シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ14話最新話と感想!師匠と弟子の再会!?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」14話のネタバレと感想をまとめてみました!

ダンは、闇の中で出会った少女との約束を待ちわびます。

ついに師匠と弟子は会うことになって・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる14話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ14話最新話と感想!師匠と弟子の再会!?

<ジェフリーだから気付いたんだ>

暴走状態から目覚めたダンは黒い月の隊員たちに気づかないほど放心していました。

ダンが考えるのは、闇の中から救ってくれた少女のこと。

彼女との待ち合わせ時間まで緊張しながら待っているのでした。

 

ダンと正午から会うことをジェフリーに告げたアリア。

昨日の洞窟崩壊事件にダン・モンテが関係し、アリアが魔法を使ったこと知って身体を心配するジェフリー。

ダンと会えばすぐに師匠だと気付くと言いますが、自分に気付いたのはジェフリーだからだとアリアは言い切ります。

彼が最強のソードマスターだからという意味でアリアは言いましたが、ジェフリーの想いは別にあるようで・・?

<宣戦布告>

魔術師の強さはマナで証明されるので、大魔術師シャーロットだった頃に比べると今のマナはかなり劣っていると感じるアリア。

そのため、弟子にも気づかれることはないと思っているのでした。

ジェフリーが言っていた問題について聞くと、再び衝撃的な弟子の事実が。

なんと1人目の弟子、マーベル皇帝のカルシリオンがクラウスに宣戦布告してきたとのこと。

 

あまりの衝撃に2人の間に沈黙が走ります。

皇帝の姿であるカルシリオンが登場する場面に変わり、師匠の受け売りの言葉を呟くのでした。

<アリア・リッセンとして>

アリアは、これまでの人生で自分のしてきた選択は正しかったと思っています。

しかし最後の魔法をかけたときの事が正しかったのか、弟子たちの話を聞けば聞くほど自信が無くなるのでした。

そんなことを考えながらダンとの待ち合わせ場所に行くと、会った瞬間ダンに抱きしめられます。

そして自分の選択は誤っていたのかもしれない、と思ってしまうのでした。

 

アリアの出した答えは、大魔術師シャーロット・エレノアとしてではなくアリア・リッセンとして弟子の前に現れること。

ダンに正面から会って名を名乗りましたが、彼はシャーロットだとは気付く様子もなくまるで初めて会ったかのように挨拶をするのでした。

<外からの視線>

どうやらシャーロットのマナを感じていない様子のダン・モンテ。

改めてテーブルを向かいにして座りますが、アリアから目を離しません。

それどころか握った手を離す素振りもないダン。

アリアは戸惑いながらも昨日のことを問います。

 

ダンは暴走状態だったことを覚えていないものの、アリアに助けられたことは覚えていると話しました。

そのとき窓の外からこちらを覗く鋭い視線を感じ、アリアは外に目をやります。

すると、あのフードを被った謎の人物が街なかに立っているではありませんか。

アリアに気づかれた謎の人物はその場から去ろうとしましたが・・・!?

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ14話感想

ダンがアリアとの待ち合わせに緊張した様子で待っている場面から始まりましたね。

シャーロットの存在に気付いたのかと思いきや、会ったときの反応を見る限り全くの別人だと思っているようでした。

自分のことを助けてくれた少女ということで特別な想いになったのかもしれません。

 

アリアが魔法を使ったことを知ったジェフリーはかなり心配しているようでした。

アリアとジェフリーが少しずつ噛み合っていないところも面白かったですね。

ジェフリーのことを友人として信頼しているように感じますが、彼の方は恋愛感情が生まれているようにしか感じません!

この2人が恋愛相手に発展していくのかどうかも物語の要になりそうです。

 

そしてアリアを目の前にしたダンは思わず抱きしめていましたが、その姿は黒い月の隊長というよりも甘えん坊な少年のようでした。

よほどアリアに会いたかったんですね。

シャーロットの存在は隠したままダンに会うことになりましたが、今後他の弟子に会ったときも同じようにアリア・リッセンとして出会うのでしょうか?

また、次回の話ではついに謎の人物とついに接触しそうです!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ14話最新話と感想!師匠と弟子の再会!?まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ14話最新話と感想を紹介しました!

ようやくアリアは弟子のダン・モンテと対面することになりましたが、話をしている最中にあの謎の人物の気配を感じることに。

なぜアリアの周りをつけ回していたのか、一体何者なのか、次回へ続きます。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!