その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ32話最新話と感想!決着とお願い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

メリッサの罠にまんまとハマったピーコック。

騙されたと激怒するピーコックに、メリッサは睨みつけ返しました。

「その悪女に気をつけてください」32話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ32話最新話と感想!決着とお願い

ピーコックと言う人物

にらみ合うピーコックとメリッサを、ユーリは笑顔で遮り、再戦が始まります。

メリッサが質問する番になり、宝石の色は青色と問いました。

後ろで控えていた専属執事のナインは、前回の質問が宝石の色はピンクと聞いていたメリッサを思い出します。

 

ピンクは自分の目の色、青色は自分の髪の色だと気づき、自分の色を言っているのだろうかと考えて赤面するナイン。

青だったらいいなと考えるメリッサでしたが、答えは「いいえ」でした。

しかし、ピーコックは嘘をついていたのです。

 

嘘はダメだとユーリは素晴らしい笑顔で指摘しました。

ユーリに指摘されて激しく動揺するピーコック。

そんな彼にメリッサはさらに、どうせすぐバレるのにと容赦なく言い放ちました。

 

ピーコックは頭脳派な設定のはず…と、メリッサは思うのですが、そこでふと気付きます。

ピーコックが「頭脳派」であるというのはあくまで小説の設定であること。

しかし、物語の中でピーコックが頭の良さを見せた場面は特にありませんでした。

 

ピーコックが帝国最高の富豪になったのは、自身の頭脳ではなく、後の3人による補正のおかげで、全ての問題が簡単に解決したのです。

「頭脳派」という設定なだけで、本当に賢いのかと言われれば、ピーコックは実際は賢くないキャラだと言うことになります。

4人の男たちがイメージとだいぶ違っていたことにここでメリッサは納得するのでした。

 

小説の中の人物達と実際に接してみて、メリッサは思います。

彼らが意外にも卑怯でマヌケなのは、作家によるお粗末な設定が原因なのだと。

皇太子イアンの設定も、ヒロインに一途に想いを寄せる姿は描かれていましたが、嫌いなメリッサとの婚約破棄を拒否する姿は描かれていません。

 

青い宝石なんて何種類もあるんだから、嘘つく必要はないとメリッサはピーコックに言います。

ピーコックがほんの少しだけ哀れに思え、同情心からの発言でした。

その後もピーコックはメリッサの答えを当てるために、何通りもの質問をしますが、メリッサの答えは全部「いいえ」で、全く検討もつかず、途方に暮れてしまいます。

 

一方でメリッサは、青い宝石で、伝説に出てくるもの、そしてかなりの大きさである、という情報を当てていました。

小説の内容を知っているメリッサは、大体の予想がついていました。

小説の後半でピーコックがユーリにプロポーズしながら渡す宝石があるのですが、それが質問の答えに当てはまっていたことから、確信に近づいていたのでした。

明かされる正解

いくつも質問をしたのち、メリッサは確信したので、別名『たった1人の波乗りお嬢様』のブルーダイヤモンドと、正解を当てました。

そして、イヤイヤながらピーコックは負けを認めます。

 

「よっしゃ!」と叫ぶメリッサに、ヨナからの『よっしゃなんてとんでもない』という視線に気づき、慌てて咳払いしました。

正解を当てたので、勝敗はもう決まっているのですが、まだだと言ってピーコックは引きません。

 

本当に高価で希少なものなのかこの目で確かめると叫ぶピーコック。

そんな彼が見苦しく見えるメリッサは、今すごくカッコ悪いと冷めた目で言いました。

ピーコックのお望み通り、箱の中を見せるメリッサ。

 

中に紙切れ一枚だけが入っている様子を見てピーコックはメリッサに詰め寄ります。

この紙切れが高価で希少なもなのかと詰め寄るピーコックでしたが、その紙には正解が書かれてありました。

本物を箱に入れるわけにはいかなくてとメリッサが答えます。

 

まだ中身を見ていないのなら、私たちが紹介いたしますとヨナが説明を始めました。

この世で最も美しいものは輝く宝石?と言うヨナに、宝石は私の美しさにには敵わないとメリッサ。

この世で最も尊いものは莫大なお金?とナインが紙に書いて掲げれば、大金よりも私の方が尊いと言います。

 

私に値段などつけられないと微笑むメリッサが用意した、最も高価で希少なものとは、自分自身のことでした。

箱の中に本物を入れるわけにはいかない理由が分かります。

反則だとよろけるピーコック。

 

しかし、自分自身を正解にしてはいけないルールはないとメリッサは言います。

人の価値が宝石に劣るとでも言いたいのかしらと、サラリと言い放つメリッサは、さらに、いくら性格が悪くても、好きな人の前でこれ以上の醜態は晒したくないだろうと推測しました。

 

これで勝負は終わったと確信するメリッサ。

予想通り、ピーコックはそれ以上何も言えません。

勝負に買ったメリッサは、とっととピーコックを追い払うのでした。

メリッサの本題

夕焼けの空の下。

約束通り、ピーコック一行がテントの解体などの撤収作業を進め、撤退の準備をしていました。

 

このスピードなら今日中にリプトンから出ていきそうとバルコニーから眺めているメリッサ。

ユーリは飛び出してきて、メリッサに感謝の気持ちを伝えました。

 

頭を下げるユーリにメリッサはとんでもないと言います。

メリッサのおかげで、一生分笑ったとユーリは嬉しそう。

勝負の間中もユーリはかなり笑っていました。

 

ユーリの笑顔を見ることが出来たメリッサも、満たされた気持ちになります。

これからどうするのか尋ねるユーリに、そろそろ帰ろうかなと答えるメリッサ。

それを聞いたユーリはちょっと考え込む様子で、メリッサの名前を呼ぼうとしたのですが、それよりも先にメリッサがユーリに本題のお願いを切り出しました。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ32話の感想

勝負はやはりメリッサの圧勝でした!

勝敗の結末は想像できても、どうやって勝利するのかすごく気になっていました。

 

メリッサがする質問に対し、顔を赤くするナインも可愛かったです。

メリッサの正解は宝剣だと思っていましたが、途中で考えを変えたのでしょうか、自分自身を正解にするのは考えたなと思いました。

ピーコックよりも断然メリッサの方が頭脳派ですね。

 

頭脳は設定のピーコックですが、あくまでも設定なだけで、本当に頭脳明晰であるかと聞かれればそうでもないと言うのが可哀そうに思ってしまいました。

でも、メリッサに負けるところはやはり設定通りですね。

 

ヒロインのユーリは相変わらずかわいくていい子です。

メリッサは最後にユーリにお願いをしましたが、ついにナインのことをお願いするのでしょうか。

ナインの誤解も解けるのか気になりますね。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ32話最新話!決着とお願いのまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」32話のネタバレと感想をご紹介しました!

ピーコックに勝利したメリッサ。

ピーコックはリプトンから撤退し、メリッサは最後にユーリにもう一つのお願いを告げました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!