よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ74話最新話と感想!カナリアの思い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」74話のネタバレと感想をまとめてみました!

カナリアは、自分がいるためにセザールだけでなく、他の人たちも危ない目に遭うのではと考えます。

自分の運命は自分で決めようとしていたカナリアですが、ここにきてある思いが…

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る74話のネタバレと感想を書いていきます!

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ74話最新話と感想!カナリアの思い

カナリアの涙

セザールはカナリアが泣いているのを見て自分のせいだと思い、謝って抱きしめました。

カナリアは、今回のことは全て皇后が仕組んだことかもしれないと言います。

 

セザールは、ファーンハム家の人間が自分をガリアへ送ることを主張したので、そのことは予想していました。

しかし、経験がなかった南部戦線のときと違って徹底的に準備をするし、自分と同僚たちは強いから大丈夫だと答えます。

 

カナリアは、南部戦線の時とは違って今回は原作にないことなので不安でした。

セザールに万が一のことがあるかもしれないと思っています。

 

ジャックスは全身を骨折していますが、麻酔効果のある睡眠薬を服用して休むしかないとブレアが説明しました。

カナリアは、セザールが帰還した時点で消えるべき自分が関わったために、大きな問題が起きたかもしれないと思います。

 

何より、ファーンハム家があれほど恐ろしい家門だとは思っていませんでした。

自分の運命は自分で決めようと思っていましたが、それが自分だけ幸せになる道だとしたら…とカナリアは考えます。

出征式前日

セザールにとって、今日はとても特別な日でした。

カナリアが、一日中楽しい時間を過ごそうと言ったからです。

 

急いで仕事を終わらせようとするセザールですが、隣で見つめているカナリアが気になって集中できません。

一方カナリアは、いつも一緒にいるのが当たり前だったので、セザールのことを色々見逃していたと思います。

今更ながら、こういう些細な日常が大事だったのだと気づきました。

 

繁華街に出かけた二人は一緒に食事をした後、セザールがカナリアの服を買ってやりたいと言いました。

皇子の財産を使い果たしてしまおうとはしゃぐカナリア。

 

カナリアは楽しそうに色々なドレスを試着していますが、セザールはその様子に何か違和感を感じました。

出征のことを聞いたときからずっと落ち込んでいたカナリアが、今日は無理をして明るく振舞っているのが分かります。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る74話感想

もしかして、カナリアは黙ってセザールの前から消えようと思っている?

まさか実家には帰れないでしょうし、行く当てがあるのでしょうか。

 

完全に原作から外れた展開になってしまい、セザールに何かあったらと恐怖心に駆られるのは分かります。

でも、カナリアはすでにセザール達にとってなくてはならない人なので、早まらないで欲しいですね。

何よりセザールが戦場から生きて帰る目的は、カナリアなのですから。

 

セザールは多分色々な情報を集め、様々な可能性を考えて準備しているはずです。

優秀な騎士達も一緒ですから、勝って帰って来るに違いありません!

それに、リカルドと連絡をとれれば、何か情報を得られるのではないでしょうか。

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残るネタバレ74話最新話まとめ!カナリアの思い

今回はよくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る74話のネタバレと感想を紹介しました!

出征式の前日、カナリアはセザールと一日楽しい時間を過ごすことにします。

セザールは、明るく振舞っているカナリアに違和感を感じました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!