よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ71話最新話と感想!無事脱出!

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」71話のネタバレと感想をまとめてみました!

セザールとカナリアを取り囲んでいた兵士に対し、リカルドは何も見なかったことにするように命令します

そして、二人が屋敷から抜け出すのを手引きしました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る71話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ71話最新話と感想!無事脱出!

リカルドの命令

リカルドが現れると、セザール達を連行しようとしていた男が兵士たちに、リカルドの命令に従うよう言いました。

セザールとカナリアは、男がリカルドのことをファーンハム家唯一の嫡男だと言うのを聞いて驚きます。

 

リカルドは、男たちにセザール達のことは何も見なかったことにするようにと言いました。

侯爵の指示を受けていた男は困惑しますが、リカルドに先代の恩を忘れたのかと言われ、しぶしぶ納得した様子です。

 

リカルドは、セザール達を先導して歩き始めました。

カナリアはリカルドに聞きたいことが沢山ありますが、むやみに話し掛けるわけにもいきません。

リカルドは、二人を部屋に案内しました。

リカルドの告白

部屋に入るなり、リカルドは二人に頭を下げました。

セザールはリカルドを殴りつけ、自分たちのことを知っていて近付いたのかと聞きます。

 

カナリアは、自分たちの方が先にリカルドに近付いたのだと言ってリカルドを庇いました。

そしてリカルドに、なぜ平民のふりをして町にいたのかと尋ねます。

 

リカルドは、ファーンハム家の秘密を知ってから家門を継ぎたくないと思うようになり、町へ逃げたのだと言いました。

しかし家門のおかげで楽な暮らしをしてきた自分が、家門を裏切る資格もないと思うのだそうです。

それで、先代が亡くなってからは、中立を守って生きていくと決めたのだと答えました。

脱出成功

女性が入って来て、侯爵と兵士たちがこちらへ向かっていると知らせました。

それを聞いたリカルドは急いで二人を川へ案内します。

 

川を渡れば警備兵にバレずに抜け出せるというリカルドに二人は、私たちはずっと友達だと言って舟に乗り込みました。

リカルドは、ファーンハム家の人間と知っても友達だと言う二人に感激しています。

セザールは、この先リカルドが自分たちと敵になることは絶対にないと確信しました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る71話感想

「いい人」ばかりの登場でほんわかする今回の話でしたが、「いい人」はどちらの側から見るかでも変わって来ます。

セザールが言っているように、南部戦線でセザールに倒された人の家族から見たら、セザールは仇になりますからね…。

 

リカルドも、カナリア側からみたらいい人でも、ファーンハム家からみたらとんでもない裏切り者です。

不適切なことをしているとはいっても、もしかしたらファーンハム側にも言い分があるかもしれません。

 

ノアは、両者に挟まれて両方の気持ちが分かるはずなので、一番つらい立場でしょう。

一朝一夕にはいきませんが、できるだけ両者に痛みが少ないように決着できたらよいのですが。

 

この後、容赦のないファーンハム侯爵の反撃が心配です。

リカルドは無事でいられるでしょうか…?

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ71話最新話まとめ!無事脱出!

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る71話のネタバレと感想を紹介しました!

リカルドは、セザールとカナリアがファーンハム家の人間である自分を友達だと言ってくれたことに感激します。

セザールも、今後リカルドが自分たちの敵になることは絶対にないと確信していました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!