シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ24話最新話と感想!強敵現れる

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」24話のネタバレと感想をまとめてみました!

マーベルの思惑なのか、予想外のところへ飛ばされてしまったアリアと使節団たち。

魔術師同士の戦闘が始まってしまうかと思いきや、さらに強敵が現れて・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる24話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ24話最新話と感想!強敵現れる

<マーベルへの不信感>

マーベルの首都とは思えないような場所に飛ばされ、使節団の団長はマーベルの皇太子に剣を向けることに。

突然団長は、マーベルから来たゲートを開いた魔術師に吹き飛ばされてしまいました。

その行動でさらに不信感が募り、今にもクラウスとマーベルの魔術師同士で争いが始まりそうです。

 

マーベルの魔術師は、魔法陣に問題があったかどうかをクラウス側の魔術師に問いました。

その答えは、行き先は間違いなく首都を目指していたということ。

そのため原因はわからないというマーベル側の意見を団長たちは信じることができず、さらに憤りを見せます。

<戦闘準備、開始!>

それぞれの言い分を聞いていたアリアは思わず口を挟み、責任を問うのは後にして今どうするかを考えるべきだと皆に言いました

その言葉に落ち着きを取り戻した団長でしたが、そのとき、突如地面が激しく揺れ始めます。

 

何者かの気配を感じて戦闘準備を始める団員たち。

アリアは身を守ることを勧めますが、団長は戦う気満々になっています。

この状況を仕組んだであろうカルシリオンを睨みつけるアリアでしたが、カルシリオンは手を振り微笑み返してくるだけでした。

<巨大な龍>

大きな音と共に、地面の下から巨大な龍が現れます。

そのあまりの大きさに団員たちはあっけにとられますが、団長は勇敢に挑み、龍を真っ二つに切り裂くのでした。

龍を倒したと思い団員たちは喜びますが、なんと龍は再生し、さらに分裂して数が増えてしまうことに。

 

冷静に龍の特徴や倒し方を団長に伝えるマーベルの魔術師は、自分では戦わない様子。

どうやらゲートを開くことにマナを使い切ってしまったようです。

<ここはカルベロン山脈>

危険な状況にも関わらず、戦う様子を見せないマーベルの魔術師や皇太子たちへさらに不満が募る団長。

自分たちだけ逃げるのでは、とまで疑っています。

 

しかしそれはないと断言し、その理由はこの場所にあると。

団長もここがカルベロン山脈という場所であることに気が付きました。

カルベロン山脈とは、大昔に大魔術師シャーロットと災いの戦闘があった場で、今でもマナが不安定で危険な場所と言われています。

 

かつて、ここは魔術師が訓練をするような場所だったため、試練の道と呼ばれていました。

そんな危険な場所に現れた龍が、さらに暴れだします!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ24話感想

皇太子に剣を向けてしまったことで、魔術師同士の戦闘が始まるのでは!?とヒヤヒヤした回でした。

魔法陣に仕掛けをした様子はなく、マーベルの魔術師は原因不明だと言っていましたが、本当でしょうか?

カルシリオンの余裕な表情を見ると、なにかを知ってるなと思ってしまいますよね。

 

地面の下から現れた龍ですが、分裂を繰り返して数を増やすなんて不死身ではないのかと。

分裂できなくなるほどの攻撃をすれば倒せるとマーベルの魔術師は言っていたので、彼もかつて倒したことのある龍なのかもしれません。

数の増えた龍を使節団だけで全て倒すことは可能なのでしょうか。

 

マナが回復するまで戦えないと言っていましたが、どこまで本当なのかすら信じることができなくて団長はイライラしているのかなと。

どんなに龍が増えて危険な状況になっても、なんだかんだと理由をつけてマーベルの魔術師たちは戦闘に加わらなさそうですね。

 

ただ、この飛ばされた場所がカルベロン山脈という場所であることが分かりました。

大魔術師シャーロットと災いがかつて戦ったところということなので、アリアとカルシリオンも馴染み深いところでしょう。

そんな場所に来たアリアはどんな反応を見せるのか、カルシリオンはアリアを試そうとしているのかもしれませんね!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ24話最新話と感想!強敵現れるまとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ24話最新話と感想を紹介しました!

飛ばされてきたのはカルベロン山脈といった、マナが不安定になる危険な場所でした。

分裂を繰り返す龍相手に、使節団やアリアはどうやって戦うのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!