シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ13話最新話と感想!目を覚ましたダン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」13話のネタバレと感想をまとめてみました!

ダンは意識がぼんやりする中で、憎らしい魔族の言葉を聞くと同時に温かな光りを感じるのでした。

ダンが目を覚ます頃、アリアのもとには来訪者が来て・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる13話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ13話最新話と感想!目を覚ましたダン

<闇からの目覚め>

シャーロット・エレノアが命を絶とうとした場所に弟子たちが集まる場面から始まります。

すでに彼女のマナを感じられないことから、この寂しい場所で命が尽きてしまったのだと絶望する弟子たち。

その場にいたダン・モンテは強く否定しますが、シャーロットとは二度と会えないんだと闇の中から声がしました。

闇にのまれそうになったとき、傍らにいた少女から光を見出すのです。

 

目を覚まし隊員たちの声に傾けていると、自分が鎖で縛られていると気付くダン。

そこへキルハルト副隊長が様子を見に部屋に入ってきました。

ダンは厳重に縛られた鎖をいとも簡単に解いたようです。

<アリアの決意>

その頃アリアは、ジュディスとジェロンと共に屋敷にいました。

2人に昨日何をしていたのか問われるも、答えることはできません。

泥まみれで帰ってきたアリアを心配する2人に対して、しばらく離れたいと伝えます。

 

魔族の言葉を喋る男をみて、自分の知らないところでなにかが起きているとアリアは思いました。

2人を巻き込みたくないと思いながらも、2人は納得してくれません。

なにかあるなら自分たちにも話して欲しい、と。

そこへ、執事が慌てた様子でアリアの元へやってきました。

<ジェフリーの再訪と先約>

外へ出てみると、十数人の騎士を引き連れ目立っているジェフリーが立っています。

その姿にアリアはあっけにとられジェフリーに対して怒りを見せますが、気にするどころか何者かに対して見せつけたいとのこと。

アリアは怒りながらも魔族の復活に関して伝え、ジェフリーは冷静に昨晩の出来事との関係性を問います。

アリアは昨日出会った謎の人物について聞いてみますが、ジェフリーが寄越した者ではないということがわかりました。

 

正午から約束があると言うアリア。

約束の人物は、ダン・モンテです。

目が冷めてからずっと放心状態のダンは、アリアと会って何を話すのでしょうか?

黒い月の隊員たちも隠れてその様子を見守ります。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ13話感想

暴走状態になっているときのダンは、闇にのまれそうになっていたのですね。

師匠が消えてしまったという現実を受け入れられない中、さらに魔族の言葉に振り回されてしまいあの状態になってしまったのでしょう。

そこに現れたアリアの顔をしっかりと覚えているようなので、次に再会するときはどんな反応をするのか気になります。

 

なにかよくないことが起きていると感じたアリアは、ジュディスたちを傷つけないためにも離れる決意をしましたね。

2人は納得しない様子でしたが、ジェフリーが連れて行くとなったら諦めがつくのかもしれません。

ジェフリーはわざわざ派手に登場しましたが、一体誰に向かって、なんのために見せつけたいと思ったのですかね。

アリアに対し本気で恋愛感情を抱いているから、周りの誰かにとられないように牽制したのかなと予想しました。

 

そしてアリアとダンは次回、ついに対面を果たすようです。

黒い月の隊員たちもドキドキですね。

アリアは自分がシャーロットであると真実を語るのか、それとも真実は隠し通すのか?!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ13話最新話と感想!目を覚ましたダンまとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ13話最新話と感想を紹介しました!

魔族の復活を感じたアリアは、自分の身の周りで起きていることを調べることに決めました。

そして意識の戻ったダンに次回なにを語るのかでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!