私を溺愛する2番手男キャラを育てましたネタバレ4話最新話と感想!ユリナ・カルティアという存在

私を溺愛する2番手キャラを育てました

「ピッコマ」連載漫画の「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」4話のネタバレと感想をまとめてみました!

警戒心を露わにし入浴を拒否するレイノードに対し、ユリナは事実を隠さず告げました。

「ピッコマ」連載漫画の「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」4話のネタバレと感想を紹介していきます!

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたネタバレ4話最新話と感想!ユリナ・カルティアという存在

ユリナ・カルティアの名にかけて

悪臭を放っていることをユリナに指摘され、レイノードは衝撃で絶句します。

続けてユリナは、ここにはレイノードに害をなす人物が存在しないことを宣言しました。

 

それでも疑心が拭えないレイノードは、なおもユリナに突っ掛かります。

ユリナは半ば呆れながらも、レイノードにここへ来る決心をした理由を尋ねました。

それはユリナを信用したからではないのか、そう問われレイノードは黙り込みます。

少しの沈黙の後、レイノードはユリナを信じると約束し入浴しました。

綺麗な石鹸から連想したのは

カルティア家のお風呂は、今までレイノードが経験したものと何もかもが違いました。

ふとレイノードは、孤児院で言われたことや父親から受けた暴力を思い出します。

しかしどれも明るい記憶ではなかったため、レイノードは考えるのをやめました。

 

石鹸を手にしたレイノードは、それがユリナと同じ香りであることに気が付きます。

しばらくレイノードは、ユリナのことばかり考えていました。

馬子にも衣裳

入浴を済ませたレイノードは、ユリナが用意した衣服に身を包みます。

着替えを済ませ、レイノードはユリナの部屋へとやってきました。

 

ユリナはレイノードの姿を見て、満足そうに笑みを浮かべます。

なぜなら正装のレイノードは、まるで貴族の令息そのものだったからです。

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたネタバレ4話感想

今回は、レイノードの置かれていた環境が大きく変わったことを印象付ける回でしたね。

レイノードの身体は、あばら骨が浮き出るほどにやせ細っていました。

 

このことから今までどのように過ごしていたのか、用意に想像できます。

レイノードはその容姿から、孤児院では辛い思いをしていたのですね。

また実の父親からも酷い仕打ちを受けていたこともわかり、レイノードの警戒心にも納得です。

 

でもユリナには心を開いているようで、特別な存在になっていますね。

色々理由はあるようですが、レイノードはユリナに一目惚れだったようです。

だから無意識でも、ユリナに嫌われたくないと思っているように見えました。

そうでなければ、ユリナから匂うと言われてあそこまで衝撃を受けないでしょう。

 

次回もどのような展開になるのか、期待が高まります。

私を溺愛する2番手男キャラを育てましたネタバレ4話最新話と感想!ユリナ・カルティアという存在

今回は「私を溺愛する2番手男キャラを育てました」最新話4話のネタバレと感想を紹介しました!

警戒心を露わにして入浴を拒否するレイノードを、ユリナは説得することに成功します。

そして正装に着替えたレイノードを見て、ユリナは満足し笑みを浮かべました。

error: Content is protected !!