シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ35話最新話と感想!シャーロットの弟子

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」35話のネタバレと感想をまとめてみました!

カルシリオンとアリアはカルベロン山脈でようやく話しをすることができました。

師匠に対する素直な気持ちを話しだしたカルシリオンは・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる35話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ35話最新話と感想!シャーロットの弟子

見届けた最後

カルシリオンは大魔術師シャーロットの最後を見届けたときの話を始めます。

彼女を見届けた最後の瞬間、手を挙げて穏やかに微笑んでいました。

 

アリアの目をまっすぐに見ながら、師匠はどんな気持ちだったのかと語りかけるカルシリオン。

アリアはカルシリオンの悲しそうな目を見て言葉が出ません。

 

1人寂しくこの世を去ったシャーロットの気持ちを、彼は考え続けていました。

そして、彼女の背負ってきた重荷を共に背負えなかったことが心残りだったのです。

後悔

シャーロットは、災いを倒した16歳から休まず周りの期待に応えてきました。

国にとって大きな存在となる一方で、自分の自由はなかったことでしょう。

弟子ですらその重荷を取り除くことはできません。

 

自分たちが弟子だったことを後悔しているんじゃないか、とカルシリオンは呟きました。

するとアリアは、私がシャーロットの立場だったら後悔はしていないと言い切ります。

カルシリオンを励ますように自分の気持ちを伝えるアリア。

本当の再会

カルシリオンはアリアの言葉に耳を傾け、ひざまずきました。

魔法は神からの贈り物で奇跡を与えるものである、とシャーロット生前のセリフを言います。

彼は、8年間受け入れることができなかったシャーロットの最後をついに受けいれることができました。

 

次は、自分が師匠を守る立場の人間になると。

その言葉を聞いたアリアは思わずカルシリオンの名を、師匠だった頃のように呼んでしまいます。

その呼び声に反応したカルシリオンは、ようやく師匠と対話できたことを満面の笑顔で喜ぶのでした。

6人目の弟子

カルシリオンの部屋にアリアとバーモンがやってくる場面へと変わります。

廊下を歩きながらマーベル皇帝と親しげに話す少女を見た従者たちは、一体何者なのか気になっていました。

2人が話す様子をバーモンは後ろからじっとみつめています。

 

マーベル城の広間に集められたクラウスの使節団たち。

カルベロン山脈での出来事を改めて謝罪し、探していた少女の話を始めた皇帝。

アリア・リッセンはただのクラウス民であると団長は主張しましたが、少女はマーベルと深い関わりがあると言います。

 

それは、アリアが大魔術師シャーロットの6人目の弟子であるということ。

アリアは災いの復活を調べるためにも表立って行動がしたいとカルシリオンに話をしていたのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ35話感想

2人きりになれたことでカルシリオンは師匠への思いを話すことができましたね。

話しをするまではアリアとシャーロットが同一人物であるかどうかは半信半疑だったのかもしれません。

しかしアリアの口から出た言葉の数々が、師匠であると決定づけたのでしょう。

 

カルシリオンは1人目の弟子ということもあり、シャーロットから信頼され色々と託されていたのですね。

それにも関わらずシャーロットの孤独を分かって挙げられなかった自分を、ずっと責めていたのでしょうか。

皇帝という偉い立場になったからこそ、彼もシャーロットの抱えてきた孤独や重荷の辛さを知ったのかなと思いました。

 

アリアは正体がバレてしまったからといって悲観的にはなっていなかったのが印象的です。

それはカルシリオンとシャーロットの関係性に師弟の頃よりも強固な信頼が生まれたからなのかもしれないですね。

 

それにしてもラストで「6人目の弟子」としてアリアを公表したのは驚きでした。

これからはシャーロットの弟子として活躍する姿が想像できて楽しみですが、弟子だからこそのトラブルにも巻き込まれそうです!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ35話最新話と感想!シャーロットの弟子まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ35話最新話と感想を紹介しました。

シャーロットの6人目の弟子として公表されたアリア。

今後、様々な人や国から大注目されること間違いなしでしょう!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!