よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ72話最新話と感想!全員帰還

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」72話のネタバレと感想をまとめてみました!

ファーンハム家を探っていたメンバーは全員帰還し、それぞれに得た情報を報告し合います

しかし、警備兵に襲われたジャックスは大けがを負ってしまいました。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る72話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ72話最新話と感想!全員帰還

秘密の部屋

カナリアとセザールは、皇子宮の秘密の部屋で他のメンバーが帰って来るのを待っていました。

最初に戻ってきたのは、グレイシーとラヤです。

 

ラヤは、グレイシーが剣で闘ったことについて口止めされていました。

二人は、別館で見た盗賊集団について報告します。

 

セザールは、自分たちが見た敵国の武器について話しました。

そのとき、ミラーとイーサンが戻って来ます。

イーサンの過去

イーサンは、セザールに自分の過去について話し始めます。

少年兵だった頃のイーサンの任務は、戦争の発端となる事件を起こすことでした。

 

イーサンは、その指示をした二コラ子爵をファーンハム家で目撃したのです。

これでファーンハム家は、帝国が周辺国と戦争をするように裏工作していたことが判明しました。

戦争が起これば武器の需要が増えて、ファーンハム家が儲かるからです。

 

慌てた様子の侍女がカナリアを呼びに来ました。

急いで行ってみると、警備兵に襲われ大けがをしたジャックスがベッドに寝かされています。

 

カナリアが知っている小説の中には、今回明らかになったファーンハム家の秘密については書かれていませんでした。

ファーンハム家が何を企んでいるのか分からず、カナリアの不安は募る一方です

ガリアの異変

パーティの後、ファーンハム家は全く反応をみせませんでした。

カナリア達は、緊張しながらも怪しまれないよう、普段通りの行動をとっています。

 

ある日、国境地帯のガリアの辺境伯であるスチュワート公の首が城壁に掛けられたという知らせが届きました。

皇室と元老院は騒然とします。

 

カナリアは、その知らせを聞いてすぐにセザールの元に向かいました。

小説ではセザールが皇帝になるまで戦争は起きないはずですが、原作通りならまだ南部戦線にいる時期なのです。

カナリアは、嫌な予感がしました。

 

カナリアは、ガリアの状況について尋ねました。

セザールは、支援軍についてはまだ決まっていないと答えましたが、カナリアは疑いを持ちます

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る72話感想

カナリアがこの世界に来たときから、新しい物語が始まったのだと考えた方がいいのではないでしょうか。

そして筋書きが変わった以上、もうそれに対応していかなければ仕方ありませんね…。

 

カナリアは、自分がいるから他の人に危害が及ぶのだと考えていますが、そうでしょうか?

カナリアがいたからこそ、救われた人も沢山いるはずです。

 

何しろ、何が起こるか分からないのも、誰が何を考えているか分からないのも、元の世界では当たり前ですからね(笑)

だからこそ、色々な可能性もあるわけですし。

何が起こっても、セザールを中心としたこのメンバーなら力強く乗り切っていくでしょう。

 

とはいえ、ファーンハム侯爵がこのままで済ませるはずはありません。

何を企んでいるのか、怖いですね…。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ72話最新話まとめ!全員帰還

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る72話のネタバレと感想を紹介しました!

原作と違うことが次々に起きることで、不安が募るカナリア。

ファーンハム家の秘密についても、小説にはないことでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!