悪女の定義

悪女の定義ネタバレ65話最新話と感想!ラハディーンが始まる!

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」65話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇后の提案を拒絶した皇太子。

しかし皇后の権力は皇太子よりも大きいようです。

悪女の定義65話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ65話最新話と感想!ラハディーンが始まる!

皇后と皇太子

シャルティアナに西穀倉を任せると言う皇后に、皇太子はきっぱりと反対します。

母親の言葉とはいえ全てに従うことは出来ないと返す皇太子は、今の西穀倉の経営が干ばつの影響でどれだけ大変か説明します。

 

しかし皇后は均衡が崩れていると言い、聞く耳を持ちません。

根拠がないと返した皇太子は、聞かなかったことにすると言い捨てて部屋を出ました。

皇后が怒る声が後ろから追いかけてきます。

久しぶりの再会

エトゥスに謁見と怒涛の日々を終えた芙美は、どこか落ち着かない気持ちで日々を過ごしていました。

歩いていると偶然第5皇子と出会います。

 

避暑でのことを話しながら、芙美は気持ちが楽になるのを感じ、改めて第5皇子との居心地の良さを痛感するのでした。

エトゥス前はアイリーンが原因で気まずい思いもしましたが、パーティーへ同行してもらうことで嫌な噂も消え、結果助けてもらったことも思い出します。

 

ニコニコと話す芙美に第5皇子はどう過ごしていたのかと聞かれ、第5皇子は顔を赤らめます。

第5皇子が何か言いかけたところで、召使いがラハディーンの競合についての情報を伝えに来ました。

空気を読んだ第5皇子はその場を去りますが、つい振り返って芙美を見つめます。

内容発表

数日後、皇太子とレジーナ二人の席が設けられ、競合についての内容を伝えられました。

穀倉管理は皇后の重要な業務であり、その結果で資質を評価すると説明を受けた芙美は、前世では経営学部だったとやる気を出します。

 

肝心の穀倉の割り振りは、アイリーンが東、シャルティアが西を担当すると伝えられました。

その発表に部屋がざわめきます。

芙美はざわめかれている理由がわかりませんでしたが、干ばつ地域であることを思い出し、表情が曇りました。

隣のアイリーンが上機嫌な様子なのも納得です。

 

皇太子を睨みつけると、予想外に皇太子がとても落ち込んでいました。

皇太子に仕組まれたことでは無いのかと驚き、西部地域の国民を苦しみから救えるよう最善を尽くすと答えます。

皇太子はよろしく頼むと返し、そのやりとりにアイリーンは驚きの表情を浮かべました。

 

部屋に戻るとばあやが荒れています。

もう決まったことだし、今更変更出来ても陰口を言われるだろうと返す芙美。

不安そうな表情のばあやに微笑み、私を信じてと伝えるのでした。

悪女の定義65話感想

ラハディーンの内容が発表され、芙美は西穀倉の管理を命じられてしまいました!

 

皇后がシャルティアナの敵であることがはっきりしましたね。

皇太子があの場で別の提案ができていれば、ここまで理不尽なことにはならなかったかもしれませんが、仕方ありません。

 

落ち込む皇太子を見た芙美の反応が素直で面白かったです。

皇太子をあんた呼ばわり出来るのは芙美以外いないでしょう!

 

また久々に第5皇子との関わりがありました!

頬を赤らめ見つめる第5皇子は、芙美に気があるように見えました。

 

皇太子との関係が改善された今、立場的にも皇太子と結ばれた方が困難が少ないのは確実です。

しかし困った時に助けてくれて、初めから味方になってくれていた、一緒にいて安らぐ第5皇子と結ばれる未来があったらいいなとも思ってしまいます!

悪女の定義ネタバレ65話最新話と感想!ラハディーンが始まる!まとめ

今回は、「悪女の定義」65話のネタバレと感想を紹介しました!

重要なラハディーンに大きなハンデを付けられてしまった芙美。

既に数々の困難を乗り越えてきた芙美なら、この難題もこなせる気がします!

どう対処していくのか、今後の展開が楽しみです!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!