その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ48話最新話と感想!物語の駒

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

ヒロインのユーリが行方不明になり、一生懸命探すメリッサ。

すると、メリッサの愛犬を通してその犯人は姫を助けに来いと話すのでした。

「その悪女に気をつけてください」48話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ48話最新話と感想!物語の駒

ミゼン・フォトン

ユーリをさらった犯人はミゼン・フォトンでした。

このキャラクターは、長髪のイケメンとしか原作には書かれておらず、悪役ではありましたが、しかしメリッサとは違い、かなり読者に人気があったキャラクターです。

フォトン家の一番手で次期首長に認められていたミゼンは、ナインの双子の兄でもありました。

 

この2人が兄妹だと言うことは、小説では描かれていなかったのです。

ミゼンの腹黒い性格は、ピーコックと若干キャラが被っていましたが、クズキャラ感を全面的に出しているところが読者には人気がありました。

ユーリがフォトン家の次期首長に誘拐されたことを目覚めたジャックに説明をするメリッサ。

 

すると、ジャックは冷や汗をかきます。

メリッサの中でも、ジャックがミゼンに勝てるとは思ってもいませんでしたが、小説ではユーリが誘拐されたことをきっかけに、ジャックは覚醒し、ミゼンに勝利するのでした。

ジャックが覚醒する時期は雪が降る時期の話だったと考えるメリッサ。

 

秋になったばかりなのに覚醒するには時間足りなくないかと、メリッサはさらに難しい顔をして悩みこみました。

きっと罠だと言うヨナ。

小説では、ユーリが誘拐されたことが分かったジャックが単独で助けに乗り込むのですが、今回はポジェブラド家で誘拐されたため、家族に知らせるのが道理だとメリッサはエリザベス家に連絡を入れていました。

 

ユーリを守りきることが出来なかった責任を感じ、メリッサも一緒にユーリを助けに行くつもりでいたのです。

魔術師のユーリをさらったミゼンなら、魔術師を阻止する結界も張っていると予想されました。

つまりメリッサは、私たちがいかなければいけないと思い、みんなを見渡します。

選抜メンバー

メリッサは、給料を倍にすることを約束し、ヨナもメンバーに加えるのでした。

ジャックは最初から着いてくる気でした。

 

ミゼンに出くわしてから顔色がよくないナインを心配するメリッサでしたが、ナインは心配するメリッサに大丈夫と答えます。

そして、自分を追放した狼人間の仲間たちが住む森に、ナインとジャックが向かうことになり、メリッサ達は作戦を考えながら目的地へと移動することになりました。

チェスの駒

ユーリにしか聞こえない声が聞こえてきます。

その声は、この小説の物語が変わってきていると言いました。

ユーリもこの小説のことを知っている様子。

 

どうして元に戻そうとしないのか問われるユーリ。

ユーリは、ありきたりなこの物語が崩れていることに満足していました。

透明で光る箱のようなものに閉じ込められて体育座りをしているユーリの側では、ミゼンが機嫌よく、宙に光る文字を書いています。

 

シナリオ通りなら、あの男が私をさらうにはまだ早いと、ユーリは展開を把握していました。

本来であれば、この物語にはナインは登場することはなかったキャラクターでした。

ナインがイケメンなのにエキストラ枠と言うことが分かります。

 

その展開も、メリッサが拾うことで変わってしまったよう。

ユーリはヒロインなので、男たちの心をすべてわしづかみにしなければならないと謎の声に言われますが、嫌気がするほど愛されてきたからもういらないと反論します。

ユーリが謎の声と会話をしている様子をミゼンは全く気にしていない様子。

 

ユーリはミゼンのこともただのチェスの駒で私と同じ操り人形だと言います。

そして、メリッサの性格が変わったことをユーリは不思議に思っていました。

同じようなチェスの駒であり、作られたこの世界に合わせて回り続ける歯車のような存在のはずなのに、思っていたキャラクターとは全然違い、予想外の行動ばかりを繰り広げるメリッサ。

 

本来のメリッサの設定では、ユーリを馬鹿にしたり、平手で打ったり、飲み物でユーリのドレスを汚したりするキャラだったのです。

キツい顔立ちをした公爵家の娘であるワガママなメリッサの行動に誰もが悪女と呼んでいました。

そんなメリッサの姿をユーリは皇太子の胸に抱かれながら見て、陳腐なハッピーエンドを迎えるのが、この物語の流れ。

 

それが、今回は全然違い、いきなり展開が変わった理由をユーリは考えました。

ヒロインならそれらしくしろと声はユーリを責めます。

舞踏会に行くことやお茶会を開いたこと、誘拐されることなど、いつも色々と囁いて運命を定める声はユーリにだけ聞こえていたのですが、その正体をユーリは知りません。

 

本当に私がヒロインなのかと呟き、違うかもしれないとユーリは考えます。

メリッサがあんなにも自由でいられることが、ユーリにとって不思議なことでしかなかったのでした。

もしかしたら、今回助けに来るのは血まみれのジャックじゃないかもしれないと、メリッサが助けに来るシーンを考えると、顔が熱くなるのを感じるユーリでした。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ48話の感想

ナインは、本来なら登場するはずではなかったキャラクターだったのですね。

そして、悪役のミゼンがナインそっくりなイケメンで、双子の片割れだったことにも驚きです。

 

メリッサは本来はナインを助けたりしないだろうから、あのまま出番がなくストーリーが進んでいくはずだったのでしょう。

ナインが生きてメリッサの側にいることから小説の展開は大きく変わっているのかもしれませんね。

 

ユーリは自信にしか聞こえていない謎の声があるようですが、ユーリだけではなくほかのキャラクターにも、自身にしか聞こえていない声があるのでしょうか。

メリッサとナインの今後の2人の関係についても気になりますね。

いろいろと誤解しているような感じがします。

 

ユーリはこの物語のヒロイン枠ですが、なにやら謎めいたキャラクターだなと思いました。

後々、誰かがメリッサに憑依していることもユーリに分かるのでしょうか。

ユーリの呪いについても気になりますね。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ48話最新話!物語の駒のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」48話のネタバレと感想をご紹介しました!

本来の展開では、誘拐されたユーリをジャックが一人で助けに行くものなのですが、責任を感じたメリッサも一緒に行くことに。

定められた運命がずれていっているのを感じているユーリは、今回助けに来るのはメリッサかもしれないと期待していました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!