seventeen(セブチ)スングァンの名言と口癖!

セブチスグァンの名言

seventeenのスングァンさんはグループ1のバラエティセンスを持っています。

単独でバラエティー番組に出演することもあり、出演者や視聴者を笑いの渦に巻き込むことも。

 

また、seventeenのスングァンさんは前向きで温かい気持ちを届ける言葉を紡ぐ人。

seventeenのスングァンさんの言葉に、周囲の誰もが助けられています。

 

そんなseventeenのスングァンさんの名言や口癖が知りたいですよね。

seventeenのスングァンさんの名言や口癖を集めてみました。

seventeen(セブチ)スングァンの名言

seventeenのスングァンさんは名言を多く生み出しています。

それは、seventeenのスングァンさん自身がアイドル好きだから。

ファンの気持ちがよく分かるので、ファンに寄り添った温かい言葉をかけてくれます。

 

seventeenのスングァンさんの名言を聞いて感動をするのは、カラット(セブチのファン)だけでありません。

seventeenのスングァンさんの名言は他のK-POPグループのファンからも絶賛されています。

seventeenのスングァンさんの名言を集めてみました。

僕は他人にしてもらったことを大きく捉え、自分がしてあげたことを小さく捉えます

人はしてあげたことをよく覚えていて、してもらったことはすぐに忘れる方が多いですよね。

seventeenのスングァンさんはそうならないように心がけるようにしているとのこと。

 

また、このseventeenのスングァンさんの名言には続きがあります。

それは「人との関係は常にgive and takeだけではない」というものです。

 

状況などによってはしてもらったことにお返しがしたくても、できないこともありますよね。

seventeenのスングァンさんの名言は、広い心や深い愛情が伝わって温かいです。

自分自身のマインドコントロールが必要ですね、僕が他の人を変えられるわけではないので

自分と違う意見の人と対立すると、相手の意見を変えたいと思う人が多いでしょう。

しかし、他人を変えることはとても難しいです。

seventeenのスングァンさんの名言は、芸能界とは関係ない私達にも考えさせられる深い言葉ですよね。

でも視点を変えると、とてもかっこよくて頼もしく思えてきました

このseventeenのスングァンさんの名言には前文があります。

「感情の起伏が激しくなるようなことはありません。ですがそれが時々じれったく感じることもありました。

僕の気持ちを分かってもらえない気がして。」

 

感情豊かな人は素敵ですが、時に周囲の人を巻き込みます。

seventeenのスングァンさんはむやみに人前で怒ったり泣いたりしません。

そんな時は感情を押し殺しているのかも知れませんが、自分を頼もしく思えるという言葉は素敵だなと思いました。

僕たち愛し合うことで忙しいのに。でしょ?

コンサートのMC中のseventeenのスングァンさんの名言です。

心無い言動でセブチやファンを傷付けるアンチや一部のファンに対し、無視をしましょうと呼びかけていました。

セブチとファンはお互いを信じて、そんな人達の言葉に耳を傾ける暇なんてないと明るく話していました。

 

このseventeenのスングァンさんの名言は他のK-POPグループのファンの間でもよく知られています。

そして「ファンを思うアイドルの鑑」「心強い」と多くの賛同を得ています。

seventeen(セブチ)スングァンの口癖

seventeenのスングァンさんの口癖は2つあります。

seventeenのスングァンさんの口癖の1つ目は「진짜(チンチャ)」です。

日本語で「本当?」とか「マジ?」の意味で、韓国では「ア~チンッチャ(本当もう!)」みたいに使われますね。

 

seventeenのスングァンさんはこの口癖をよく言います。

年上のメンバーが呆れたことをすると、「ア~チンッチャ」と言いながら眉を下げた表情をしていますよ。

また、同じマンネラインのバーノンさんとディノさんに対しても使ったりしますね。

 

チンチャはseventeenのスングァンさん以外もよく使う言葉。

覚えておくと何気ない会話で拾うことができ、「韓国語が理解できた」と嬉しくなりますよ。

 

seventeenのスングァンさんの口癖の2つ目は、네(ネ)、○○(名前)씨(シ)」です。

日本語では「はい、○○さん」となりますね。

MCを務めることが多いseventeenのスングァンさんならではの口癖です。

 

セブチのメンバーもseventeenのスングァンさんの口癖を真似ることがあります。

「ジョンハンシ」「ウォヌシ」とメンバー同士が呼び合うこともありますね。

 

相手を丁寧に呼ぶ言葉ではありますが、韓国では本当に丁寧に呼ぶ場合は名前だけでは呼びません。

上記であれば「ユンジョンハンシ」「チョンウォヌシ」と苗字もつけましょう。

まとめ

seventeenのスングァンさんの名言と口癖をまとめてみました。

seventeenのスングァンさんの名言は多くの人に刺さる、素敵な言葉ばかりですよね。

セブチを推していて良かったと思わせてくれる、seventeenのスングァンさんに感謝です。

 

また、seventeenのスングァンさんの口癖はK-POP初心者はぜひ覚えておきたいもの。

とても簡単ですし、特に○○シは日本でも○○氏と呼ぶので馴染みがあるものです。

これからもseventeenのスングァンさんの名言と口癖から、目(耳?)が離せません。

error: Content is protected !!