よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ32話最新話と感想!カナリアを探るオスカー

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

オスカーは、侍女からカナリアが書いたノートを入手します。

誰も読めない文字で書かれたノートの内容を知るため、オスカーは何を企んでいるのでしょうか?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る32話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ32話最新話と感想!カナリアを探るオスカー

オスカーのスパイ

皇后の側近であるオスカーの命令で皇子とカナリアの様子を調べている使用人2人が、オスカーと話していました。

侍女は、第一皇子宮は近づくことも難しい状況だと報告します。

 

カナリアについては、侍女がカナリアのノートをオスカーに差し出しました。

それは、カナリアが小説の筋書きについて書き留めておいたノートです。

誰も読めない文字で書かれたノートを見て、オスカーはカナリアが何かを隠していると感じました。

皇后の命令

カナリアは今日も、皇后に嫌われないよう必死に媚びていました。

皇后はカナリアに、ノアの結婚相手と考えているユリア・ペルセネに会いに行くことを提案します。

 

皇后は、ユリアと仲の良い姿を見せれば、カナリアの宮殿での地位を固めるのに役立つからだと言いました。

本音では、第一皇子の妻が第二皇子の妻になる娘のご機嫌をとっていることにしたいようです。

もちろん、カナリアが皇后の命令に逆らうことはできません。

ペルセネ伯爵邸へ

カナリアが伯爵邸へ向かおうとしたとき、第一皇子が至急イーサンを呼んでいるとの知らせが入りました。

イーサンは、サボっていたジャックスをカナリアの護衛につけ、急いでセザールの元に駆けつけます。

 

セザールは本の山に埋もれていました。

皇帝がまた結婚の話を切り出す前に解決策を探そうと必死で考えているところです。

 

セザールは、イーサンを呼んではいないと答えました。

付き人が何か間違えたのだろうとラヤが言います。

 

イーサンは、皇子の伝言が間違って伝わるのはおかしいと感じました。

何か嫌な予感がしたイーサンは、急いで馬に乗り伯爵邸に向かいます。

 

伯爵邸に来たカナリアはユリアと向かい合ってお茶を飲んでいましたが、全く会話が続かなくて困っていました。

するとユリアは、自分が社交性がない性格なのでみんなが退屈な顔をするのだと涙を浮かべて謝ってきます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る32話感想

オスカーが手にしているノートは、カナリアが小説の筋書きを書き記したものですね。

オスカーにしたら、わざわざ読めない文字で書いてあるからには、何か重要なことが書いてあると思うでしょう。

 

まあ、小説の展開が書かれているので、予言の書と言えなくもないですね。

オスカーはどうやってその中身をカナリアに聞くつもりなのでしょうか?

聞いたところで、それが本当かどうかも判断できないと思いますが。

 

しかし、イーサンの呼び出しは怪しいですよね。

このタイミングで、腕利きのイーサンをカナリアから引き離すなんて。

カナリアの身が案じられます。

 

ノアの婚約者のユリアは内向的な少女のようですが、カナリアと仲良くなれるでしょうか。

カナリアとユリアが仲良くなれば、皇宮の世代交代と共にこれまでの雰囲気を変えて行けるかもしれません。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ32話最新話まとめ!カナリアを探るオスカー

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る32話のネタバレと感想を紹介しました!

カナリアは、皇后の命令でノアの結婚相手であるユリアに会いに行くことになります。

しかし護衛騎士のイーサンが皇子から至急の呼び出しを受けて…。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!