よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ48話最新話と感想!信頼を得たカナリア

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

クガレス一族の村で解毒剤を手に入れたカナリア。

自分とセザールで、クガレス一族が自由に暮らせる国を作ると約束しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る48話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ48話最新話と感想!信頼を得たカナリア

解毒剤の入手

クガレス一族の村に到着すると、ミラーは一族から歓迎され、心配していたのだと言われて当惑しました。

ミラーは一族から嫌われていると思っていましたが、一族の方はミラーを十分に理解していたのです。

 

カナリアは、外伝を読んでいたのでそのことを知っていました。

ミラーが村を出る時裏切り者といった友人も、ずっとそのことを後悔していたそうです。

 

一族から解毒剤を受け取ったカナリアは、自分とセザールでクガレス一族が自由に暮らせる国を作ると約束しました。

一族は、自分たちを人間と同等に見てくれるカナリアに信頼感を覚えたようです。

カナリアを信用した騎士達

セザールは、カナリアが持ち帰った解毒剤で回復しました。

ジャックスは、カナリアが実は皇子の味方と分かり、すっかりカナリアに好意的になっています。

 

イーサンも、カナリアが皇子を思う心は本物だと認めざるを得ませんでした

同時に、カナリアの情報力はどこからきているのだろう、と不思議に思います。

カナリアの書斎

イーサンは、自分の疑問についてカナリアに直接聞いてみることにしました。

書斎のカナリアのところへ行き、カナリアを襲撃しようとしていた盗賊から奪ったカナリアのノートを差し出します。

 

驚いたカナリアに、イーサンがノートを入手した経緯を説明しました。

イーサンがセザールの忠実な部下であることから信頼できると判断したカナリアは、書斎を見せることにします。

 

カナリアは、自分以外は立ち入り禁止にしている書斎にイーサンを招き入れました。

そこは、カナリアが10年にわたり皇宮の情報を集めて整理しているところです。

また、そこでこれから起こるであろう事件の対策を立てていました。

 

イーサンは、ノートの文字と同じ文字で書かれたメモ書きが沢山貼ってあるのを見て驚きました。

カナリアは、侵入者に備えて暗号を使っていると説明します。

二人が話している途中、急にカナリアが倒れて…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る48話感想

カナリアは、自分で自分の未来をつくる覚悟を決めてから、生き生きしていますね。

なんだか魅力も増して、騎士からの信頼も勝ち取りました。

 

ミラーは、一族から嫌われているとばかり思っていたところ、歓迎されてよかったです。

こういう思い込みって、自分の中で固まってしまうから難しいですね。

コミュニケーションを取りづらい状況でもありましたし。

 

クガレス一族は皇室に恨みを持っているはずなのに、カナリアのことも受け入れてくれたのは驚くべきことです。

とても心の広い、強い一族なのでしょう。

 

ところで、カナリアのノート紛失に絡んでいるのはオスカーだということに、カナリアはまだ気付いていないようです。

ノア宛の手紙の件も、てっきり、とっくに気付いたと思っていたのに…。

まだまだ、オスカーの罠が待ち構えているかもしれませんね。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ48話最新話まとめ!信頼を得たカナリア

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る48話のネタバレと感想を紹介しました!

騎士達はカナリアの行動を見て、本当にセザールの味方だったのだと認めるようになります。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!