シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ23話最新話と感想!ゲートの先とは?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

アリアとカルシリオンは対面しましたが、シャーロットであることは気付かれていない様子。

そしてゲートが開かれ、皆でマーベルに向かう予定でしたが・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる23話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ23話最新話と感想!ゲートの先とは?

<カルシリオンの功績>

アリアと出会ったカルシリオンは、彼女がシャーロット本人に似すぎていると感じていました。

しかし、シャーロット本人ではないと断言しています。

 

マーベルへのゲートを開くための魔法陣ができあがり、魔術師たちが集まっていました。

クラウスからきた魔術師たちは、マーベルの魔術師に対して強い憧れをもっていることがわかります。

それほどマーベルという国は魔術師たちの聖地なのでしょう。

 

使節団の団長は、ここまでマーベルを安定した国に作り上げたのはマーベル皇帝だとアリアに語りました。

それほど聡明な皇帝だからこそ、6年前に起こした事件と今回の騒ぎはマーベル皇帝らしくない、と言います。

のんきそうなカルシリオンを片目に、側から離れないようにとアリアに言い、マーベルを警戒する団長なのでした。

<子供のような皇帝>

まだシャーロットが居た当時、カルシリオンはなにかと仮病を使っては師匠を呼び出し、シャーロットを困らせていました。

見た目は初老なのに、中身はまるで子供。

 

立派な皇帝になったとはいえ、まだ不安や迷いもあるのでしょう。

その気持ちを理解しているシャーロットは、彼を優しく諭すのでした。

 

ふと近くにいるカルシリオンを見たアリアは、今もなお子供のように振る舞う彼を見て少し不安になります。

ただ、シャーロットだと気付いていない様子を感じてほっとするのでした。

ひとまず見守ることにしたアリアの耳に、ゲートが開いたという知らせが入ってきます。

<飛ばされた場所>

ゲートを開いたのは髪が短く耳飾りをした、アリアが初めて見る魔術師でした。

1人でゲートを制御するのは難しいことなので、魔術師としてかなりレベルが高い人物なのでしょう。

 

ふとアリアのほうを振り返り、笑みを浮かべたカルシリオン。

なにか言おうとしたアリアでしたが、開かれたゲートにより一瞬で飛ばされてしまいました。

 

そこは、岩山に囲まれたなにもない場所。

使節団の団長は首都ではないところに飛ばされたことを不審に思い、皇太子へと剣をむける事態となりました。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ23話感想

前話でアリアと対面したカルシリオンでしたが、シャーロットとアリアは別人だと思いこんでいるようです。

アリアのマナはシャーロットに比べると弱いため、気付かれなかったのかなと思いました。

 

マーベルは大魔術師シャーロットのおかげで有名になったものの、そのあと立派な国として築いていったのはカルシリオンだったのですね。

少年時代、第一皇子や他の魔術師たちにバカにされていたのが嘘のようです。

本人の努力を一番近くで見ていたシャーロットだからこそ、子供のように無邪気なカルシリオンでも信じることができるのかもしれません。

 

とはいえ、使節団の団長はカルシリオンのことを疑っていました。

6年前の事件とは、シャーロットがいなくなったことで動揺したカルシリオンが、クラウスで戦争のような騒ぎを起こしたことを言っているのでしょう。

そのシャーロットに似た少女に執着しているカルシリオンを見て、また同じようなことが起きるのかもしれないと考えたのですかね。

 

もしもアリアの身になにか起きたら、クラウス国民が傷ついたことになるため戦争になりかねません。

それを恐れて団長はアリアを守ろうとしていましたが、予想外のところに飛ばされてしまいました。

マーベル側の考えによっては、争いが起きてしまいそうな展開です!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ23話最新話と感想!ゲートの先とは?まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ23話最新話と感想を紹介しました!

マーベル側の意向なのか、ゲートの先は首都ではない予想外の場所でした。

団長は皇太子に剣を向けてしまいましたが、次回戦いの展開になってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!