シャーロットには5人の弟子がいる

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ56話最新話と感想!捕まったエヴァン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「シャーロットには5人の弟子がいる」56話のネタバレと感想をまとめてみた!

無事に封印が成功し、あとはエヴァンを捕まえるのみ。

また逃げるか暴れるかと思いきや、彼は意外な行動をとって・・・?

シャーロットには5人の弟子がいる56話のネタバレと感想を紹介していきます!

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ56話最新話と感想!捕まったエヴァン

<封印、その後>

ついに、災いの気配がする塊を封印することに成功しました。

封印作業をしていたダンも、アリアの元に戻ってきて頬についた傷を心配します。

たくさんいた魔獣たちも急に消えたかと思うと、向こうからは何かを引きずっているユリアンが歩いてきました。

 

師匠、と笑顔で走ってくるユリアン。

その声を聞いたアトルは自分の元にリエルが駆け寄ってきたと涙を浮かべ喜びますが、ユリアンが向かった先はアリア。

意識が朦朧とする中でも、もうリエルは自分のものではないのだと気づき絶望するアトルでした。

<言葉の意味>

ユリアンが引きずっていた人物は、エヴァンと親しげにしていた魔獣から人間に変わった者です。

ユリアンが言うには、囚われていた人たちの安全も確保できたようでした。

アリアの周りにダンとユリアンが集まったところで、ジェフリーもやってきます。

 

アリアが考えることは、自分のことを「エヴァンじゃない」と言っていた彼の言葉。

その言葉の意味が知りたくて、危険だからと止めに入るジェフリーを振り切ってエヴァンへと近づきます。

いまだ災いと同じ赤眼であるエヴァンを見た彼女は、思わず飛び蹴りをかましました。

<手をとるエヴァン>

その光景をみた一同は、なにが起きたのかとぽかんと口を開けます。

もしもエヴァンが災いなのだとしたら私のことを助けないし、こんな驚きの表情なんてしないだろうとエヴァンの胸元を掴みながら言いました。

こんな状況になっていてもアリアはエヴァンを信じているのです。

 

もう逃れられないだろうからおとなしく一緒に来なさいと彼に言い、そっと手を差し伸べました。

皆が固唾を呑んで見守っていると、アリアの手をとるエヴァン。

そして一緒に行く、とアリアのことを真っ直ぐに見つめながら言うのでした。

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ56話感想

誰も大きな傷を負うことなく封印が成功し、ほっと一息つけるお話でしたね。

マーベルからきた高位魔術師はこんなに早く封印できたことを驚いていたので、アリアがいなければ成功できない高度な魔法陣だったのでしょう。

ダンやユリアンも続々とアリアの周りに集まり、師匠の無事を喜んでいました。

 

皆が集まり談笑しているなかで、アトルだけは惨めだなと少し同情してしまいます。

記憶の戻ったユリアンが呼んだ師匠はもちろんアリアのことですが、リエルが自分の元に戻ってきてくれたと思ってしまったのですね。

2人が出会ってからどのように過ごしてきたのか、アトルにどんな過去があるのかどこかで触れてくれたらいいなと思いました。

 

そして封印してもエヴァンはすぐに逃げたりしなかったのは、もう逃げられないと悟ったのでしょうか。

もしくは、そろそろアリアと向き合いたいと思ったのかもしれないですね。

アリア以外の者が無理やり捕まえようとしたら、おそらくまた暴れたことでしょうからアリアが諭しに言ったのは正解でした。

 

彼が災いなのかエヴァンなのかはまだよくわかりませんが、アリアの言葉が届いていることは確かです。

マーベルに行くというアリアの手を取ったからには、マーベルで投獄されるということでしょう。

そこではこれまでにやってきた真実を話すことになるのでしょうか?

シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ56話最新話と感想!捕まったエヴァンまとめ

今回は、「シャーロットには5人の弟子がいる」ネタバレ56話最新話と感想を紹介しました。

ついにエヴァンはアリアの手をとり、一緒にマーベルへ行くことになりました。

こうして久しぶりに集結した師匠と弟子たちの新たな物語が始まります!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!