その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ29話最新話と感想!ピーコックとの決闘

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」29話のネタバレと感想をまとめてみました!

ピーコックのアプローチを限界に感じているユーリを、メリッサはライバル宣言をすることで守り抜くことが出来ました。

しかし、執事に戻ったナインは突然泣き出してしまうのでした。

「その悪女に気をつけてください」29話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ29話最新話と感想!ピーコックとの決闘

ナインの様子

目を大きく見開いて、呆然とメリッサの前で立ちすくんでいるナインに、メリッサは不思議に思いました。

ピーコックとの一連の出来事を見たナインは、メリッサはユーリのことが好きなのだと解釈していました。

 

自分のことを放っておいて、ユーリと愛し合うメリッサの姿を想像していたのです。

メリッサのピーコックに対する宣戦布告は、ナインにとって衝撃的な光景でした。

メリッサが、ナインの位置なった歯をしてもらうためにユーリに恩を売っているなんて、ナインは気づいていません。

 

どうしてナインが涙目になっているのか、理解が出来なかったメリッサ。

ナインは、泣き顔のまま部屋を飛び出していてしまいました。

あれ以来ナインの様子がおかしいと、メリッサは考えます。

 

特に、メリッサとユーリが一緒にいるところを見るともの悲しそうな表情になりました。

ナインの態度に困惑しながらも、メリッサは原因を考えます。

ナインのことも気になりましたが、メリッサにはほかに、収拾するべきことがありました。

ピーコックとの対決

メリッサに降りてきてほしいと、バルコニーの下から相変わらず高そうな服で着飾ったピーコックが話しかけますが、用があるならそこで言えばと冷たくあしらいます。

現在微妙な関係にあるピーコック一行とエリザベル家。

 

最強の魔術師である彼らは、ただでさえ部外者を歓迎することはなく、大切なユーリにしつこくつきまとうピーコックらも例外ではありません。

この領地内という無法地帯で放っておくわけがないことから、ピーコック一行は派手な行動には出ず、屋敷の前でテントを張って、男爵家がどのように出てくるのかをうかがっていました。

 

男爵家の者たちも、家の前を勝手に占拠されたのが気に入らない様子でしたが、帝国最大の貿易商「クジャク」のピーコックを相手に、無下に追い払うことはできませんでした。

ピーコックをへたに刺激して、食料などを調達するルートが途絶えないように、対応しなければいけません。

 

長期戦になればピーコックが優勢な状況な中に、メリッサが現れたのでした。

苛立ちを押し殺しながらも、ピーコックはメリッサにお願いをします。

そこまで言うならと、馬鹿にしたような笑いのメリッサに、ピーコックもひきつった笑顔を返します。

 

ヨナとナインを連れて、下に降りるメリッサ。

メリッサはピーコックに喧嘩を売った時から、反撃をしてきたら相手をするつもりでいました。

メリッサを心配するユーリ。

 

しかし、ピーコックの姿も見せたくないし声も聴かせたくないと考えるメリッサ。

そのうえ、一緒に下まで降りて誘拐でもされたらたまったものではありません。

大丈夫とメリッサは言います。

 

そして、片付いたらお願いを聞いてほしいと言い残し、メリッサは向かいました。

メリッサのお願い事がナインのことだとは知らないナインは、胸が痛みます。

メリッサのお願いは絶対と言わんばかりに、ユーリは嬉しそうに頬を染めて返事をするのでした。

 

改めてピーコックは自己紹介をします。

全身ブランドものだらけのピーコックに、メリッサは呆れてため息をつきます。

用件をさっさと行ってほしいとメリッサ。

 

表面上は笑顔のピーコック。

しかし、笑顔と一緒に威嚇するような威圧感を感じます。

ピーコックの圧に負けないように、メリッサは当初の計画を思い返しました。

 

ユーリとピーコックが会うのを阻止して、メリッサが出ていくのは、ピーコックの執着心が原因でした。

ピーコックは、自分の「愛する人」に対して監禁、暴力、関心などを行います。

愛情を持たないものには無関心ですが、執着すれば骨でも愛でるという、少し重たく変わった趣味を持っていました。

 

メリッサに向ける決闘の申し込みに、メリッサは勝つ自信しかないと、にやりと笑います。

決闘は、肉弾戦なのかと思っていたメリッサですが、ピーコックに決闘の内容を勝手に決められてしまうのでした。

そして、決闘の前に、お互いにかけをしようと言うピーコック。

 

ピーコックの首と言うメリッサ。

しかし、メリッサの首はいらないとピーコックは言います。

メリッサは、ユーリをかけた決闘なのかと、ピーコックを睨みつけるのでした。

決闘の内容

賭けの対象がユーリなら、こいつは本当にただのクズだと思うメリッサ。

ユーリは物じゃないといいます。

 

そして、勝利にユーリをと言われる前に先手を打って釘を刺しました。

図星な様子のピーコックは、しばらく震えてしゃがみ込みますが、すぐに復活します。

 

そして、「賭けの対象は負けたほうがリプトンを去ること」に決定しました。

ピーコックの望みの種目をメリッサは尋ねます。

さすがに、自分が有利になる種目は選ばないだろうと思っていました。

 

しかし、ピーコックが提案した種目は、『この世で最も高く希少価値のある物』をそれぞれ買ってきて、相手が何を買ってきたのか先に当てた人が勝ちと言うものでした。

自信満々に種目を宣言するピーコックに、想像以上のクズだとメリッサは呆れた顔で見るのでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ29話の感想

ピーコックの衣装が相変わらず綺麗です。

見るからにお金持ちだと言うのが分かりますね。

 

そして、クズ男なのですが、作画がきれいなのもあるのかやはりイケメンですね。

見掛け倒しと言う感じなのでしょうけど…。

 

4人のイケメン男の恋路を邪魔する悪役と言う立場のメリッサだと思っていましたが、ユーリが傷つかないように守ろうとするメリッサは、優しくて男前ですね。

4人のイケメンを撃退しようと思っているところは、設定通りな感じがしますね。

ユーリにとったらメリッサはナイトのような存在なのでしょう。

 

でも、その一方でメリッサが考えていることを知らずに誤解をして悲しんでいるナインが可愛いです。

ピーコックが仕掛けてきた勝負の内容に、プライドのかけらもないのだなと思ってしまいましたが、メリッサはどう切り抜けるのか楽しみです。

小説の内容から、策を見つけるような感じがしますね。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ29話最新話!ピーコックとの決闘のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」29話のネタバレと感想をご紹介しました!

ピーコックは、メリッサに決闘を申し込みました。

肉弾戦をするのかと思っていたメリッサでしたが、決闘の内容はピーコックにとって有利な内容だったので、達観して呆れるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!