シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ39話最新話と感想!記憶障害とは?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」39話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユリアンは時間逆行魔法を試したのではないかと考えたカルシリオン。

アリアはユリアンの行方を追った先で、彼女の身に起きたことを知ることとなり・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる39話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ39話最新話と感想!記憶障害とは?

<偽師匠との関係>

ユリアンはそばを離れたことに激怒した男に、頬をぶたれていました。

師匠と呼ばれた男は、自分の力がなければユリアンの記憶は戻らないと脅しのようなことを言います。

 

それにも関わらず男の傷を心配して手当をしようとする心優しいユリアン。

そんなユリアンに対して、自分にだけ従っていればいいと男は高圧的なことを言い捨て、魔浄石を求めて再び歩き始めます。

<失敗した魔法の反動>

その夜同じ店に現れた2人は店主から無理やり魔浄石を奪いました。

ナイフで脅して口封じをする男の姿を、ユリアンは黙って見ています。

 

店主が呆然としていると背後から突然現れたのは、なんとアリアでした。

店主とアリアは共謀して、わざと偽物の魔浄石を2人に持ち帰らせたのです。

 

アリアはユリアンの様子を見て、時間逆行魔法に失敗した反動で記憶障害が残ったのだと理解しました。

そしてパンテウム森は守護者であるユリアンを守ろうとした結果、破壊してしまった可能性があると。

ユリアンがなぜあんな男に従っているのか、名をリエルと名乗っているのか、アリアは直接確かめなければいけないと強く思います。

<ユリアンの過去>

ユリアンは夢を見ています。

それは過去、シャーロットと出会う前の記憶。

彼女は傷だらけで足かせをつけられ、牢屋に閉じ込められていました。

 

必死の思いで逃げ出した先は、高い塔の行き止まりで飛び降りるしかありません。

戸惑うユリアンの耳に、手を差し伸べるシャーロットの声が聞こえてきました。

 

夢から目覚めたユリアンはふと、師匠と呟きます。

するとなにやら、どこからか気配を感じました。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ39話感想

どうやらユリアンは共にいる男のことを本当の師匠と思っているようですね。

男自身はあまり強くない魔術師のようなので、もしかしたらユリアンを利用しているのではないでしょうか。

彼女を従わせて支配させたいようですが、男に恋心のようなものもありそうなので2人の関係性が気になります。

 

そしてアリアは順調にユリアンに接近し、記憶障害という問題に気付けたようです。

再会したときに名前を呼んでも反応が無かったのは、本当に人違いだと思ったからなのですね。

 

今回少しだけユリアンの過去も出てきましたが、牢屋に閉じ込められていたという悲しい過去があったようです。

エルフという人種が珍しいので、迫害を受けていたのかなと考えました。

そこから助け出したシャーロットが、彼女の師匠になったのでしょう。

 

ユリアンはシャーロットに出会う以前の記憶は残っているようなので、記憶があやふやな状態なのかもしれません。

髪の色や眼帯がシャーロットと似ている男を、師匠だと思いこんでいるのでは。

男から暴力を受けたり街で盗みを働いたりしないためにも、早くユリアンの記憶を取り戻して欲しいです!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ39話最新話と感想!記憶障害とは?まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ39話最新話と感想を紹介しました。

ユリアンに記憶障害があると判断したアリアは、直接確かめようとします。

彼女はアリアと話すことで記憶を取り戻すことになるのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!