なぜ着いてきた、クリスティアンに会いに来たのではないのかと聞かれます。

ヒリスはゆっくりとアクシオンの顔に手を伸ばし、彼の所へ戻って欲しいわけ?と答えるのでした。

接近不可レディーネタバレ64話感想

アクシオンのこの反応は、嫉妬ですね!

クリスティアンを消せば自分だけを見てくれるのかと考えるほどに、ヒリスのことを想っているようです。

そして、そんなアクシオンに対して、クリスティアンのところへ戻って欲しいのかと聞くヒリスはいじわるですね!

 

しかし、ちゃんとアクシオンのことを追いかけてくれてよかったです。

クリスティアンは当て馬のような存在になって少し可哀想ですが、自分からアクシオンを挑発していたので自業自得でしょう!

白いクリスティアンと黒いアクシオンが並ぶと、ヒリスをめぐって対立している関係が際立ってカッコイイですね!

 

さて、クリスティアンのところに戻って欲しいのかと聞かれたアクシオンは、なんと答えるのでしょうか。

傷つき嫉妬した様子のアクシオンがこれからもヒリスを諦めないで欲しいのと、ヒリスがもう少し素直になってくれることを願います!

接近不可レディー64話最新話と感想!アクシオンの嫉妬

今回は「接近不可レディー」64話最新話のネタバレと感想を紹介しました!

ヒリスがクリスティアンと四季の森に行っていたことを知ったアクシオンは、戻って欲しいのかと聞くヒリスになんと答えるのでしょうか?

⇒「接近不可レディー」ネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!