その悪女に気をつけてください

その悪女に気をつけてくださいネタバレ6話最新話と感想!貫く悪女

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「その悪女に気をつけてください」6話のネタバレと感想をまとめてみました!

イアンと婚約破棄をしたくてたまらないメリッサですが、イアンはかたくなに拒みます。

イアンの不倫相手・リンダが起こしたハプニングによって、メリッサは悪者になり、護衛によって部屋から追い出されてしまうのでした。

「その悪女に気をつけてください」6話のネタバレと感想をしていきます。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ6話最新話と感想!貫く悪女

メリッサが考えた結論

今のメリッサにとって最低な男・イアンを今後どうするかを考えに考え抜いた結論として、この世から葬り去る決断を下しました。

これは決して私情を挟んだ結論ではない。

 

メリッサは自嘲します。

確かに、婚約者には浮気を見せつけられ、浮気相手の前で馬鹿にされ、メリッサが一方的に暴れたと誤解され、兵士には皇宮から追い出されてしまいました。

 

メリッサが城を出ると、待っていた御者には「またか」という冷めた目で見られる始末。

けれど、メリッサは自分は悪くないと確信していました。

あのイアンが即位すれば、帝国は間違いなく滅びるだろう。

 

政治をめちゃくちゃにしても「私のことを愛しているだろう?」と、曇りないイケメンの笑顔で言うイアンが想像できます。

そんなイアンも、小説の中でヒロインのユーリに出会うことで改心することになっているのですが…本当にそうなるのか疑問です。

 

今のイアンを知ると、ヒロインのユーリでさえ拒むのではないかと想像してしまうメリッサ。

人が密集していて避けられないような社交の場で、イケメンの笑顔で微笑みかけてくれるなど、イアンはごくまれにメリッサにも優しくするときがありました。

 

そんなさりげないイアンの行動から、メリッサはずっと勘違いしてきたのです。

イアンも自分を愛しているのだと…。

けれど、イアンはずっと浮気現場を目撃させる行為を行い、メリッサの純粋な心を踏みにじってきたのです。

 

そんなクズな男とユーリが本当に出会って純粋な恋愛をするのでしょうか。

悪女を貫くことを固く決心し、この世から排除するしかないと考えるメリッサ。

その時のメリッサの顔は、まさに悪女そのものでした。

怯える御者

屋敷の前に到着すると馬車を止め、到着を知らせるために扉をあけた御者は、さっきたっぷりのメリッサを見て怯えました。

思わしくない不穏な単語を暗い顔で呟き続けるメリッサ。

 

爪を噛み、あらぬ方向を見てブツブツと独り言を言うメリッサの恐ろしさはハンパなく、御者は小さく悲鳴を上げました。

ふと、扉から入る陽光に我に帰ったメリッサ。

 

ようやく屋敷に到着していたことに気が付きました。

御者の手を借りて、馬車を降りるメリッサ。

しかし、御者の手が震えていたことに疑問が浮かびます。

 

御者はメリッサのことを心配そうに、とても言いにくそうに声をかけました。

物騒な単語を並べていたので、どんな人であれそのような行為をすることはどうかとと、思い切って発言する御者は、クビになることを覚悟していました。

しかし、そんな御者にメリッサはクスリと笑います。

 

優しく笑ったつもりだったメリッサでしたが、その顔は悪女そのものの笑みを浮かべて見えました。

あんたじゃないから安心して、と伝えるための笑顔でしたが、残念ながら御者には伝わっていません。

 

御者はメリッサに命乞いをします。

しかし、土下座する御者を前にメリッサは言葉を失います。

迎えに出てきたメイドも、メリッサと御者の状況を目撃し、どんな状況なのか把握することが出来ずにいました。

公爵にお話し

書類仕事をしていたメリッサの父親・ポジェブラト公爵。

扉をたたく音が聞こえ、顔を上げました。

 

扉の向こうにメリッサがいることを確認した公爵は、時間が欲しいと言うメリッサの要望に、小さく返事をします。

侯爵はメリッサをよく思っていなかったので、話を聞くと言っても友好的な態度ではありません。

険しい表情でメリッサを見下ろしました。

 

険しい顔つきや金色の目、偉そうな態度はやはり親子だと言ってもいいと思います。

冷たくストレートに用件だけを聞く公爵。

メリッサの用件とは…。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ6話の感想

メリッサの考えた末に出した結論は、本当に恐ろしいと思いました。

それと同時に、イアンのことが本当に嫌いなんだなと感じました。

 

そんなクズ男のイアンですが、ユーリに出会うと改心するようなので、ユーリには人を変えるほどの魅力を持っているのでしょうか。

完全なる誤解なのですが、怖い目にあってしまった御者はメリッサの怒りの火の粉を食らってしまいましたね。

恐怖におびえる姿がコミカルで面白かったです。

 

コミカル要素が入っているので、恐ろしい策略に少し暗い展開に感じましたが、重たく感じませんね。

メリッサは今作の主人公ですが、小説の中では悪役だと言うことをたまに忘れてしまいます。

 

メリッサの父親が久しぶりに登場してきましたが、やはり冷たい態度です。

メリッサはなにやらお願い事をするのでしょうか。

メリッサの要望が父親にすんなりと受け入れらるのかは怪しいですね…。

その悪女に気をつけてくださいネタバレ6話最新話!貫く悪女のまとめ

今回は「その悪女に気をつけてください」6話のネタバレと感想をご紹介しました!

イアンをどうしてやろうか考えた結果、メリッサは恐ろしいことを思い付き、実行することを決心しました。

メリッサは何か要望があるようで、父親に会いに行くのですが、相変わらずの冷たい対応をされるのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!