サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

接近不可レディー

接近不可レディーネタバレ23話最新話と感想!膨大な文献

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「接近不可レディー」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

美しい光景に驚くヒリス。

四季の森には、四大家門に関する文献が保管されていました!

接近不可レディー23話のネタバレと感想を紹介します!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

接近不可レディーネタバレ23話最新話と感想!膨大な文献

マゴからの助言

7回目の人生の時、マゴは四季の森について教えてくれました。

四大家門の歴史を記した文献が納められており、禁書なども隠されているらしいと話すマゴは、ヒリスの求める者があるかもしれないとほほ笑みます。

ヒリスは感謝しながらも、当主ではなかったため四季の森へ入ることは出来ず、その後マゴは命を落とし、次いでヒリスも世を去ったのでした。

 

アクシオンはここに来た目的は四大家門の古い文献かと尋ね、奥の方に集めてあると案内してくれます。

金色の木の葉に包まれた純白の神殿に入ると、棺のようなものがあります。

王の神殿に登りしものよ、選ばれし己を証明せよと書いてあり、王の亡骸が眠る場所だと教えてくれました。

5つの部屋

さらに奥へ進むと扉が5つあり、真ん中以外の4つの扉には四大家門の印が掘られ、その家門の文献が怪我保管された部屋に繋がっています。

家門の部屋は当主の許可なしには入れませんが、真ん中の部屋は度の家門も利用できる部屋で、昔の王と四大家門すべてに関する文献があるそうです。

見返りもなく同行し、詳しい説明までしてくれるアクシオンに、ヒリスは意外と親切だと感じます。

 

前世でも子供や弱者には優しい人だったと思い出し、過去の自分にしてくれたことも思い出します。

やはりお優しいですねと言うとアクシオンは驚き、自分も読みたいものがあるからゆっくりしていくと言って部屋に入ってしまいました。

見つからない

イノアデンの部屋には多くの本が納められており、ここが四季の森と言われる所以を感じます。

いくつか選んで読んでみますが、昔の風習を記したものや王の私生活を書いた日記、神への祈りが書かれたものなど、目当ての物はありません。

簡単には見つかりそうもなく、また日を改めて探しに来ようと部屋を出ますが、アクシオンはまだ出てきていませんでした。

 

暇になったヒリスは、他の家門の部屋に入ろうとしたらどうなるか気になり、扉に手を伸ばします。

魔法がかけられているのか少しピリッとしますが、異能の力を使うと手ごたえを感じました。

限界まで力を使ってみようと集中して試していると、急にアクシオンが手を握り、hリスを我に返らせました。

接近不可レディー23話感想

イノアデンの古書を読み始めるヒリス。

ヒリスが求める文献は、そう簡単に見つかりそうにありません。

 

アクシオンはとても丁寧にヒリスを案内してくれましたね!

協力には何かしらの意図があるのでしょうが、ここまで丁寧に連れて行ってくれるのは、アクシオンの人柄の良さを感じます。

目は冷たく怖いイメージですが、意外と優しいいい人なのかもしれません!

 

ヒリスは過去の当主の日記などを呼んでいましたね。

いけにえに人や銅太をささげている時代の日記は、何かを表しているのでしょうか。

これだけ神聖化していた王という存在がいなくなってしまった背景にも、何かが隠されていそうです!

 

異能の力を試そうとするヒリスは、珍しく夢中になり、声にも気が付いていませんでしたね。

アクシオンが咄嗟に止めてくれましたが、あのまま続けていたらどうなっていたのでしょうか。

自分の命を軽視しているヒリスは、少し無鉄砲なところがあります!

接近不可レディーネタバレ23話最新話と感想!膨大な文献まとめ

今回は、「接近不可レディー」23話のネタバレと感想を紹介しました!

求める文献が見つからないヒリス。

アクシオンが何のために協力してくれているのか、今後の展開が気になります!

⇒接近不可レディーネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!