シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ49話最新話と感想!事件の黒幕とは?

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

ユリアンの記憶が戻り喜ぶのもつかの間、魔獣が現れます。

アリアに襲いかかってきた魔獣を止めたのは、意外な人物でした。

シャーロットには5人の弟子がいる49話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ49話最新話と感想!事件の黒幕とは?

<エヴァン登場>

ダンが言った、人間が魔獣に変わったという話を聞いたアリアは気配を探ります。

アベンダで現れた魔獣と同種だとわかりますが、エヴァンではないことは確か。

アリアが考え込んでいると、ユリアンとダンは言い合いをしながらも魔獣を倒す方法を模索します。

 

魔獣自身はエヴァンではないとはいえ、この一連の事件に関係しているはずのエヴァンがこの場にいるだろうと考えるアリア。

すると暴れだした魔獣がアリアに向かってきますが、すんでのところで何者かに助けられました。

アリアを助けようと魔獣の腕を切り落としたのは、エヴァンです。

<魔獣から人へ>

ユリアンとダンはアリアを守るように囲み、エヴァンが現れたことに驚きを隠せない様子。

暴れていた魔獣は人間の姿へと戻り、親しげに話しかけながらエヴァンの隣に立ちました。

 

アベンダでの出来事はエヴァンの仕業だったと理解したダン。

ダンはいくつも質問しますが彼は答えず、隣にいる謎の人物がシャーロットの弟子が揃っていると不気味に笑いながら話しかけてきます。

最後まで話し終える前にユリアンはその男の頭に弓矢を放ちますが、一切傷を負っていません。

 

それでもなお軽口を叩き、話を続けようとする男。

エヴァンに消えろと言われた男はその場から去ろうとしますが、ダンが捕まえます。

<独占欲>

一方アリアは、記憶のないユリアンや罪のない人々が利用されていたことを知っていたのか、とエヴァンを問い詰めていました。

その問いには答えず、シャーロットの探しものはこの下にあるとだけ答えます。

そんな姿を見て、まだ間に合うから戻っておいでと優しく手を差し伸べるアリア。

 

その手を取ったかと思うと強くアリアを抱きしめ、この手を自分だけのものにしたいと呟きくエヴァン。

その行動に危険を感じたユリアンが攻撃するとエヴァンは魔法で防ぎ、そのままアリアと2人だけの世界に。

そしてこれらの事件を企てたのが自分だったら憎むのか、とアリアに問うのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ49話感想

てっきりエヴァンがあの魔獣に変わってしまったのかと思いきや、別の人物でしたね。

とはいえすぐこの場にエヴァンがいるとアリアが気付いたのは、やはり師匠と弟子の絆からなのでしょうか。

 

ダンは兄弟弟子としてというよりも、黒い月の隊長として犯人を捕まえるためにエヴァンと接しているように見えました。

ただ、アベンダから今までの出来事に彼が関係していたことを、残念に感じているようですね。

シャーロットがいなくなったことでダン自身も傷ついていたとはいえ、エヴァンのやってきたことは許されるものではないのでしょう。

 

そして魔獣に変身していた人物ですが、弓矢を打たれても傷つかないあたりもはや人間ではないのかな?と思いました。

ダンが捕まえたときに見せた鋭い目つきからして、おとなしく事情を話す相手ではなさそうです。

 

エヴァンの罪を知りながらもまだ受け入れようとするアリアに、エヴァンは独占欲のようなものを見せていました。

彼が変わってしまったと以前アリアが言っていたように、全く別人になってしまった可能性があります。

弟子としての態度ではなくまるで恋人のような態度をとるエヴァンは、アリアの差し伸べた手を素直に取る時はくるのでしょうか。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ49話最新話と感想!事件の黒幕とは?まとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ49話最新話と感想を紹介しました。

魔獣となった人物と共に現れたのはエヴァンでした。

アリアを独り占めしようとするエヴァンは、次回どんな行動を起こすのでしょう。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!