よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ63話最新話と感想!リカルドの正体

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」63話のネタバレと感想をまとめてみました!

リカルドは、約束通りオスカーについて知っていることを教えてくれます。

そして、詳しく知るためにはファーンハム家の屋敷を調べた方がいいというのですが…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る63話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ63話最新話と感想!リカルドの正体

運命を変えるために

カナリアは、特権を享受してきた貴族は罪を償うよりも責任を取るべきだと答えました。

家柄は自分で選べないが、責任をもって過ちをただすよう努力するべきだと言うのです。

 

意外な答えに驚いているリカルドに、カナリアは自分も運命を変えるために頑張っているのだと話しました。

リカルドは、運命を変えるというカナリアの考えを応援すると言います。

争いを避けたいノア

皇后宮では、ノアが皇后に呼び出されていました。

ノアは皇位継承の授業を拒み続けているのです。

 

皇后は、セザールがノアと争うつもりがなくても貴族たちは違うのだと説明しました。

セザールが皇帝になればノアに危険が及ぶことになると考えています。

 

ノアが部屋を出ると、そこにいたファーンハム侯爵からいい子のままでは何も守れないと言われました。

兄弟で争うことも、母の立場を危うくすることも避けようとしているノアを批判したのです。

ノアは、みんなで平和に暮らす方法は本当にないのかと考えました。

オスカーについての情報

リカルドは、約束通りオスカーについて知っていることを教えてくれました。

現在の侯爵が爵位を受け継ぐ数年前に、オスカーをこの町に連れてきたそうです。

 

当時の名前はルイスだったので、オスカーというのはおそらく仮名でしょう。

そしてジェラルドが爵位を受け継いだとき、名前をオスカーに変えてファーンハム家に迎え入れられました。

 

リカルドは、オスカーについて詳しく調べたいならファーンハム家の屋敷を調べた方がいいと言います。

そこには長年隠されたきた秘密があるといわれているので、それと関係しているかもしれないと。

そして、自分は噂を聞いただけなので秘密については分からないと言いました。

 

セザールとカナリアはリカルドにお礼を言って、皇宮に帰ることにします。

カナリアは、リカルドと友達になれたことを本当に良かったと思っていました。

 

二人を見送ったリカルドのところに女性が現れ、まだ平民ごっこは飽きないのかと尋ねました。

リカルドは、実はファーンハム家の嫡男だったのです。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る63話感想

リカルドがファーンハム家の嫡男だなんて!

でもリカルドは、セザール達がファーンハム家の秘密を探るように仕向けましたよね…。

 

リカルドはカナリアに語ったように、世の中に罪を償うべきだと考えているのでしょうか。

だとしたら、侯爵に対して批判的だということですね。

 

親世代の考え方や慣習を180度変えるのは容易なことではありません。

でも、セザールとノア、そしてリカルドが新しい考え方を持って、これから新しい世界を作っていくのでしょう。

 

侯爵や皇后は抵抗するでしょうが、結果的にみんなが心穏やかに過ごせるようになるといいなと思います。

異世界から来たカナリアが、この変革で台風の目になりそうですね。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ63話最新話まとめ!リカルドの正体

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る63話のネタバレと感想を紹介しました!

カナリアとセザールは、リカルドといういい友達に出会えて良かったと思っています。

しかし実は、リカルドはファーンハム家の嫡男でした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!