優しいあなたを守る方法

優しいあなたを守る方法ネタバレ32話最新話と感想!テヌアへの疑惑

「ピッコマ」連載漫画の「優しいあなたを守る方法」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

公国に戻るために帝国から護衛の翼が2名派遣されました。

ノエルとアフィンだと確信していたレティシャでしたが、現れたのはノエルではなくテヌアだったのです。

「優しいあなたを守る方法」32話のネタバレと感想をしていきます。

⇒優しいあなたを守る方法ネタバレ一覧へ

優しいあなたを守る方法ネタバレ32話最新話と感想!テヌアへの疑惑

テヌアと言う人物

宮内の護衛に間もなく昼食の時間になるから皇族が神聖宮に来ている事を伝えるノエル。

その事を聖女にもう一度伝えて欲しい旨を言います。

 

しかし、護衛はすでに聖女は知っていると突き放したのでした。

皇族が来たとしても知ったこっちゃないのだと感じるノエル。

 

感情が表に出てしまっている事に気が付きます。

その原因はレティシャが使節団と共に帝国を発った事にありました。

アフィンとノエルも共に発つはずだったのですが、ノエルだけが残されてしまったのです。

 

ノエルがアフィンからレティシャの護衛が変わった事を伝えられたのは、その日の早朝でした。

神託のせいだとしか言えないというアフィンに、ノエルはどんな関係があるのかと思います。

せめてノエルの代わりに護衛につく人物を教えて欲しいと懇願すると、アフィンの口からテヌアの名前が出るのでした。

レティシャをいじめる翼

信じられない様子のノエル。

9つの翼の中で最も酷くレティシャをいじめていた人だったのです。

そんな人が護衛になれるのかと嘆くノエル。

 

テヌアはレティシャに対して酷い態度を取っていたのです。

分別が付いたのは自分のおかげだと豪語したり、しつけと称して人生の厳しさを教えると楽しむなど。

ノエルにとってもテヌアは、不快な人物だったのです。

 

レティシャの翼になった今は、テヌアがしてきたことに腹が立って仕方ない様子。

ノエルはアフィンに、絶対に護衛などダメだと訴えます。

レティシャの護衛どころか、絶対に危害を加えるに違いないと思ったのでした。

 

アフィンはノエルがレティシャを呼ぶときに「様」をつける事に気が付きます。

しかし、ノエルは誤魔化す事はしませんでした。

今はレティシャが魂の主だと認め、聖女ヨゼフィーナではなくレティシャの翼になった事をノエルは宣言したのです。

 

そんなノエルにアフィンは場をわきまえ大声を出さないように言いました。

ノエルはアフィンがレティシャに直接会ったから期待していたのです。

しかし、何も気が付いていないことにひどく悲観しました。

 

アフィンから腕を振り払いながら、自分の主を守るのだと宣言するノエル。

テヌアには絶対に行かせないと誓います。

しかし、今更護衛を変える事は聖女に気が付かれてレティシャに迷惑がかかる可能性があると忠告するアフィン。

 

アフィンは自分がいるから大丈夫だと約束します。

それでも反発するノエル。

何があってもレティシャを守る事を誓うと、アフィンは訴えたのでした。

 

アフィンの判断は正しい。

ノエルも分かっていました。

聖女が勘づいてレティシャに危害を加えようとしてもノエルだけでは防ぐことが出来ません。

 

レティシャの翼は自分一人だと思っているからこそ待たなければいけないのです。

それでも、テヌアがレティシャの近くにいると思うと居ても立っても居られません。

ノエルは後を追う方法を考えようと思いつきます。

 

しかし、翼の力が覚醒した順番に強いのでテヌアには敵わないとも感じていました。

順番的にテヌアには全く敵わないノエル。

しかし、本当に自分の力は順番通りなのかも気になるのでした。

テヌアへの困惑

同じ頃レティシャは帝国の城門をくぐっていました。

城門を出た瞬間に暑さを感じ、バネッサは女神のご加護かと揶揄するくらい。

レティシャの歩き方を見て、砂漠を歩くのが慣れていると指摘するエノック。

 

それを聞いたバネッサはエノックの命の危機を救ってくれたレティシャは何でもできるのだと言います。

使節団の団員たちが何を言っているのかと呆れるユルケン。

団員たちがレティシャに心酔していると感じ、事前に、近づけないよう命じておいて良かったと思うのでした。

 

団員たちからの目線を見てレティシャが驚いている。

そのように伝え、ただでさえ心細いのだから当分近づかないよう命じたのです。

そんなショック療法が効いたと効果を感じるユルケン。

 

レティシャの表情がすぐれない事を気にしていました。

レティシャは、ノエルではなくテヌアが護衛に来たことに戸惑いを隠せません。

聖女の命令ならば、テヌアが大人しく護衛するはずがないと思うレティシャ。

 

テヌアからされた仕打ちがよみがえってきます。

テヌアはためらいもなくレティシャを突き飛ばし、仲良くしていた公国の第1皇子がいなくなったことを嬉しそうに語りました。

そうなったのはレティシャのせいだと、容赦なく責めたのです。

 

思い出すと今でも震えてしまうレティシャ。

しかし、今はノエルもいるしやるべき事があるので強くいられると思うのです。

その時、砂嵐が来る知らせが聞こえました。

 

雨季明けの砂漠にしてはおかしいと感じている様子の使節団。

砂嵐はそこまで頻繁に起こるものではありません。

レティシャは風邪を操れるテヌアの仕業かと思うのでした。

優しいあなたを守る方法32話の感想

護衛につくのはノエルとアフィンだと思っていましたが、まさかのテヌアだったなんて!

衝撃な展開だと思いました。

 

ノエルの悔やんでいましたが、何もできない自分にもどかしく感じていますね。

テヌアはレティシャにとって、すごく嫌な人物だという事が分かりました。

公国へ行く道中がすごく不安に感じます。

 

トラウマになっている程痛めつけられていたテヌアが護衛をするという事だけでもレティシャにとっては恐怖だと思います。

アフィンはノエルのためにも、レティシャのことを守ってくれるといいなと信じたいです。

 

さらに、聖女の娘と知ってなお使節団の団員はレティシャを大切に想っている事も分かったので、彼らも守ってくれるかなと思います。

でも、レティシャは使節団の団員たちのことも警戒していますよね…。

テヌアはこの先、どんな行動に出るのか、気になるところです。

優しいあなたを守る方法ネタバレ32話最新話!テヌアへの疑惑のまとめ

今回は「優しいあなたを守る方法」32話のネタバレと感想をご紹介しました!

自分がレティシャの護衛に就けなかった事にイラついていたノエルは、アフィンに自分の心の主はレティシャである事を打ち明けました。

レティシャが城門を出て出発し、砂漠を歩いている道中に季節に似合わない砂嵐がすごい頻度で起こる事でテヌアが風邪を操っているかと思うのでした。

⇒優しいあなたを守る方法ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!