その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ28話最新話と感想!理想と現実

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」28話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユーリのおかげで元気を取り戻したメリッサ。

そして、ユーリに思いを寄せる最後の一人、ピーコック・メロディにであうのでした。

「その悪女に気をつけてください」28話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ28話最新話と感想!理想と現実

ヒロインを愛する4人の男

主人公が憑依した恋愛小説「愛するアイツら」には、男主人公が4人登場し、ヒロインとの恋に落ちます。

この小説には、ときめきポイントが沢山の、濃厚なキャラばかりが登場します。

メリッサの婚約者である皇太子のイアンは、優しくてダンディなイケメン剣士。

 

メリッサの弟ジェイクは、物静かでクールなギャップ萌えイケメンスナイパー。

ジャックはワイルドな異種族のイケメン狼人間。

そして、最後の一人がピーコック・メロディでした。

 

ピーコック・メロディは、ユーリに対して捧げるのは愛の歌だけではないと言い、なかなか手に入らないローズジュエリーも用意したと言います。

ユーリは露骨に困ったような顔をしていました。

帝国最大規模の貿易商「クジャク」のトップでイケメン大富豪のピーコック・メロディは、4人のイケメン男性キャラの中でも、特に濃厚なキャラだったため、読者の中では一番の人気だったのです。

 

愛読者だった主人公も、手を合わせて、1文字ずつ食い入るように読んでいたくらいに、ピーコックが登場する場面を特に好んでいました。

お気持ちは嬉しいですがそんな高価なものは受け取れないとユーリは柔らかくお断りするのですが、クッキーよりも安価なものだと言って引き下がらないピーコック。

 

どう断れば良いかと困惑しているユーリを見て、メリッサは、この男もクズキャラかと幻滅するのでした。

ユーリの痛々しい対応に、メリッサは涙します。

ユーリ!!、とそんな痛々しい様子にメリッサは涙します。

 

ユーリが嫌がっているのを、ピーコックはまったく気にも止めませんでした。

私だったら宝石でぶん殴る判断をするとメリッサ。

それをしない賢明な選択をするユーリに、心で拍手をするのでした。

空気が読めない男への対応

美しい宝石の山に埋もれてしまえばいい…と、壊れかけたユーリはついにぽつりと言葉にし始め、メリッサは後ろから抱きしめて口をふさぎ、止めにかかります。

ユーリの賢明な対応に拍手をしたメリッサでしたが、ユーリが壊れたと、拍手を取り消すメリッサ。

 

ピーコックの性格上、適当にあしらうのは危険な行為。

正面から抱きしめて、ひとまずユーリを落ち着かせます。

でも、ここまで盛大なアプローチを、他の人に見られて恥ずかしくない人なんていないとメリッサは冷静に考えます。

 

しかも、こんなアピールをされるのは今回が初めてではないだろうし、ユーリの忍耐にも限界を感じました。

ピーコックは穏やかな雰囲気を醸し出し、メリッサに話しかけます。

一見穏やかに見えますが、かなり厄介なキャラ。

 

中身は腐りに腐った執着心の強い腹黒ヤンデレキャラなので、変な態度をとれば、「愛するアイツら外伝バッドエンディング」となってしまうのです。

絶対に今、ピーコックはメリッサをどうやって排除しようかと考えているに違いない。

 

そんなことを思ってしまうメリッサは、ユーリを抱きしめながらヒヤヒヤトしました。

抱きしめられているユーリは、段々と我に返るのですが、メリッサに抱きしめられていることに、赤面状態です。

ピーコックに、あなたは誰?と聞かれたメリッサは、ノリノリで切り出しました。

 

権力、お金、闇をまき散らす、キュートな悪女!手に負えない令嬢!メリッサ・ポジェブラト!と、いたって真面目にポーズを決め、その光景を隣で見ていたユーリは思わず吹き出します。

メリッサの対応にピーコックはドン引き。

メリッサはピーコックにライバル宣言をし、ピーコックはよく分からない状況に困惑するのでした。

メリッサがやるべきこと

監禁などの狂った犯罪行為を行うピーコックを、小説だという理由から最高すぎると熱狂していた愛読者ではありましたが、メリッサに憑依した主人公は、そんな自分を殴りたい気分でした。

そして、今までに出会ったポンコツなメンズたちを整理します。

 

浮気の常習犯の皇太子イアン。

よく喋る小生意気な弟ジェイク。

突然空から降ってきて、人の家を荒らす狼人間のジャック。

 

最後は財力自慢がウザい執着男のピーコック。

小説では、ヒロインのユーリは逆ハーレムなエンジェルだと思っていましたが、ここではある意味被害者です。

このまま狙われ続けるのは絶対にダメだと、メリッサは思います。

 

しかし、ポンコツである彼らは、表では社会的には一応有力者です。

平民出身で男爵の養女であるユーリは、社会的権力にはかなわないのでしょう。

悪女として評価の低いメリッサではありますが、主人公自身は大きな問題を起こしたことはありません。

 

4人がメリッサに対して行った言動を振り返っても、いい男になるとは思えず、現に今もユーリはピーコックに対して拒絶反応を示しています。

メリッサは、ユーリを守るために、害虫駆除をしなければいけないと考えました。

マナーのない奴が近づいてこないように、ユーリは私が守ると、メリッサはピーコックに宣言します。

 

メリッサの発言に、ユーリは楽しそう。

そして、頬を赤らめてメリッサを見つめるのでした。

2人の光景を目にして、ピーコックは唖然とします。

 

「それじゃ!」とバルコニーの窓を閉めるメリッサ。

言葉にならない言葉で外で喚くピーコック。

室内ではユーリが笑い転げるのでした。

 

ピーコックをユーリから引き離せば、ナインの口の治療もユーリにお願いできるかもしれない、とメリッサは考えていました。

しかし、メリッサを見つめるナインは相変わらず浮かない顔をしています。

ナインの目に涙が浮かんでいるのに気づいたメリッサは、困惑するのでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ28話の感想

恋愛小説の中のイケメン男性4人は、どの男性も魅力的なキャラクターだったようですが、実際にはメリッサが思い描いている人物とは違っていたようです。

そして、ストーリーの展開と実際のキャラクターの心境も違っている感じがして面白いです。

 

しかも、中でも一番クセのあるピーコックに対しては、メリッサはなかなか手厳しいです。

今までの3人よりクセの強いキャラクターですね。

メリッサは、ユーリから見ると悪役なのですが、ピーコックからユーリを守ろうとするメリッサは、悪役と言うよりもヒーローに見えました。

 

ピーコックにライバル宣言をしたメリッサでしたが、今後この2人はどんな展開を繰り広げるのでしょうか。

ユーリの無邪気な様子は、天使のヒロインそのものだと思いました。

 

室内にて笑い転げるシーンも、無邪気だなと思いました。

ナインは泣き顔になってメリッサを困惑させていましたが、どうして泣いていたのか気になります。

ナインの舌も、治してもらえるといいなと思います。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ28話最新話!理想と現実のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」28話のネタバレと感想をご紹介しました!

ピーコック・メロディはユーリを慕う4人の男性の一人で、彼もまたメリッサから見てくせ者の一人でした。

4人みんなポンコツに見えるメリッサは、ユーリのために4人からヒロインを守ろうと決めるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!