公爵夫人の50のお茶レシピ

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第96話最新話と感想!アリアナの末路

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「公爵夫人の50のお茶レシピ」第96話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロエを侮辱したアリアナ。

アルフォンスが取った行動とは…?

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第96話のネタバレと感想を紹介します!

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第96話最新話と感想!アリアナの末路

アリアナの末路

アルフォンスに睨み付けられたアリアナは、その場に座り込んでしまいました。

以前、またクロエを冒涜する事があれば全力で対処すると警告していたアルフォンス。

バーネット伯爵家を貴族名簿から抹消すると言い放ちます。

 

何故そんな酷い事をするのかと取り乱すアリアナ。

アルフォンスをこの世で一番愛しているのは自分だと。

あなたはクロエではなく私のものになるはずだったのにと訴えました。

 

たとえ生まれ変わったとしても、決してあなたを愛する事はないと言い放つアルフォンス。

部屋を出て行こうとする彼に、どうか私ときちんと向き合ってと懇願します。

 

アルフォンスは振り向くと、この害虫めと睨み付けました。

今までになくはっきりと拒絶されたアリアナは、力なく座り込むのでした。

アルフォンスの弱点

帰りの馬車の中で、アルフォンスにお礼を伝えるクロエ。

出遅れた事を責められると思っていた彼は、感謝されて驚きます。

 

クロエを侮辱された事で、他人の部屋に上がり込んでしまったアルフォンス。

怒りに任せてクロエを連れて出て来たものの、その間の記憶がありません。

 

自分は誰よりも理性的だと思っていましたが、彼女の事となると感情的になってしまいます。

クロエはこの世で一番大切な存在であり、唯一の弱点でもあるのです。

自分のせいで迷惑をかけてしまった事を謝りました。

 

あなたのせいではないと言うと、謝罪よりも別の言葉が欲しいと言うクロエ。

愛していると言ってと微笑みます。

アルフォンスは驚きながらも、永遠にあなただけを愛していると抱きしめるのでした。

契約の取り消し

実はアリアナのアルフォンスへの想いが強すぎて嫉妬してしまったのだと言うクロエ。

アルフォンスは、何度生まれ変わってもアリアナを愛する事はないと弁解します。

頭では分かっていてもやきもちを焼いてしまうのだと。

 

クロエという妻がありながらも、未だに恋文や贈り物が絶えないアルフォンス。

人気がありすぎるから心配なのだと俯きます。

アルフォンスは戸惑いながらも、キエルが全て処分しているから自分は見た事もないと言いました。

 

契約書にはお互いの私生活に干渉しないように書いてあったと言うクロエに、今後何があっても他の女性に心を奪われる事は絶対にないと。

そしてこれからは契約書自体なかった事にしようと提案します。

無効にするのは夜の営みだけではと戸惑うクロエ。

 

この先もしクロエが他の男と仲良くする姿を見る事になれば、絶対に耐えられません。

アルフォンスは帰宅したら真っ先に契約書を燃やしてしまおうと思い立つのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第96話感想

罪を犯し、クロエを冒涜したアリアナに向かって、バーネット伯爵家を貴族名簿から抹消すると言い放つアルフォンス。

一度は許したものの、二度も冒涜されれば怒って当然です!

アリアナは彼に一目惚れしたようですが、アルフォンスはこれっぽっちも気にしていなかった様子。

 

愛する人から虫けら呼ばわりされたら、自分だったらもう立ち直れません。

虫けら発言が飛び出したらアルフォンスが本気で怒っている証拠ですね。

これに懲りて彼の事をすっぱりと諦めてくれるといいですが。

 

クロエを侮辱され、思わずクロエを連れ出してしまったアルフォンス。

彼女の事となると理性を失ってしまう事に驚いています。

ずっと読んでいる読者としては、アルフォンスが理性的だとは決して思えないのですが。

 

冷静で無表情の彼がこんなにも感情豊かになったのは、全てクロエのおかげです。

唯一の弱点だと言っていますが、愛する人の為に理性を失ってしまうのも人間らしくて素敵だと思います!

 

契約書を燃やしてしまおうと考えるアルフォンス。

最初は形だけの結婚でしたが、愛し合うようになった今は契約書なんて必要ないですよね!

本当の夫婦として寄り添って行って欲しいです。

公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ第96話最新話と感想!アリアナの末路まとめ

今回は漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」96話のネタバレ、感想をご紹介しました。

自分を見て欲しいと言うアリアナをはっきりと拒絶するアルフォンス。

お互いの愛を確認した二人は、契約書を破棄しようと決めるのでした。

⇒公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ一覧

スポンサーリンク

error: Content is protected !!