4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第97話最新話と感想!自由とは

4000年ぶりに帰還した大魔導士

「ピッコマ」連載漫画の「4000年ぶりに帰還した大魔導士」第97話のネタバレと感想をまとめてみました!

奴隷を使用していた騎士たちを全滅させたフレイ。

フレイとリキの行方は…?

「4000年ぶりに帰還した大魔導士」第97話のネタバレと感想を紹介します!

⇒4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ一覧と結末予想ページへ 

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第97話最新話と感想!自由とは

奴隷を開放するフレイとリキ

腐りきった騎士たちを倒しきると、リキがフレイに合流しました。

檻に捕らえられていた奴隷たちを解放するリキ。

解放された奴隷たちですが、仲間や家族を失っているため、自由が何か分からず生きる術を見出すことが出来ません。

 

解放された奴隷たちに楽にして欲しいと頼まれるリキ。

リキが同意して剣を抜きますが、フレイがそれを止めました。

奴隷たちと共に

解放された奴隷たちと共に、まだ各地に残って捉えられている奴隷を解放しはじめるフレイ。

最初は自分たちの生きる術を見出すことが出来なかった彼らですが、他の奴隷たちを助けるごとに目に力が戻っていきます。

そんな様子を物珍しそうに眺めるリキ。

リキの人間への興味がまた増していくようでした。

自由に生きる意味

1ヶ月間、フレイと共に奴隷の解放を行ってきた、最初に解放された奴隷たち。

その目はもう解放された直後の物ではありませんでした。

たくさんの仲間たちを守るために、頑張って生きていくことにしたとフレイに伝えるべケンド。

今回の1ヶ月を通して、奴隷たちはフレイから生きることを学んだようです。

フレイに興味を持つリキ

奴隷たちに生きる希望を与えたフレイ。

逆に奴隷を使って悪さをしていた騎士たち。

人間の善と悪の両面に興味を持っている様子のリキ。

ますます人間は面白い生き物だと感じたようです。

 

デミゴッドの会合に向かおうとリキに催促するフレイ。

そんなフレイにリキは、デミゴッドの会合の場所は今いるここだと伝えます。

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第97話感想

せっかく自由になった奴隷たち。

でも家族や友人を失ってしまった奴隷たちは、最初は生きる意味を見出すことが出来ませんでした。

そんな奴隷たちに厳しい口調で語りかけながらも、生きる意味や自由について教えようとするフレイは、めちゃくちゃ優しいですね。

 

フレイと共に戦って自由を手にした元奴隷だった人間やエルフやモンスターたち。

仲間も増えて、これからは人間が近寄らなさそうな場所で暮らしていくということで、幸せな村が築けると良いなと思います。

これもフレイのおかげですね!

 

さて、いよいよデミゴッドの会合に向かうことになったフレイとリキ。

なんとデミゴッドの会合の場所は、フレイとリキが奴隷の解放を行った地でした。

とうとう会合の日がやってくるのですね、果たしてデミゴッドの会合では何か新しい事実が明らかになるのでしょうか。

 

リキは最初は本当に味方なのかが分かりませんでしたが、奴隷の解放についてもフレイの好きなようにさせていますし、少なくともフレイに敵意があるようには見えません。

人間について面白い、興味深いと感じているリキ。

デミゴッドの会合が終わってからもリキは仲間でいてくれるのでしょうか。

4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ第97話最新話と感想!自由とは

今回は漫画「4000年ぶりに帰還した大魔導士」97話のネタバレ、感想をご紹介しました。

とうとうデミゴッドの会合の日がやってきました。

しばらく前からデミゴッドの会合について語られてきたので、「ようやく」という感じですよね。

デミゴッドの会合ではいったいどんな会議が行われるのか、フレイやリキは正体がバレてしまわないのか。

次回はいよいよデミゴッドたちの会合がはじまりますね!

⇒4000年ぶりに帰還した大魔導士ネタバレ一覧と結末予想ページへ 

error: Content is protected !!