よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ41話最新話と感想!紛れ込んだ手紙

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」41話のネタバレと感想をまとめてみました!

カナリアがノア宛に書いた手紙がなぜかセザールの決裁書類に紛れ込んでいます。

自分宛ての手紙だと思って読んだセザールは…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る41話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ41話最新話と感想!紛れ込んだ手紙

房事から1週間後

カナリアに会いたいと思いながらも、恥ずかしさから未だに避けてしまっているセザール。

仕事中、決済書類の中にカナリアからの手紙を見つけました。

 

自分宛ての手紙だと思いワクワクしながら読み始めると、それはノア宛の手紙です。

しばらく自分の宮殿に来るのは控えてくれるようにと書いてありました。

 

ジャックスが聞いたカナリアとノアの会話のことや、カナリアが何か隠していると思わないかと言ったオスカーの言葉。

それらを思い出し、セザールはカナリアとノアが本当にそういう仲になったかもしれないと思いました。

セザールの誤解

居ても立っても居られなくなったセザールは、カナリアに会いに行きます。

セザールの様子を見て、カナリアは、皇帝に会ったことを隠したからセザールが怒っているのだと思いました。

もしそれを話したら、キレたセザールが皇帝の元に押しかけて皇位継承を放棄すると考えて、言えなかったのです。

 

しかしセザールは、他に男がいるのかと言いました。

自分と離婚してノアのところにいくつもりなのかと言われ、カナリアは驚きます。

 

そればかりでなく、セザールはノアがカナリアに共寝しようと言ったということで怒っていました。

下らない噂だと否定するカナリアですが、セザールは涙を流し、カナリアの話を聞かずに出て行ってしまいます。

カナリアは、セザールがとんでもない誤解をしていることに気付きました。

執務室に閉じこもるセザール

セザールは泣きながら執務室に戻ると、騎士達に外に出るように命令しました。

一人になり、これまでのことを考えます。

 

カナリアは子供の時から皇后の動きを教えてくれ、そのお陰でセザールは危機を免れることができました。

世間が何を言っても、セザールはカナリアを自分の味方だと信じてきたのです。

しかしそれが勘違いであったなら、自分はどうしたらよいのかと途方に暮れました。

 

そのとき、カナリアが執務室に入ろうとしてそれを止める騎士と言い合いになっているのが聞こえてきました。

カナリアとノアが、騎士達を振り切って執務室に入って来ます。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る41話感想

ノア宛の手紙がなぜセザールの決裁書類の中に?

オスカーがわざとやったことに違いありません。

 

オスカーは、3人の仲が悪くなるように仕向けたいようですね。

これを機に、3人がオスカーの正体を認識できればよいのですが。

 

しかしカナリアの軽口がこれほどセザールを苦しめる結果になるとは。

ジャックスの誤解やオスカーのせいとはいえ、カナリアには反省してもらいたいです。

カナリアの発言が大元なのですから、セザールに「このバカ」はないでしょう、と思いました。

 

しかしこれが誤解だと分かった後のジャックスは大変でしょうね。

まあ、ジャックスに慎重さが足りないことはセザールもよく知っているでしょうから、許してあげるかな?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ41話最新話まとめ!紛れ込んだ手紙

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る41話のネタバレと感想を紹介しました!

ノアとカナリアの仲を誤解して部屋に閉じこもったセザール。

そこへ、ノアとカナリアが誤解を解こうと押し掛けてきました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!